So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

「ヴァロットン展」に出かける    [@アート]

「冷たい炎の画家」 というタイトルを思いついた時は、きっと、これいける! と学芸員(?)の方は飛び上がったのではないかと思われるキャッチコピー!
久しぶりに美術館へ行きました。映画は時間を合わせなければならないけれど、美術館は開館時間内であれば自由が利きます。

444  ヴァロットン展.jpg

今日は[雨]の天気予報だったけれど、昼間は[晴れ]が出てきて自転車で用事を済ませることができました。ぐるりと一回り予定をこなして、午後から東京駅へ。
場所が変わると天気も変わっていて湿度100%!
「ヴァロットン展」 を見終わって外に出ると雨が降っていました。

445  ヴァロットン展.jpg

スイスで生まれ、パリを生きた。とリーフにも書かれているヴァロットン。
画家に向かって絵が上手いですね! なんていったら失礼極まりない話なのですが、思わず 「うまいなぁ~」 ということばが漏れてしまいました。
時々、絵を見に出かけて 「この人には何かが見えていたのだろうなぁ~」 と思うことがあります。ヴァロットンもそういう一人。しかも、その見えてしまったことを絵に表すためにいろいろなことを試みた人なのだと思いました。
芸術家的な閃きと職人的な探究心の両方を持っていて、たくさんの表現を用いて己の世界を現そうといろいろな試みをした人なのだろうと感じました。
ほんのひと時、別世界に連れて行ってもらえました[わーい(嬉しい顔)]
三菱一号館美術館にて、9月23日まで。

ここのところ上映の件でいろいろ揉めてしまって、揉めるなんて初めての経験で気持ち的に随分落ち込んでしまいました。考えてみれば、今までとても恵まれていたのかもしれません。

『旅する映写機』の撮影では、本当に映画を見せるために心を砕き、努力し、情熱を注ぎ、しかも、そのこと自体を楽しんでおられる魅力的な方々に出会いました。
その出会いとそれを記録た作品を通して、映画の魅力を伝えたいと思っていたのですが、ここ数日、想像していなかった壁にぶち当たっています・・・。
「なんくるなぃさぁ」 と書かれたTシャツを着て、気持ちの建て直しを図っています。

本庄「cafe NINOKURA」の『旅する映写機』上映情報    [上映情報]

いよいよ近付いていきました! 2014年8月31日(日) 本庄にある 「cafe NINOKURA」 で 『旅する映写機』 の上映があります。
10:00~ 14:00~ 17:00~

二の蔵チラシ.jpg

空襲に合わなかったこの辺りには古い蔵がまだまだ残っているそうです。
そのひとつ、100年の歴史を持つ味噌醤油蔵を改装して 「cafe NINOKURA」 ができて3周年。
その記念上映です。

前回 『小さな町の小さな映画館』 の上映をしてくださった時は、都合がつかず伺うことができなかったので、今回は楽しみに出かけます。
しかも 『旅する映写機』 の撮影の時、いろいろサポートしてくださった映写機マニアの永吉洋介さんが 「cafe NINOKURA」 の映写機設置にも関わっていて、とても縁が深いのです。

1日3回上映。毎回、上映後に永吉さんと私でトークをすることになっています。
あまりしゃべるのが得意でない二人が何をしゃべるの? と思いますが、「川越スカラ座」 の時には大ベテランの映写技師さんが観に来てくださって、会場の皆さんに映写技師免許書を見せてくださるという嬉しい展開もありました。今回もそういうことがあるといいなぁ~と[わーい(嬉しい顔)]思っています。
どうぞ、お出かけください。
100年の蔵、太い梁のある場所で観る 『旅する映写機』 もステキだと思います。

なんとか鷺草の花が咲きました!    [庭の植物たち]

今年、1株だけ生き残っていた 「鷺草」
夏の初めには3株あって、1株は枯れかかっていたので、水のやりすぎか、暑さのためか、と思案して置く場所を変えたり、水遣りを調整したりしていたのですが、結局残ったのは1株だけ[もうやだ~(悲しい顔)]

441 鷺草.jpg

その生き残った 「鷺草」 の花が、雨の中に凛と咲いていました。
鷺が飛んでいるように見えることからこの名が付いたそうで、伝説もあるようです。
2羽の鷺が重なるように飛んでいます。

442 鷺草.jpg

横から撮るとこのようになります。
「オダマキ」 と同じように 「鷺草」 にも、花の後ろに 「距」きょ があります。
「風蘭」 にも長い 「距」 があります。
花の形は興味深いですね。

心配しましたが、なんとか1株生き残って花を咲かせてくれたので、この株を枯らさないように努力したいと思っています。
生前、父も何度か 「鷺草」 を手に入れて育てていましたが、なかなか上手くいかず 「むずかしいなぁ~」 と言っていたので、私には無理かも・・・と思いつつがんばってみようと思っています。

今日はいつものようにヨーガへ。
その後、ビザの関係で戸籍謄本が必要と次男から連絡が入っていたので台東区役所へ寄り道。
せっかく上野まで行くのだから美術館くらい寄ろうか・・・と思いつつ、結局、どこにも寄らずに帰ってきて、「鷺草の花」 にご対面しました。
ちょっと疲れ気味の私には嬉しい出迎えでした!

健康診断を受ける     [小心翼翼]

今日は市の健康診断の予約を入れていました。予約時間は10時。昨日のうちに書類の記入を済ませて、水は飲んだけれど食事抜きで出かけました。
受けたのは、基本健康診査、肝炎ウイルス検診、大腸がん検診、肺がん・結核検診です。骨粗鬆症の検査は昨年受けたのでパスしました。

毎年、健康診断を受けていますが、結構、受けていない人も多いようですね。確か、大宮市では早めに受けた人の中から何人かにプレゼントが当たるというようなキャンペーンをやっていたように記憶しています。

健康診断は受けよう! 受けよう! と思っているうちにどんどん時が経ってしまうので、今年は早めに(?)予約を入れました。
今日の血圧は 110~78 だったので、前回より随分高くなっていました。
体重がちょっと増えて、身長はちょっと小さくなりました[もうやだ~(悲しい顔)]
これって、ある程度の年齢になると普通のことだと[わーい(嬉しい顔)]思います。

439 侘助の額.jpg

今日の画像は、北鎌倉の 「侘助」 に掛かっていた額。

嘘をついて
帰ってきた
かないしい道の
犬ふぐり

「犬ふぐり」 は皆さんよくご存知の春の野原に咲く小さな青い花のことです。
下を向いてとぼとぼと歩いていたら、きっと、きれいな青の可愛い花が風に揺れているのに気がついたのでしょうね。そんな姿が浮かびました。
嘘をついても帰らなければならない場所があったのでしょう・・・。
有名な詩だったら恥ずかしいけれど誰の詩なのか分かりませんが、急に思い出しました。
それにしても、いつも思うのですが 「犬ふぐり」 という名前は可哀想!

ミントの花が咲く    [庭の植物たち]

花の少ない時期と言いながら、ひっそりと咲き続けている 「ミントの花」 のことを紹介し忘れていました。実家の西側に幅2m弱の細い道があって、裏道のような感じになっています。そこでミントの花が咲いています。

427 ミント.jpg

毎年、自然発生的に芽を出して、花を咲かせるミント。
今年は少し少なめです。

438 ミント.jpg

ミントの花は茎から出る葉の上に咲きます。
下から順々に蕾ができて、花が咲いて、枯れて・・・と上に向かっていきます。
なので、結構、長い間、花を咲かせます。
目立たない花なので、うっかりすると見逃してしまいます。

ミントの葉を摘まんで、手のひらでパン!と叩くか、クシャクシャと揉んで、香りをかぐと、ミント独特のすっきりした香りがします。
そういえば、今年はミントティーもしていないなぁ~。
あまりバタバタした日ばかりを送っているのも良くないなぁ~。

深夜に降り始めた雨は午前中まで続きました。カラカラだった我が家の庭には恵みの雨です。
でも、広島では雨に阻まれてなかなか作業が進まないようですね。
地元の社会福祉協議会から 「ウエスやタオルが不足しています。送ってください」 という連絡が入ったとFacebook経由で知ったので雑巾と白タオルを送りました。
今の私にできるのはそのくらいしかないので。
それにしても、祖母のたくさんの雑巾が役に立ちそうで嬉しいです。
「おばあちゃんの雑巾、広島に送るからね」 
手縫いの古着の雑巾ですが、数枚を手元に残して全部送りました。

上映に向けての荷造り    [製作日誌]

今年で20周年を迎える松山の 「シネマルナティック」 と京都造形大学の学生さんが企画してくださった上映会で 『旅する映写機』 の上映が決まったので (学生さんの企画では『小さな町の小さな映画館』も上映) 今日は諸々の発送作業!

426 荷造り.jpg

映画を作るのも大変だけれど、観ていただくのも大変!
チャンスを頂くことは本当に有難いことです。
撮影させてくださった皆さんにも観ていただくことがお礼になると思っているのですが、なかなか、これが難しいのです。

シネマルナティックの上映は 9月27日(土)~10月3日(金)
学生さんたちの企画 「志賀郷タガヤシシネマ」 では
『小さな町の小さな映画館』 の上映が 9月14日(日)~20日(土)
『旅する映写機』 の上映が 10月12日(日)~18日(金)

発送などの事務仕事も一人でしているので、撮影や他の事と重なると大変です。
この頃は年のせいもあると思うのですが、忘れ物、捜し物の多いこと! 多いこと[ふらふら]
そして、整理整頓好きの私は、決まった場所にないと何処を捜してよいのか途方に暮れてしまう、捜し物苦手タイプなのです[もうやだ~(悲しい顔)]
この頃は、発送作業をする時に以前のように一気に行わず、準備を少しずつ進めて最後にもう一度チェックをして送るようにしています。

広島の土砂崩れのニュースを見るたびに、その被害の大きさに心が痛みます。
以前、名古屋の友人が床上浸水の被害にあった時に、泥水を出して雑巾掛けをして・・・と、具体的な様子を聞いて、その大変さには想像できないことが多々ありました。家は無事でも泥水の被害にあった家はたくさんあると思います。
埼玉は雨も降らず、庭はカラカラなのに・・・。

大船撮影所跡地    [私の旅物語]

治療のために大船中央病院に入院中の大重潤一郎監督のお見舞いに!
もしかしたら、大船駅に下りたのは初めてかもしれない・・・。
大船と言ったら浮かぶのは 「大船撮影所」 です。

425 大船撮影所跡.jpg

入院中とは言いながら、病院の周りを散策できるくらいお元気な大重監督。
まずは創業が大正11年という蕎麦屋さんで昼食。
俳優さんや監督さんたちも食べたのではないかと思われる蕎麦屋さんでした。

食後 「見るとね、見ないほうが良かったと思うかもしれないけれどねぇ~」と、大重監督が案内してくださったのが近くの細長い公園。
「大船撮影所」 の周りは昔は畑などがある所だったらしいのですが、その跡地は、「大船中央病院」 「鎌倉女子大学」 そして、大きなショッピングモールになっていました。撮影所の名残があるのはその合間にある細長い公園の一箇所。

424 大船撮影所跡.jpg

タイルでできた寅さんとひばりさんの壁画がひっそり!
その手前は草ぼうぼうになっていたけれど、階段状になっている部分があって、「これはなんだろう?」 という話になりました。
作品が完成して、出演者・スタッフ全員で記念写真を撮るための段ではないか、など等。
「夢をありがとう」 の文字が壁画にはあったけれど、まさに “夢の跡” を思わせる景色でした。
その公園は地元の方々の通り道になっているらしく、通り抜ける人々を眺めながら、風に吹かれつつしばし佇んでいました。
風は確実に秋の気配でした。

ヨーガの勉強会に参加    [ヨーガ薀蓄]

月に1回、浅草に出かけてヨーガの勉強会に参加しています。
最近の会場は 「リバーサイドスポーツセンター」
区立墨田公園の先にある大きなスポーツセンターです。

423 リバーサイドスポーツセンター.jpg

墨田公園の先に空き地があって、そこは、あの中村座が突然建つ場所であり、大型バスの臨時駐車場になる場所で電線もなく、「スカイツリー」 の工事が進行していく様子を定点写真で撮っていた場所です。
今日は 「ヨーガ」 の研修会場(3階)から開放されているプールと青空に聳え立つスカイツリーが見えたので携帯でパチリ!

「ヨーガ」 の勉強会は 「ハタの会」 という名称で、主に関東地区・東京・神奈川・千葉・埼玉などから参加していますが、群馬や福島・新潟からも参加しておられる方がいらっしゃいます。
京都から八田捷也先生がご指導に来てくださってます。
皆さんの熱心さ! 私はその熱心さから学ぶ必要があると思っています。

内容は講義とアーサナ。今日の講義は 「ヨーガ・スートラの概要」。アーサナは反りで、ブジャンガ(コブラ)、シャラバ(バッタ)、ダヌル(弓)のポーズとウディーヤーナ・バンダという呼吸法でした。

「ヨーガを学んでいます」 というと 「身体、柔らかいのですか?」 と聞かれたりします。
ヨーガはすごいポーズをするというイメージを持っている方が多いようですが、ヨーガの目的は 「心の動きを死滅すること」 と講義では言われ続けています。
そう、ヨーガで大切なのは心なんですよなんて、私が言っても何も伝わらない!
なので 「子供のから身体が柔らかい方なんです」 なんて応えています[わーい(嬉しい顔)]

まだまだ、ヨーガの学びの入口にいる私ですが、サークルに参加しない日は可能な限り毎日、呼吸法・瞑想・アーサナを行っています。
そして、月に1回のこの勉強会に休まずに参加したいと思っています。

白と紫の混色の桔梗    [庭の植物たち]

今年は 「白と紫の混色の桔梗」 が元気がありません。
1鉢は植え替えにチャレンジして3鉢にして、1鉢はプレゼントして元気に花を咲かせているのだけれど、1鉢はどうも根が病気になってしまったのか、虫にやられたのか、枯れてしまいました。

421 桔梗.jpg

今日、かんかん照りの中で咲いていた 「混色の桔梗」 です。
色の混じり具合が花それぞれに異なるので、咲くのが楽しみなのですが、今年は花の数が本当に少ないのです[もうやだ~(悲しい顔)]

422 桔梗.jpg

こちらは数日前に咲いた 「混色の桔梗」
植え替えをしなかった鉢も花を咲かせるけれど、いつもよりぐんと花の数が少ない[もうやだ~(悲しい顔)]

そのうえ、「真っ白い桔梗」 は数個咲いたのみで葉が枯れ始めてしまいました。
「白い桔梗」 は父が大切にしていたので心配をしています。

あまりの暑さに、今日は日が傾き始めてから注文してあったポスターを送る時に使う筒を受け取りに行きました。大宮駅の反対側、しかも駅から結構歩く場所なのですが、パッケージセンターが開店して重宝しています。
筒ももちろんのこと、封筒なども、ここでまとめて買っています。

夏の暑い間、少しお休みをしていた 『旅する映写機』 の上映が、再び少しずつ決まり始めました。上映活動も一人で対応しているのでなかなか大変です。
ミスのないように準備を進めて行きたいと思っています。

神戸南京町    [私の旅物語]

ホテルから元町映画館へ向かう途中に 「南京町」 に通じる道があって、ちょっと、寄り道をしてみました。朝早い時間だったけれど、若い女の子が二人交互に写真を撮り合っていました。
家族なら 「シャッターを押しましょうか?」 とお節介を焼くところですが・・・。

418  神戸南京町.jpg

観光客のほとんどが訪れる場所。
横浜の中華街によく似ていると思いました。

419  元町南京町.jpg

細い横道も楽しそう!
でも、私には寄り道の限界があるので覗くだけ!

420  元町南京町.jpg

看板を見ると 「南京町」 は元町商店街に並行するように長く続いていることが分かりました。
中央のグリーンの所が最初の写真の場所。
美味しい中華のお店とか、たくさんあるのでしょうね。
楽しい雑貨やさんも? なんて思いながら 「元町映画館」 へ向かいました。

「元町商店街」 は1丁目から始まって、映画館のあるのは4丁目。
まだ、その先もありますが・・・。
昔は延々と賑わっていたそうですが、最近は少し寂しくなるのが4丁目辺りだそうです。
私が伺ったのが土日のせいもあって、とても賑やかに感じたのですが、昔を知っている人は 「こんなもんじゃなかった!」 とおっしゃるそうです。

土曜日の午前中は雷雨の直撃があったのですが、アーケードになっているので今回のロケでも傘をささずにすみました。
今朝は広島の土砂崩れのニュースにびっくりしました。この頃の雨の降り方は、本当に激しいですね。テレビを付ける度に被害が大きくなっています。これ以上、被害が広がりませんように!

前の10件 | -