So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

教会に映写室があった!    [製作日誌]

『旅する映写機』 の上映に 「昔、映写技師をしていました」 とおっしゃってわざわざ出かけてくださった方がおられたことをきっかけに映写技師さんのインタビュー撮影を少しずつしています。
そういう中で、偶然知った教会の映写機! 
想像もしていなかったことなので興味津々で撮影に伺いました。

030 本郷中央教会.jpg

昭和3年に建設された 「本郷中央教会」 です。
礼拝堂が2階。スクリーンや幕、照明用フットライトの跡も残っていました。
映写室は3階にありました。
映写機は戦争中に供出されてなくなってしまっています。
と言っても、当時のことをご存知の方はもうおられないので、古い資料から事実を探し当てるか、その先は想像しかないのが現実です。

明治23年に建設された前の教会は 「中央会堂」 と呼ばれていたそうです。
当時、たくさん人の集まれる場所はなく礼拝堂でいろいろな集まりがあったようです。
今日、伺ったお話では 「日本映画が一番最初に上映された場所でもある」 そうです。
歌舞伎座が一番最初とされていたのを、研究者の方が当時の新聞を調べていて、少し前に同じ作品 (芸者さんが手踊りをしているもの) を 「中央会堂」 で上映した事実を見つけ、一番最初に日本映画を上映した場所となったそうです。

当時は無声映画なのでオルガンの生伴奏付きで上映をしていたそうです。
無声映画といえば弁士に楽隊を思い浮かべると思いますが、映画が誕生して40年ほどは音楽の生伴奏と共に上映されていたそうです。
当時使われていたオルガンも残っていて演奏もしてくださったので撮影してきました。
そして、屋上の倉庫のような場所に小さな映写機 (高密工業製) が残っていて感動の対面をしてきました。

教会でのオルガン演奏付き映画上映は独特の雰囲気があったに違いありません。
布教のために一役買ったのか? 
戦前の日本で、そのような形で映画が観られていたなんて! と心がザワザワする撮影でした。

喜多見と狛江で小さな沖縄映画祭    [上映情報]

沖縄滞在中に情報を得た 「喜多見と狛江で 小さな沖縄映画祭」 の情報です。
喜多見と狛江に KITAMI KOMAE とルビが付いているのは沖縄の方には読みにくい地名だからでしょうか? そういえば、大重監督の住んでおられるのは 「安謝」(あじゃ) です。

029  小さな沖縄映画祭チラシ.jpg

「喜多見と狛江で 小さな沖縄映画祭」 は、2015年1月29日(木)~2月1日(日)まで。
盛り沢山な企画で、上映作品はなんと14作品も!
ライブあり! トークあり! 沖縄舞踊あり! 
上映会場が複数ありますので、お気をつけてお出掛けください。
詳細は公式サイトで ↓ 
http://kitamitokomae-artfes.com/

今日はヨーガの日。10時から12時まで2時間、ゆっくりたっぷりヨーガをしています。今日は今まであまり行ったことのないアーサナにもチャレンジしてみました。
意外な場所が伸びたようで好評だったようです。

そして、今日はお食事会も! 次期の代表・会計・お世話係も決まりました。
サークルが続いていくためには色々な方の協力が欠かせません。
続いていることに感謝!

明日は都内で撮影!
これから準備をして、明日に備えたいと思います!

沖縄から戻りました!    [私の旅物語]

留守中はお隣さんに植木の水やりをお願いしています。感謝!
出発した日は午後から強風が吹いたそうで 「東石楠花」 の鉢が倒れて、菊の鉢にひびが入ったりムスカリの鉢がひっくり返ってしまったそうです。
「東石楠花」 が折れなくて、本当に良かった!

025 安謝.jpg

晴れ女の私は今回も天気に恵まれて飛行機も揺れずにすみました。
目的は大重潤一郎監督のお見舞いと2時間半になった新作の粗篇を見せていただくこと。
退院後、大重監督はバリアフリーの住まいに引っ越しをされていました。

024 桜坂劇場.jpg

せっかくのチャンスなので 「桜坂劇場」 をお尋ねして 『小さな町の小さな映画館』 と 『旅する映写機』 『友よ! 大重潤一郎 魂の旅』 のサンプルDVDをお渡しして上映の検討をお願いしてきました。
デジタル化に伴い作品数が飛躍的に多くなっているので、上映のハードルは上がるばかり・・・。
ダメもとで出かけてみました。

「桜坂劇場」 は3スクリーン。目一杯の上映スケジュールと充実したイベント、そして、販売コーナー、喫茶コーナーもあり、情報発信基地として頑張っている劇場です。

028 市場の本屋さん.jpg

市場にある古本屋さん 「ウララ」 も訪ねてみました。
新聞の記事を読んで興味津々で出かけたのですが、ご覧のように市場の中の小さなお店で、沖縄関連の古本が充実していました。
本好きの方、沖縄好きの方は、どうぞ、訪ねてください!

026 オリオンビール.jpg

1月の沖縄は暖かいのか、寒いのか、着る物に悩んで出かけました。
長袖のTシャツに上着で温度調整をするという感じでした。
沖縄の人の方が厚着だったかな? ダウンの人も。1月は一番寒い時期だそうです。
[ビール]で乾杯より泡盛の方がいいかな・・・という[わーい(嬉しい顔)]感じでした。

留守中に、たくさんの nice! をありがとうございました!
明日はヨーガ。明後日は撮影。気合を入れて!と思っています。

こたつde映画祭 2015    [上映情報]

「丸木美術館」 で 『旅する映写機』 の上映があることは、すでにお知らせしているのですが、チラシのデータが手に入ったので、再び、お知らせします。
「丸木美術館」 は私が応援している美術館です。

020  こたつde映画祭2015.jpg

[イベント] こたつde映画祭 2015
上映作品 : 『旅する映写機』
日時 : 2015年2月7日(土) 14:00~
場所 : 丸木美術館図書室兼休憩室・小高文庫
参加費 : 500円 別途、入館料がかかります。

4月11日まで 「赤松俊子と南洋群島」 という企画展も開催中です。
28歳の赤松俊子 (のちに丸木俊子) さんが、現在のミクロネシア・パラオ諸島やヤップ島を単身旅して描いたスケッチや油絵などを展示しています。
作品数が多いそうですので、時間をたっぷりとって鑑賞後、上映祭に参加して頂けると、とても嬉しく思います。「原爆の図」 もぜひご覧ください。

「丸木美術館」 へは、東武東上線 「東松山駅」「高坂駅」 を経由している 「市内循環バス」 の 「唐子コース」 をご利用ください。
駐車場もあります。
詳しくは 「丸木美術館」 のサイト ↓ をご参照ください。
http://www.aya.or.jp/~marukimsn/

昨日に引き続き、今日も寒い1日になりました。
宿題山積みの私は、やっと、請求書を作り、撮影依頼の手紙を書き、投函しました。
明日から沖縄へ出かけるのでロケ費の精算も!
それぞれの作品ごとに経費管理をしているのですが、このところ、大幅赤字が続いています。
でも、なんとか暮らせているのと健康なので感謝しています。
ということで、しばらくブログの更新はお休みします。訪問もできませんのであしからず<(_ _)>

一人のヨーガとお仲間とのヨーガ     [ヨーガ薀蓄]

大雪で苦労されている地域の皆さんには申し訳ないけれど、今年、初めて雪を見ました。
天気予報では午後から雨になり雪の可能性も・・・というものでしたが、今朝、改札口を出るとチラチラと雪が舞っていました。

023 カランコエ.jpg

画像は、この寒さの中、ゆっくりですが花が開いてきている 「カランコエ」
最初頂いた時はオレンジ色だったように思うのですが黄色の花が咲いています。

ヨーガの日は息子の暮らすマンションに寄って、置いてあるヨーガマットなどを持ち自転車で会場へ行くのですが、このまま雪になったら大変と思って、駅から直接バスで会場へ向かいました。
早く着き過ぎるので、そういう時はコミュニティセンターに置いてある雑誌などを見ながら、皆さんの到着を待っています。

今日はヨーガを始める前にたくさんおしゃべりをして 「今日は口のヨーガをたくさんしましたね」 という話になって 「頭のヨーガもね」 と、笑い合いました。
人の体はとても不思議なものです。一緒にヨーガを行っている時に、たまにパァ~と光るというか、つやつやになられる方がおられます。そういう時は、その輝きがこちらにも伝染してくる感じがするのです。
そんな体験から、できる限り全員が自然体で行えるように、おしゃべりが盛り上がる時はそのまま盛り上がり、すっとヨーガが始まる時は始めています。たくさんヨーガをしたい人もいれば、あまり気が進まないまま来られた方もいらっしゃると思いますが、それは自然のこと。
自分の体が疲れていると思っていたのにのびのびと動くこともありますし、逆に元気だと思っていたのに体が重いということもあります。自らのイメージと実際の自分の体とのギャップ! そういう気づきが大切なのだと思っています。

私にとっては、家で一人で行うヨーガも、たくさんの方々と一緒に行うヨーガも、どちらも宝物だと思っています。

映画好きの方にお薦めの本「映画館のまわし者」    [私の本棚]

新潟県上越市の 「高田世界館」 へ撮影に出掛けた時、ひょんなきっかけから対談することになった荒島晃宏さん。荒島さんの著書 「映画館のまわし者」 は、映画好きの方なら一度は覗いてみたい映写室で起こっていること、行われていること、が書かれています。

021  映画館のまわし者.jpg

「映画館のまわし者」 荒島晃宏著 近代映画社刊 900円+税
映写技師見習いとして映画館で働き始めた頃、あまりの面白さに、「このこと(映写のことや映画館で起こること)を書きませんか?」 と先輩たちに声を掛けたそうですが、誰も書かなかったので自分が書いてしまったそうです。

映画好きの方に読んでいただければという視点で、専門的になり過ぎないように、言葉も専門用語をできるだけ使わないように、平易に読めるよう心がけたそうです。
それでも、私の知らないこともたくさん書かれていて、映画を観ている間に後ろ (映写室) で、こんなことが起こっていのか! と思い、映画を観る楽しさが倍増しました。
デジタル化に伴いフィルム上映は少なくなっていますが、映画が映画になる最後の場所で何が行われているのか、どうぞ、お読みください。
「上映を繰り返すごとにゴミや擦り傷がつき (略) ほんのわずかずつですが劣化していきます。つまり、まったく同じ上映は二度とありません。」 と、さらりと書かれていたりします。
改めて、映画も一期一会なんだなぁ~!と。

昨日は今年初の撮影で、著者の荒島晃宏さんのインタビュー撮影をしました。
今後のデジタル上映は、映画館公開、個人配信、DVD発売、全部一斉になるのでは? そして、その中からそれぞれが選ぶようになるというお話も。でも、映画館はなくならないでしょうとも。
「子どもの頃 (マンガ映画を) 劇場で観た世代は、大人になっても劇場で映画を観る」 など、私自身が日ごろ感じていることと共通する部分もあって、あっという間の撮影でした。
今年になって映画館へ行きましたか?

チョコレートの缶    [小心翼翼]

きれいな缶に入っているチョコレートを頂きました。チョコレートはは大好物なので、少しずつ頂いて空缶が残りました。
子どもの頃なら、姉と私でどちらが缶を貰うか、ひと悶着起こるところです[わーい(嬉しい顔)]

019 缶.jpg

子どもの頃は、リボンを入れたり、千代紙を入れたり、缶を開ける度に嬉しくて笑顔になりました。
時を経て、きれいだからと言って取って置いても結局使わないのなら捨てるしかないと思うようになりました。
いくつかの缶にはミニDVのテープを入れたり、ボタンを入れたり、長方形の缶には未使用の筆記具や筆を入れています。でも、楕円形はなぁ~と思っています。

今日は町会の防災訓練で朝9時に班長さん宅に集合。各家庭の人数確認をして解散になりました。班長さんはその資料を持って理事長さん宅へ。
この防災訓練は町会主催なので町会に入っていない人にはお知らせの回覧板も回りませんし、声も掛かりません。地域の人が顔を会わて知り合いになることも目的の一つ。実家の周りは半分くらいは私の子供のころから変わらない人たちが暮らしています。
災害時に早い救助のできた地域はコミュニティ作りができていたと聞きます。どこの家庭に、どんな人が居て、何処で寝ているかまで分かっていたとか。なかなか難しいとは思うけれど、何かの時に助け合える関係を築いておきたいと思いました。

今年は3ヶ所も初詣!     [小心翼翼]

昨日、突然、ブログにアクセスできなくなったしまい、困った時の息子頼みで息子にSOSメールを送ると、メールボックスが乗っ取りにあったため強制的にパスワードを変更しましたと連絡が来ていたそうです。
私は家族会員なので連絡が本人に行っていたという訳[ふらふら] 慣れた人にとっては些細なことも、不慣れな者にとっては一大事件! 右往左往してしまいました。

018  大宮氷川神社.jpg

話は全く変わって、今年は3ヶ所も初詣に行きました!

実家に戻ってからは、元旦に 「大宮氷川神社」 へ初詣に出かけています。
武蔵国の一宮であることと、参道が長いことで、毎年たくさんの人が初詣に出かける所です。
少し歩くけれど、家から徒歩でお参りに行っています。
今年は曇っていて寒かったので人出が少なく、いつもは歩くのが大変な参道もぶらりぶらり歩くことができました。

016  築地本願寺.jpg

1月10日 「ヨーガ集中講座」 に参加するために 「築地本願寺」 へ行きました。
もちろん、ここでもお参りしました。家族それぞれが元気に新年を迎えられたことを感謝し、ヨーガの講座に参加できることを感謝しました。
後で分かったことですが、サンフランシスコに居る二男はひどい風邪でダウンしたそうです。

「築地本願寺」 に朝着くと後光が差したようでした。
きっと、そのように建てられているのでしょう。

017  浅草寺.jpg

1月16日は、月例のヨーガ勉強会で浅草のリバーサイドスポーツセンターへ。
少し早めに浅草に着いたので、これはお参りをしなくちゃ! と遠回りして 「浅草寺」 へ。
中国の団体さん、修学旅行らしい学生の団体さん、個人旅行らしい外国の人、家族連れ・・・と、たくさんの人で溢れていました。
ここでも感謝を! 父から願い事をする場所ではなく感謝する場所と教えられました。

3ヶ所も初詣をしたのは初めてのこと!
写真は全部携帯で撮ったもの。明るい場所ではほとんど液晶画面が見えないので勘で撮ったので少し斜めなのもお許しください[わーい(嬉しい顔)]

父は熱心に写仏をしていましたし、仏教に関する書籍なども読んでいました。その姿を見ていましたが、信心深いとは言えない私。信仰があるとは言えない人生ですが、だんだん年を取り、自らの死が身近になっていく中、私の信仰心はどう変化していくのかなぁ~と思ったりしています。

金のなる木の花    [庭の植物たち]

「金のなる木」 に花が咲いたのは10年前のこと。
それからずっと咲いています。
特別なことはしていませんが、株が大きくなると咲くのだと思っていました。

013 金のなる木の花.jpg

満開を迎えてから、ず~と咲いている 「金のなる木の花」 です。
花の少ない季節に咲いてくれるので嬉しいです。

014 金のなる木の花.jpg

先日、久しぶりに花を扱っている量販店に行ったら、なんと、 「金のなる木」 が花がたくさん咲いている状態で売られていました。しかも、それほど大きくない株で!
大きな株になったら花が咲くというのは間違いだったのか[ふらふら]
それにしても、ずらりと花の咲いている 「金のなる木」 が並んでいると別の植物のようでした。
来年も咲くのかなぁ~。

朝、ゴミ捨てに出た時は雨は降っていませんでしたが、いつの間にか冷たい雨になっていました。お昼ごろには音を立てて激しく降っていました。
なので、買い物に出かける予定を変更して、有り合わせでカレーを作りました。
この頃はやることが溜まるばかり! 効率が悪くて、なかなか片付かない[もうやだ~(悲しい顔)] 
忘れ物は多いし、探し物も多い! 
これから、どんどん激しくなるのかなぁ~。

夜は雪になる可能性もあるというので、フリージアの鉢など雪の重みで葉が折れてしまいそうなものを移動しました。はたして雪になるでしょうか・・・。皆さんの所は雪が降りましたか?

銀杏と百合根入り茶碗蒸し      [美味倶楽部]

子どもの頃から銀杏が好きで、幼い頃 「子どもはたくさん食べてはダメ!」 と言われた記憶があります。子供心に 「本当なのかなぁ~」 と思っていましたが、本当だそうですね。

009 銀杏ペンチ.jpg

茶碗蒸しに銀杏を入れようと専用のペンチで割っていたら、なんと、根元からポキンと見事に折れてしまいました。
銀杏の入っていない茶碗蒸しなんて茶碗蒸しじゃない! とばかりに、なんとか割る方法は?と考えて、「あっ!」 と気が付きました! 
以前、母が使っていた 「キッチンバサミ」 を捨てられずに置いてありました[手(チョキ)]

008 キッチンバサミ.jpg

さすが、銀杏好きの父なので、キッチンバサミも銀杏に対応していました[わーい(嬉しい顔)]
こういうこともあるので、なかなか物は捨てられませんね。

もう一つ、茶碗蒸しに入れたいのは百合根!
百合根は、いつもこのまま植えたら花が咲くのだよなぁ~とちょっと辛い思いをしながら、でも必ず入れています。

010 茶わん蒸し.jpg

無事に、鶏肉、かまぼこ、銀杏、百合根、シイタケ、三つ葉の入った茶碗蒸しが完成しました。
茶碗蒸しは、その地域や家庭によって入れるものが違うのではないかと想像しています。

卵1個に対してだし汁200ccで作ると2つ分の茶碗蒸しが完成します!
少々の醤油、塩、砂糖で味付けしています。甘いの苦手な人は砂糖なしで、どうぞ!
鶏肉は醤油とみりんで下味を!
蒸し器で10分ほど蒸して完成です。
この頃は電子レンジで作る方法もあるそうですね。
寒い日に、胃が疲れている時に、茶碗蒸しは美味しいですね。

前の10件 | -