So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

サンフランシスコの気候    [私の旅物語]

緯度も同じくらいだから、きっと気候も似たり寄ったりだろうと思っていたのですが、朝晩はカーディガンやスカーフが必要とガイドブックにあったので、綿の長袖カーディガンと大判のスカーフを持参しました。

472 ゴールデン・ゲート・ブリッジ.jpg

到着翌日に訪れた 「ゴールデン・ゲート・ブリッジ」 です。
残念ながら霧で霞んで上部は見えませんでした。サンフランシスコの海は水温が低いので、朝は大抵曇っているそうです。
そして、雨は滅多に降らないとか。そいえば、水のない噴水をたくさん見かけました。

474 霧.jpg

だんだん、霧が晴れてきて、空も海も徐々に青く変化していきました。
島影の部分の海の青に注目してください。
空も少しずつ青が広がってゆきます。
時間のある方は、そういう変化を味わうのも良いかもしれません。

475 アルカトラズ島.jpg

更に右側の海の先に見えるのが有名な 「アルカトラズ島」 です。
毎年100万人以上が訪れるというサンフランシスコの観光スポット。かつての連邦刑務所のあった断崖絶壁の島です。2時間ほどで回るツアーやボートで巡るツアーなど色々なツアーが準備されているそうですが、今回は断念しました。
映画 『アルカトラズからの脱出』 で有名な脱獄事件があったのは1962年のこと。

473 自転車.jpg

湿度が低くて、朝晩は予想よりはるかに肌寒く、パーカーを借りて過ごしました。
7・8月の夏の季節でも長袖を数枚は持って行くのが正解だと思います。

「ゴールデン・ゲート・ブリッジ」 は自転車で端から端まで10分ほどで渡れるそうです。車が多くて市内は渋滞していることが多く自転車専用レーンがあって、自転車を楽しんでいる人がたくさんいました。服装もノースリーブからダウンまで色々でした。

帰国して、湿度たっぷりの猛暑でぐったりしています。エアコン嫌いでも付けないでは過ごせない感じの猛暑の日本です。
明日はヨーガの日。徐々にいつもの生活に戻していこうと思っています。

サンフランシスコから無事に帰国!    [私の旅物語]

出発当日、大変なことがあったのですが、息子家族の暮らすサンフランシスコから無事に帰国しました! サンフランシスコ空港を夕方7時55分に出発して、直行便で羽田国際空港に翌日の深夜10時55分に到着します。

470 サンフランシスコ.jpg

空港近くのショッピングモールから見えた景色!
出発も羽田直行便を利用しました。深夜1時に出発して、前日の夕方6時40分に到着します。
少しすると食事が出てワインを飲んで、映画を見てウトウトして、目が覚めたらまた映画を見て、食事をして到着。一休みして寝るというスケジュールだったので、あまり時差ボケに悩まされることもありませんでした。

翌日から、あちこちへ。
少しずつサンフランシスコの報告をしていきます。

471 アパート.jpg

息子家族の暮らす集合住宅。
専用の駐車場付き(鍵付き)入口も鍵付き。
今、アメリカでも一番家賃が高いと言われているサンフランシスコ市内から近いバークレー。2LDKのの家賃はおおよそ16万円。やっと見つけた安い住まいだそうです。

帰りは最初に小さなチーズとクラッカーが配られたので、これだけだったらどうしようかと思いましたが[わーい(嬉しい顔)]一段落して食事が出ました。ワインを飲んで映画を見て、うつらうつらして、眠りが浅かったけれど、到着は深夜だから…と思って、映画を見て、再び食事。外に出られたのは11時過ぎ。大宮駅までバスを利用して、駅からはタクシー。

体力が落ちたら、一人で海外旅行をすることもできなくなるなぁ~等と思いながらの旅でした。
小さな子のいる生活は子供の時間に合わせた暮らしで、早い夕食、早い入浴、早い就寝でした。朝から “あそぼう攻撃” でした。
慣れない生活リズムと、2階の住人の生活音に悩まされて寝不足気味でしたが、元気に帰国することができて感謝です。一休みしたら、たくさんたまっている仕事を片付けなければ・・・と思っています。

鷺に見送られて・・・    [庭の植物たち]

「鷺草」 の蕾が開いて、今朝、鷺が2羽になりました。
出発準備中に大変なことがありましたが、とにかく、サンフランシスコへ出かけます。
2羽の鷺が見送ってくれます。

468 鷺草.jpg

こういう機会でもなければ、サンフランシスコへ行く機会もないでしょう。
次男のお陰です。
大金をはたいて行ってきます。

469 鷺草.jpg

鷺のように、日付変わって今夜の1時に羽田から、ひゅーんと飛んでいきます。
旅の無事を祈ってください[わーい(嬉しい顔)]
ということで、暫く、ブログの更新をお休みします。

「テッセン」のその後    [庭の植物たち]

見事な花を咲かせる 「テッセン(鉄線)」
鉄の線のような細い茎なのに大きな花を咲かせます。
花のその後を報告します!

463  テッセン.jpg

「テッセン」 の花が咲くのは、我が家では5月の上旬頃。
この色が大好きです。
特に今年は大きな花がたくさん咲きました。

464  テッセン.jpg

花をよく見ると分かるように、オシベの部分が尖っています。
花びらが散ると、そのオシベたちが成長してこのようになります。

465  テッセン.jpg

暫くすると、更に1本1本が伸びて、このようになります。
この時はこの時で別の美しさがあります。
不思議な状態!

466  テッセン.jpg

そして、今頃になるとまた別の姿に!
花からは想像しにくいモシャモシャの状態になります。
風が吹くと散ってしまって、そのうちに姿を消してしまいますが、そこから芽を出すようなことはないようです。

父が気に入って大切にしていたので、枯らしては大変と挿し木を試みたら簡単に増やせることが分かりました。今は代替わりをして2鉢になっています。

「テッセン」 は中国原産と和種があるようですが、それを品種改良したものが 「クレマチス」 で別名 「ドイツテッセン」 というのだと父が言っていました。(あくまでも父の説)
観察して、花びらが大きくてヒラヒラしている印象なのが、父の説によれば 「クレマチス」 だと思います。花弁の数も6枚と8枚で違うという説もあるようですが、我が家にあるのは 「テッセン」 だと思っています。花弁の付け根の部分に隙間がありますね。どこか清楚な感じがして派手さはありません。

いよいよ出発が近づいて、今日はお寺さんに維持費を納めに行ってきました。ちょうど、留守中が収める日なので、出かける前に!と、ずっと気になっていました。一緒にお墓参りもできて、ほっとしています。

お預かりしていたアルバムも、資料撮影を終えて返却することができました。昨日切ったアジサイも無事にゴミとして収集されていきました。冷蔵庫の中もすっきりしています。
明日の夜出発なので荷造りなどは明日する計画でいます。
忘れ物をしないように、明日、しっかり準備をして、早めに家を出ようと思っています。

アジサイを切る    [庭の植物たち]

もう、花が終わって切る時期を迎えていた 「アジサイ」 たち。
地植えの 「うずアジサイ」 「スミダノハナビ」 「ピンクの手毬型アジサイ」 「萼アジサイ2種」 「斑入り萼アジサイ」 を切りました。

467  白フリージア.jpg

「白フリージア」 の球根も掘り出しました。
2鉢から出てきた球根たち。球根と根を除くと土の少ないこと!
このままにしたら、花を咲かせなくなってしまいますね。

「混色&黄色フリージア」 と 「白フリージア」 を交互に掘り出しているのですが、毎回、球根の多さにびっくりします。
小さな球根を処分して、大きな球根のみを秋に植えます。

ヨーガから戻って、そのまま、家の中に入ったら気が萎えてしまうと思って、「グースベリー」 や 「ボケ」 「ヤツデ」 など、道に溢れているものを切りました。
小休憩をしてから、「アジサイ」 に挑戦!
そして、「白フリージア」 も掘り出しました。

2階のベランダの鉢の大半は休眠中の球根たちです。留守中もこのままベランダに放置して出かけます。その他の鉢は、明日のうちに1階へ移動しますが、置ききれないので裏の道に並べる予定。留守中の水やりはお隣の方がしてくださいます! 大感謝!
ごみが捨てられるのも明日が最後なので、これから冷蔵庫のチェックと掃除の予定です。
家を留守にするのは本当に大変です[ふらふら]

昨日のブログに大重潤一郎監督のことを書きましたが、本日2015年7月22日(水)に旅立たれました。多くの方々に見守られてのニライカナイへの旅立ちでした。合掌。

『久高オデッセイ 第3部風章』の記事    [上映情報]

7月5日に催された 『久高オデッセイ』 3部作の上映会は、満員御礼で当日券はありませんでした。なので、このブログでも上映情報をご案内しなかったのですが、当日の様子が7月20日の毎日新聞に掲載されたので紹介します。

459  久高オデッセイ風章.jpg

クリックすると読めるようになります。
『久高オデッセイ 第1部』 の編集に入ろうという時に、大重潤一郎監督は脳出血で倒れてしまいました。その頃、次男が沖縄で暮らしていたこともあり、仕事のついでに数日滞在して、入院中の大重監督をお見舞いに行きました。
まだ倒れた直後で、言葉がほとんど出ないことに、ご本人も大変ショックを受けているご様子でした。私は個人的な関心から、失語症の皆さんやST(言語聴覚士)の遠藤尚志先生と交流があったので、「焦らないで! 1週間を1日と考えましょう! 1ヶ月を1週間に、1年を1ヶ月に思うくらい、焦らずに! でも諦めずに頑張りましょう!」 と励ましたことを思い出します。

その後、視床痛の激しい痛みと闘いながら、癌とも戦いながら、撮影を続けていた大重監督。
一緒に久高島へ行ったこともあります。
目指していた 『久高オデッセイ』 の3部作が完成し、完成上映会にはスカイプで参加して、会場の盛り上がりを体感することもできて良かったと思っています。その後、疲れと満足感のためか、ここ数日、ぐっと体調を崩しておられます。

もし、お近くで 『久高オデッセイ』 や大重潤一郎監督作品の上映がありましたら、ぜひ、お出掛けください。
また、大重潤一郎監督が、長い間、自分のテーマとして追いかけてきた琉球弧のことや、祖先のこと、縄文への思いなどを語っているインタビュー作品 『友よ! 大重潤一郎 魂の旅』 という作品もあります。
撮影は私がしたのですが、動かないカメラを評価してくださる方と工夫がないとあきれる方もおられるようです。私自身は、カメラを固定していたわけではなく、大重さんの横を抜ける風も撮りたいなぁ~と思って撮ったのですが・・・。
関心をお持ちの方は、気軽にご連絡ください。DVDがあります。

462 鷺草.jpg

今日の 「鷺草」 です。今にも飛び立ちそう・・・。
出発する前に片付けることのリストを作って、一つ一つ潰していっています。でも、現実はなかなか厳しい状況です。夏になると切れない庭木もあるので出発前に切りたいとか、植え替えをしたいとか・・・。それより仕事が優先なので、8月の金沢行きのホテルや新幹線の手配をしたり、資料撮影をしたりしています。

明日はヨーガの日。自宅では毎日一人ヨーガなので、皆さんと一緒に楽しんでヨーガを行ってきたいと思っています。午後からは庭の手入れができるかな?

鷺草が咲きました! [庭の植物たち]

24日から、次男家族を訪ねてサンフランシスコへ行く計画をしています。
出発までに咲くかなぁ? 留守中に咲き終わってしまうかなぁ? と心配していた 「鷺草」 が咲いてくれました! 嬉しい!

461 鷺草.jpg

ご覧のとおり、鷺が飛んでいるように見える小さな花です。
育てるのが難しく、今年も2本だけ。
しかもヒョロヒョロです。今年は 「水苔」 で育てています。

460 鷺草.jpg

今年の花は 「鷺草」 の中でも 「青葉」 という種類。
羽根のように見える部分がとっても繊細で、ちょっとさわれない感じです。

出発前に、あれこれ片付けなければならないことがたくさんあって、手紙を書いたり、電話をしたりしています。名古屋から預かってきたアルバムの写真撮影も済ませて、お返ししなければならないのに・・・と焦っています[ふらふら]
「アジサイ」 も切ってから出発したいなぁ~等、頭の中は片付けたいことで一杯なのですが、この暑さに気を削がれています。
皆さんも暑さ負けしませんように!

今日で1000記事になりました!    [小心翼翼]

長男の就職活動のためにパソコンを購入したのが1999年。
そして、息子に手伝ってもらいながらホームページを開設したのが2000年。掲示板に毎日書き込みをしてたら、いずれ消えてしまうのからブログにすれば・・・と言われました。

458  初代パソコン.jpg

初代のパソコン! 嬉しくて写真を撮ったのか、お花がきれいだったから写真を撮ったのか、当時の記憶は曖昧です。

ブログオープンが何時だったのか、覚えていませんが、なんと今回の記事で1000記事になりました~! あら、まぁ~、そんなに書いたかしら? というのが正直な感想です。
一人暮らしの私にとっては 「今日も生きていますよ」 という感じで、日々のことを気儘に書いています。お分かりのように、庭の植物のことを書くのが一番多くなっていますが、庭の植物の写真を撮るのも日々の楽しみです。

いつも、気にかけて訪問してくださる方、nice!をしてくださる方、コメントを残してくださる方、ありがとうございます。
ワープロで文書を打つくらいしか経験のなかった私が、いつの間にかブログを毎日のように更新し、仕事では映像の編集するようになりました。便利な機械であるパソコンに振り回される時もあるけれど、大切な相棒にもなっています。

元々のホームページは更新をしないまま放置していますが、何時か、手入れをしてちゃんとした形にしたいと密かに思っています。
その更新しないまま、現実の生活とは少し離れた形になってしまっているホームページこちら ↓
http://www007.upp.so-net.ne.jp/Harunoumi/
ブログと同じ 「春の海 ひねもすのたり のたりかな」 です。
ホームページという言葉もあまり聞かなくなりましたね。
これからも、どうぞ、よろしくお願いいたします。

カラーの花後    [庭の植物たち]

花も、葉も、カーブが美しい 「カラー」 の花。その花後の報告です。
「カラー」 の花に見えるのは 「仏炎苞」 と呼ばれる萼の一種だということを、ご存知の方にも多いと思います。

454 カラー.jpg

「カラー」 の花を真上から撮ってみました。
花の中心でメシベのように見えるのは、花の塊で 「花序」 と呼ばれるもの。
花が咲いたと思っているけれど、本当の花はメシベのように見える部分なのです。

455 カラー.jpg

真っ白だった花は段々緑になって来て、もしてかして、花じゃなかったの?ということに・・・。
その通り、花じゃなかったのです[わーい(嬉しい顔)]
細い筋状の模様も、葉や萼に通じる感じですね。
暫くすると、下から膨らんできて、その重みのためが垂れ下がっていきます。

456 カラー.jpg

中はこのようになっています。
そう! トウモロコシとかパイナップルに似ていますね。
「複合花」 と呼ばれています。メシベのように見えた部分が実になってどんどん大きくなって重くなって、垂れ下がって来るのです。

この時期に、私は全部切っています。
栄養が種にいくと株全体が弱って、来年、元気な花を咲かせてくれなように気がしています。
なので、この時期に茎から切っています。

今日は息子のSOSで片付けの手伝いに行きました。
長男は超ハードな仕事を乗り越えて、小休憩しています。溜まったゴミを出す暇もないような忙しさだったので片付けを手伝って、我が家にゴミを移動。月曜日から順々に私がゴミ出しをしていきます。ゴミを出すこともできない忙しさって! と、この頃の若者たちの働き方の大変さに思いが広がります。
ITだから忙しいのは当たり前という考えでよいのかな?と思います。

457 虹.jpg

片付けが終わって見えた二重の虹。
強行採決など落ち込むことが続いたので、なんだかとても虹が有難く見えました!
スマホで撮影。

今年は元気がなかった桔梗    [庭の植物たち]

元気がないと思ってよーく見たら、葉の裏にたくさん虫が付いていて、手袋をして潰す作戦を試したけれど、あまり効果がなくて、どんどん虫が増えて、蕾も、花も、痛んでしまい、今年の 「桔梗」 は元気のないまま終わってしまいました。

451  桔梗.jpg

何とか撮影できた 「桔梗」 です。

450  桔梗.jpg

「桔梗」 は花殻摘みをすると暫くしてまた蕾ができるのですが、今年はもうそれもダメそうです。
早くも葉と茎が枯れ始めてしまったもののあります。

452  桔梗.jpg

自慢の 「混色の桔梗」 の蕾です。
咲いたところを撮影できないまま、次の蕾は虫のせいで一部が枯れてしまいました。
当然、花の一部も枯れていました。残念!
この他に 「白桔梗」 も自慢なのですが、なんと、写真を撮れずじまい[もうやだ~(悲しい顔)]

今日は都内でインタビュー撮影。
午後から雨も上がって、晴れ女効果?と思いつつ、三脚のケースの中に折り畳みの傘を入れて家を出ました。使わずに戻ってきたので、やっぱり、晴れ女[わーい(嬉しい顔)]
質問をしなくても、話し方はゆっくりでも、次々に話してくださって、いろいろ考えて準備をしてくださっていたのだと思いました。感謝!
帰りの電車の中で、外に向いていた目が内向きに変化しているような感覚を味わいつつ、ぼんやりと町の灯りが走り去るのを眺めていました。

前の10件 | -