So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

河原撫子の種    [庭の植物たち]

挿し芽で増やすことに成功した「河原撫子」ですが、実生にも挑戦してみようと思っています。
種を育てると植物は弱るので、いつもなら小まめに切り詰めているのですが、ピンクの「河原撫子」の種ができたので数個を残しています。

871 河原撫子の種.jpg

花が終わった後、切り詰めずにいたら種ができていました。
いつもはどんどん切り戻しで、次の花が咲くようにしているので、種ができてびっくり!
それで、実生に挑戦しようと思いました。

870 河原撫子の種.jpg

だんだん茶色になってきたので、種も完熟(?)し始めたかな?なんて思っています。
でも、ここのところ台風続きで濡れた状態なので、もう少し乾燥してから採取しようと思います。

大型台風だというので、早々と高い場所の鉢を降ろしたり、道側に伸びた枝を切ったりして、台風対策をしたのですが、ほんの少し雨が降ったくらいで肩すかしにあった感じ。

逆に東北地方の方が大変な目にあっているようですね。被害がありませんように!
福島の原発も風雨に耐えられるのか気がかりです。あまり報道されなくなって、今どうなっているのか、分かりにくくになっていますね。凍土壁作戦も失敗のようですし、お手上げ状態のままなのではないでしょうか?

予定では陶芸の素焼きの窯詰めのはずだったのですが、台風で明日に延期になりました。
結局、予定通り行っても大丈夫でしたが、自然相手では仕方がないですね。

予定変更になったので、ちょっと苦戦しているパンフレットの最終作業をしていました。
最後の方になればなるほど、作業が大変になってきて、頭がグルグル高速回転になって疲れるし、脳味噌が酸欠みたいになるし、甘い物を食べたくなるし・・・。でも、今日は外に出ないことにしたので、家の中に何か甘い物はないかとウロウロしたり・・・。
原稿も画像もほぼ入稿できる状態になりました! あとは添付メモと手紙ですね。

明日は予定があるので、今夜中にできるかどうか、微妙です。
息子が昨日体調不良で会社を休んで、そのお陰で画像の圧縮ファイルで苦労していたところを教えて貰って解決できたのですが、息子の夕食作りがあります。今日は普段と変わらない様子で会社に出掛けました。自分一人なら作らないで仕事をしたいところですが、家族がいるということは逆に考えると自分自身の健康管理にもなっているかもしれません。

特定健康診査を受けてきました!    [小心翼翼]

年度末ギリギリになって大慌てて受けることが多い「特定健康診査」
今年は早々と(?)受けてきました。受診券は年度が替わると早々と届くのですが、なくさないように抽斗に仕舞って、ついつい忘れてしまうのです。

867 ヨーガスカーフ.jpg

先輩に頂いたヨーガのアーサナがプリントされたスカーフです。
左側のイラストが「ガルーダ・アーサナ」右側が「ゴムカー・アーサナ」通称「牛の顔のポーズ」です。
なのでガルーダ(神鳥)のイラストと牛のイラストも描かれています。
楽しいステキなスカーフで眺めてばかりで使っていません。

基本健康診査の事前に配られる用紙に、1日に何分くらいどんな運動していますかという質問があります。
私はヨーガと記入しています。

基本健康診査では、身長と体重・腹囲の測定、心電図、検尿、採血、血圧測定、問診があります。
今日の血圧は116-71。まぁ、こんなものですね。
心電図異常なし。尿蛋白、尿唐マイナスで一安心でした。

今回は骨粗鬆症(2年ぶり)と大腸がん、肺がんの検診を追加しました。
どれも簡単に検査でき、400円+400円+600円で受けられました。
全部の結果が分かるのは9月20日以降です。
うっかり去年のように結果を聞きに行くのを忘れないようにしたいと思います。

健康診査を受けるなんて面倒くさいと思っている方が多いかもしれませんが、体調不良になった時に、自分の平熱が何度か、日常の血圧がどのくらい、分かった方が診断をしやすくなります。
特にお仕事をしていない女性の方は受けていない方が多いようですね。自治体によって多少内容は異なりますが、1年に一度くらいは健康チェックをするのも悪くないと思います。

虫と一緒に庭づくりⅩ 幼虫    [庭の植物たち]

幼虫が苦手のという方はパスしてください。
今日は我が家の庭の「幼虫たちの特集」です。
そんなの特集しないで! なんて言わないで[わーい(嬉しい顔)]

861  虫 .jpg

「アマドコロ」の葉で見つけた白い幼虫。
葉を裏返してみたらたくさん居たので取ることにしました。
毎年葉を食べられてしまう「アマドコロ」の犯人はこれですね!

862  虫 .jpg

1週間くらい経っていたでしょうか?
あの白い幼虫が真っ黒になっていました~! 同じ幼虫だと思います。
ゲゲゲという感じ。再び取って処分しました。

863  虫 .jpg

幼虫を発見するきっかけは糞です。
菊の葉に黒い糞が溜まっていました。
糞を見つけて、何かいるぞ! と探して大抵見つけます。
でも擬態しているので、なかなか見つからない時もあります。

864  虫 .jpg

幼虫が、蝶になるのか、蛾になるのか、分かりません。

小さくて細かったので1匹くらいならいいか・・・と大目に見ることにしました。
鉢植えの葉を全部食べてしまうなんてことはしないだろうと思ったのですが・・・。

865  虫 .jpg

なんと1週間ほどで葉を全部食べられてしまいました。
よく見るとなんと丸々と太った大きな幼虫になっていて、しかも2匹居ました。
見逃すなんて大失敗!

866  虫 .jpg

「黄梅」で見つけた幼虫。
色は全然違いますが、上の幼虫に形はよく似ています。同じ種類かもしれません。
この幼虫は食欲旺盛で、放置すると「黄梅」が丸坊主になってしまうので、火ばさみでつぶさないようにはがして、小菊とお茶が植わって居る所に離してみました。無事だったかどうかは不明です。

今年は「モンシロチョウ」を見ていません。
元々たくさんはいなかったのですが1羽くらいは飛んできていました。
お隣にかんきつ類の木が数本植わっているので、そこで蝶たちは育っているようです。

今日もパンフレットの作業。
予定通り画像の作業をしました。送って頂いた画像の圧縮ファイルがうまく開けなくて、タイトルも文字化けしていて作業が止まっています。文字化けのせいで今日中に作業を終わらせることができませんでした。相手方はマックらしいので、それも影響しているのかもしれません。
スチール写真のない物は映像の編集ラインからフレームの書き出しをしています。

明日は「特定健康診査」を受けるので夕食はアルコール抜きにしました。明日は朝食抜きで出掛けます。
いつも、受けなくちゃ! 受けなくちゃ! と思いつつ年度末ギリギリになって大慌てになるので、今年は早めに予約をしました。

虫と一緒に庭づくりⅨ オンブバッタ    [庭の植物たち]

毎年見かける「オンブバッタ」
子供の頃は、大きなお父さんバッタに小さなお母さんバッタが乗っているとばかり思っていましたが、現実はその逆で、大きなお母さんバッタに小さなお父さんバッタが乗っています。

860 オンブバッタ.jpg

雨の中、新聞を取りに出て見つけた「オンブバッタ」です。
「バッタ」は葉を食べるらしいのですが、植物が枯れてしまうほど葉を食べないだろうという希望的観測で、私はそのままにしています。
そのお陰か、毎年「オンブバッタ」に再会しています。1カップルなのか、数カップルなのか、私には分かりませんが、何時も見つけるのは1カップルです。それにしても、今日のお母さんバッタは大きいですね。もしかしたらお腹に卵があるのかもしれません。

昨日は暑さにフーフー言っていたのに、今日は朝から雨でどんよりした一日。
温かい飲み物が飲みたくなって、久しぶりに牛乳を温めて茶葉を入れて吹き溢さないようにミルクティーを作りました。火から離れると失敗するので、ミルクティーの時は傍らに居ることにしています。

昨日、無事に宿題の提出を終えた私は心を入れ替えて[わーい(嬉しい顔)]ずっとぐずぐず伸ばしにしているパンフレットの原稿の最終作業を入りました。なにしろ、紙媒体は素人なので全部の原稿の文字数を電卓片手に計算することから始め、ページ割をしました。
いつものことながら文字数オーバー気味。少し、変更をしましたが、何とかこのページ割のまま36ページにしたいと思っています。
後は友人のデザイナーさんと編集者の方の力を借りて、先に進みたいと思っています。明日は画像選びをして、お二人にデータと私の思いを届けて相談に乗ってもらうつもりでいます。スペシャリストの意見で変更を余儀なくされることもあるかもしれませんが、いつも、私の気持ちを受け止めてくれるので信頼しています。パンフレットを手にした方が元気になるようなものにしたいと思っています。

夏のスカイツリーは見納め    [私の旅物語]

月に一度の割合で出掛けているヨーガの勉強会。
会場は浅草です。
スカイツリーの工事中から定点観測風にスマホのカメラで撮影しています。

859 スカイツリー.jpg

今日のスカイツリーです。
ヨーガの勉強会の会場はリバーサイドスポーツセンター。
下に写っているのは、スポーツセンターのプールです。
夏休みのせいか、いつもよりたくさんの色々な利用者さんが居る感じでした。
青い空がとてもきれいでしたよ。

朝、宿題の原稿をコピーするためにコンビニに出掛けて、一度家に戻ってブッキング。ホチキスで留めてレターパックで郵送することにしました。
最初はコンビニから直接郵便局に行こうと思っていましたが、それより落ち着いて自宅でブッキングして、改めて郵便局に出掛ける方がミスをしないで済むかな・・・と思い直しました。効率も大切ですが、過程も大事です! そういうことも学べるヨーガです。

郵便局にレターパックを持って出掛け、何時到着になるか確認しました。締切日があるので、ここが肝心なのです。レターパックは速達扱いなのですが、大阪までは明日届かず、でも日曜日も配達するので日曜日到着とのこと。締め切りは月曜日なのでギリギリセーフでした! 良かった!

ホッとしたせいか、ここで時計を読み間違えたか、認識違いをしたのか、やけに余裕があるなぁ~と思いつつ、早く着いてもいいかなと浅草へ出かけたら、なんと遅刻でした[ふらふら] 赤羽駅を過ぎたあたりで、なにか変だぞ!と思い遅刻に気付きました。結構、緊張した数日間を過ごしていたようです。

7月の勉強会がお休みだったこともあり二次回へ! 浅草の伝法院通りの先の外飲みのお店が並んでいるところへ出かけました。総勢6人。皆さん、ヨーガの大先輩ばかりなので、雑談もしますがヨーガに関わるお話もいろいろ聞くことができて勉強になります。

「サットサンガ」という言葉があるのですが、サンスクリット語の「サット」は真理、「サンガ」は集まりという意味。まさにヨーガに関してお互いに感じたり考えたりしていることを率直に話せる、聞ける、場所です。今日も、色々な気付きがあり、勉強になりました。感謝!

今年のサフランモドキはとても元気!       [庭の植物たち]

花は咲くけれど葉がヒョロヒョロだった「サフランモドキ」を、春に植え替えをしました。
鉢から出してみると球根と根だらけになっていました。
大きな球根だけを鉢に植えにして1鉢から2鉢に増やしました。

856 サフランモドキ.jpg

まだ、葉はまばらですが元気な「サフランモドキ」です。
花も次々に咲いています。
やはり鉢植えの球根類は2~3年に一度は植え替えをした方が良いようですね。

858 サフランモドキ.jpg

花は咲き終わったかな・・・と思っていると、次の蕾が出てくる感じで、ポツンポツンとですが、ずっと花が咲き続けています。

857 サフランモドキ.jpg

花自体も可愛いですね。
でも、モドキという名はちょっとかわいそう・・・。

今日は原稿の締め切りがギリギリだったので、いつもの朝のヨーガをお休みして朝からパソコンに向かって作業をしました。
最終的には原稿用紙に手書きしなければならないので、何度も校正した後、プリントアウトしてそれを見ながら手書きの作業。原稿用紙に書くなんて久しぶりのこと! 書く段になったら、ボールペンも、水性ペンも、ドローイングのペンも、いまいちな感じで、散々迷って母の使っていたボールペンで書きました。次回もあるので、近々、書きやすいペンを捜そうと思います。

明日は月に一度のヨーガの勉強会で浅草へ出かけます。
夏のスカイツリーも見納めですね。台風が過ぎ去った後、虫の声が聞こえるようになりました。

浴衣を着ないまま夏が終わる    [小心翼翼]

今年は浴衣を一度も着ないまま終わってしまいました。
暑い夏は逆に髪を長くして結ってしまった方が涼しいので、春に髪を切るとそのまま秋まで過ごしています。浴衣を着る時も長い髪の方が便利なのですが、残念、着る機会のないまま終了です。

854  浴衣 .jpg

実家にあった浴衣です。
中央の2枚は祖母の物らしく丈も裄も短くて、私が着ることはできません。
総絞りに藍地に絞りと、昔の浴衣は美しいですね。
両端の2枚は母のもらしく私が着られるサイズです。友人に頼んでぴったりのサイズに縫って貰った浴衣などもあるので、なかなかの浴衣大尽でございます[わーい(嬉しい顔)]

852  半幅帯 .jpg

浴衣を着る時に使う半幅帯。
中央の朱色と柄の帯は、もう3~40年使っている帯です。この朱色を派手だなぁ~と感じるようになったことも浴衣を着なかった理由かもしれません・・・。
右端は祖母の半幅帯ではないかと思います。明治生まれだった祖母は真夏以外は着物で過ごしていました。黄色と緑の帯は化繊という理由で処分されそうだったのをもったいないと頂いてきたもの。
化繊はつるつるして結びにくいと感じています。

853  作り帯 .jpg

実家で見つけた作り帯です。
帯状の部分と結んだ部分の二つに分かれていて、簡単に帯が完成します。
でも、まだ、使ったことがありません。浴衣と帯の柄を考えると、しっくりこないので、いつも眺めるだけで終わっています。

今日は水曜ヨーガの日。
我が家の近くは台風の被害はありませんでしたが、今日出掛けた戸田市では水が溢れたらしい痕跡が残っている所もありました。所沢市や狭山市などで被害が大きく、同じさいたま市でも被害が出ているところもあります。浸水された方々が早く日常の生活に戻れますよう、お祈りします。

ヨーガから戻ってすぐに宿題の原稿書きに取り掛かり、直しの作業が完了したところでプリントアウトして、スーパーに買い物に出掛けました。夕食を済ませた後、プリントアウトした原稿を再チェックしようと思っています。これを繰り返していけばだんだん形が見えてくると思います。なんて言いながら、明日中には何とかしないとダメの状況になっています。[がく~(落胆した顔)]

挿し芽をしたカランコエ    [庭の植物たち]

春に大きくなり過ぎた「カランコエ」を切り戻して、一回り小さくしました。
その時に切った小さな枝を挿し芽にしたのですが、全部が元気につきました。
「カランコエ」は丈夫ですね。

851  カランコエ .jpg

挿し芽をした「カランコエ」です。

今回の台風で、親の方の「カランコエ」が2鉢とも棚から落下していました。
春にあんなに切り詰めたのに成長して、頭でっかちになっていました。
折れたりはしていませんでしたが、芽が上に向いて、更にバランスの悪い形になっていました。もう一度切り詰めた方が良いのかな?と考え中です。

皆さんは「カランコエ」を室内で育てていますか?
私は冬の間だけ室内に入れています。なので、我が家の「カランコエ」は冬~春にかけて咲いています。段ボール箱で包むなどして日照時間を調節して、花の時期を変化させている方もおられると聞きました。皆さんはどうされておられるのでしょうか?

埼玉県内は台風の大きな被害が出たところもあるので、植木鉢の落下くらいで済んでよかったです。
もう一つ、ベランダ側の樋が詰まっているらしく、土砂降りの時に玄関の屋根から直接土砂降りの雨がザーザー流れてびっくり! こういう時に困ってしまうのです。自分でやるには高すぎて怖いし、頼める人はいないし、便利屋さんにでも頼むしかないのかな・・・。

今日も締切の近づいている原稿の直しの作業。設定をミスして、直しがスムーズにいかず手間取っています。
明日は水曜ヨーガの日。
雨が降らないと良いのですが、今夜から天気が崩れるらしいので心配しています。

台風直撃!    [小心翼翼]

埼玉に台風が来ることはあまりないのですが、今回は直撃に近い形です。
朝から雨が降り出し、風が出て、斜めに音を立て強く降り、県内では浸水している所も出ています。
夕方になって、今は雨も風も止んでいますが、再び降るようです。

850  虫バッタ .jpg

先日、「都忘れ」の葉に居た小さなバッタです。
バッタや蝶たちは台風の日はどうしているのでしょう。
雨や風の当たらない場所を見つけて、ひっそりと台風が過ぎていくのを待っているのかしら。

実は1軒置いた隣に細い川が流れていて、普段は水もチョロチョロとしか流れていないのですが、洪水対策と称して工事中なのです。
工事中は水を迂回させなければならないのか、ポンプ用と思われる大型機材が近所に置かれています。朝、土砂降りの雨が排水溝から溢れそうだったので、気が気ではありませんでした。
そのうちに工事関係者らしき人たちが来てなにやらやっていて、モーター音がしていたので水を吸い上げて別ルートで流していたのかもしれません。

皆さんのところは台風の影響はありませんでしたか? 
東北北海道の方はこれから大量の雨が降るとのこと。特に北海道は雨続きなので心配です。被害が出ないことを祈っています。

昨日、ブログのヘッダーをありものからオリジナル画像に変更しようと、息子に聞きながらチャレンジしてみたのですが、画像のサイズが小さ過ぎるらしくうまくいきませんでした。
カッコよくするはずが、カッコ悪くなっておりますが、少し時間をください。締め切りの迫っている宿題があります。そういう時に限って、ヘッダーを変更しようなんて寄り道をしたくなるのが私らしさ? 深く反省しておりますので[もうやだ~(悲しい顔)]

『映画よ、さようなら』を見る    [私の映画観]

由緒正しい映画館が閉鎖されることになった。何から何まで引き受けて身を粉にするように25年も働いていたホルヘは45歳。他の仕事をしたことがないという・・・。
スタンダードサイズでモノクロと知ったら見たくなりました。

849  映画よ、さようなら.jpg

ウルグアイの首都モンテビデオに実際にある 「シネマテーク」 を舞台に撮影されたそうです。
フェデリコ・ベイロー監督は学生時代に 「シネマテーク」 でアルバイトをしたことがあり、自分を育ててくれた 「シネマテーク」 を舞台に映画を作りたいと、長年企画を温めていました。

主人公のホルヘを演じるのはウルグアイの映画評論家のホルヘ・ヘリネック。
その存在感に圧倒され、脚本を大幅に変更して作品を完成させたそうです。

848  映画よ、さようなら.jpg

閉館が本決まりになって、中年で独身のホルヘは思いを寄せていた大学教授を誘うことを決心します。今まで黙々と映画館の仕事をしていたホルヘが床屋に出掛けて髪を切り、長年使っていた大きなカバンを床屋に置いたまま店を出ます。

彼女を誘いに行くのだと分かっても、あまりワクワクしないのがおかしい。どこかでうまくいかないに決まっていると思っている私。でも、違うところでクスと笑った。

大学に下見に出掛け臨時講師と間違われて 「人間は嘘をつく」 と一席ぶつシーン。本物の教授が入室してくるとすまして部屋を出ていく・・・。
彼女の仕事の終わる時間に合わせて再び訪れた大学の階段でステップを踏む。
突然鳴り出す音楽。どこか、映画と現実の区別が付いていないようなホルヘ。

映画館が閉館するというシンプルな話だが、主人公は当たり前かもしれないけれど人間で映画館でない。ホルヘは 「映画館」 に 「さようなら」 は言えても、「映画」 に 「さようなら」 は言えないに決まっている・・・。
そんなことを考えながら電車に乗っていると、急に空が暗くなり激しい雨が降り出した。

前の10件 | -