So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

今頃になってですがスミレの紹介    [庭の植物たち]

今日は1日強い雨が降ったり止んだりの日でした。
朝一で通院の付き添い。さすがに雨の日は予約制でも受診を辞める人が居るのか、いつもより空いているように感じました。病院って、行くだけで疲れますね。

413  スミレ.jpg

思わず買ってしまった 「明神スミレ」 のことをブログに書いたのは3月のこと。
庭や菊の鉢植えなどでも 「スミレ」 は咲いてくれました。
今頃になってですが 「スミレ」 の紹介を!

412  スミレ.jpg

葉の形で 「スミレ」 と分かるので抜かないようにしているのですが、毎年、「あっ、ここで咲いている!」 と発見することが多い。
葉が細く避けていて 「スミレ」 の葉と思えない 「エイザンスミレ」 は、ここ数年発見できていないので残念ながらなくなってしまったようです。

411  スミレ.jpg

「スミレ」 と言えば紫色の花を思い浮かべますが、このような白ぽい 「スミレ」 も咲きます。

414  スミレ.jpg

筋状の細かい模様のある繊細な花!
ただでさえ小さくてかわいい 「スミレ」 ですが、本当に愛らしい。
風が吹いて、小さな花が揺れている姿はいくら眺めても飽きません。

雨ばかり続くこの時期に枯れた葉や痛んだ葉をそのままにしていると、ナメクジが出てきたり、病気が出たり、根腐れしたりと、植物には厳しい季節です。雨の庭を眺めながら心配しています。

名古屋ロケのスケジュールがハッキリしないので行きの切符だけを手配しました。
諸々のことが決まって、段取りがイメージできないとダメなタイプの私にはちょっと厳しい・・・。
9日から名古屋ロケです。その前に都内ロケが1回。

アジサイの真花    [庭の植物たち]

朝からどんよりした空。今にも雨が降りそうで気温は高めで湿度も高い。
梅雨真っ盛りという感じの1日でした。
洗濯物もあまりの湿度でスッキリ乾きません。

406  アジサイ.jpg

そんな湿度100%の中でアジサイは終わりの季節を迎えています。
「萼アジサイ」 の真花には触れたことがありますが、手毬型のアジサイの真花は? と思われた方もおられるでしょうか?
「白アジサイ」 だとよく分かるので写真で紹介。
花の中心に小さな丸いものがありますが、それが真花です。
「白アジサイ」 では開花すると水色になってよく分かるので紹介しましす。

408  アジサイ.jpg

「萼アジサイ」 は中心の小さな粒々の塊が真花。
満開を迎えると開いてきます。

409  アジサイ.jpg

407  アジサイ.jpg

どうぞ、身近に 「萼アジサイ」 や 「手毬型白アジサイ」 のある方は、観察してみてください。

原因はなんなのか、いまいち元気になれない日々。気分がどんより[もうやだ~(悲しい顔)]
天候のせいなのか、なかなか決まらないロケのスケジュールのせいなのか、どんどんたまる仕事のプレッシャーなのか・・・。
一人プロダクションの一人仕事は、こういう時が難しい。淡々と目の前のしなければならないことを片付けるしかないのかな・・・。

ゆすら梅酒で乾杯!    [美味倶楽部]

早いもので1年の半分が過ぎてしまいました。
和菓子屋に嫁いだ友人に、6月30日には 「水無月(みなづき)」 というお菓子を頂いて、半年の罪や穢れを祓い、残りの半年の無病息災を願うと教えて貰いました。和菓子は四季折々に頂くものが多くて、大切にしたいと思います。

403 ゆすら梅酒.jpg

5月29日に仕込んだ 「ゆすら梅酒」 が、このようになりました。
氷砂糖とホワイトリカーで漬け込んで冷暗所(レンジ台の下)に置いて1ヶ月。

404 ゆすら梅酒.jpg

こんなにきれいなお酒になりました[わーい(嬉しい顔)]

405 ゆすら梅酒.jpg

実も一緒に頂きます。さくらんぼを果実酒にするなんて贅沢なことをしたことはありませんが、ちょっとそんな気分になれます。
香りも味も梅酒に近い!
この美しい赤は自然の恵みの色ですね。

今日は朝から雨でしたが、いつもの 「水曜ヨーガ」 へ。
体調を崩してお休みされていた方が元気になられて復帰! サークルの全員で喜びました。
そして、お隣のアトリエを利用していた陶芸サークルの方が見学を希望されて、お二人見学ということで、とても賑やかになりました。
いつもの定番に加えて、犬のポーズ、猿のポーズ、猫のポーズなどを行い、帰りは駅まで車で送って頂き、とても助かりました。

グースベリーの収穫    [庭の植物たち]

3日前のことですが、「グースベリー」 が色付いてきたので収穫をしました。
最初、緑色の小さな実はだんだん茶色ぽく大きくなり、熟してくると赤茶色になります。
摘まんで、そのまま食べても美味しい!

400  グースベリー.jpg

だんだん色づいてきた 「グースベリー」 です。
赤茶色の3つが収穫時の実!

子供時代を札幌で過ごした母は、「グースベリー」 の実を摘まんで食べて美味しかったことが忘れられず、庭に植えたようです。(母は大正13年生まれ)
棘があるので収穫の時に注意が必要ですが、そのまま食べても本当に美味しい!

401  グースベリー.jpg

収穫第1弾!
枝と実の下に髭のようなものがあるので、その両方を取り除きます。
それが少し面倒なだけで、後はお砂糖をまぶして一晩置いてコトコト煮るとジャムに。
小さな種があるのですが、全く気になりません。

402  グースベリー.jpg

お砂糖が少なかったのか、少し酸味が強いけれど美味!
いつも、砂糖の分量は適当です[わーい(嬉しい顔)]
小さなプリンの瓶2つとジャムの瓶に半分の量のジャムが完成。
深紅のジャムは、ヨーグルトに乗せるととてもきれいです。普段はヨーグルトを食べないのですが、このジャムを楽しむためにヨーグルトを買いました[わーい(嬉しい顔)]

今日は礼状を書くなど、失礼を重ねてしまった方々へ手紙やハガキを書きました。案外時間がかかってしまって、その後、送金などを済ませて買い物から戻ると夕方に・・・。
3日ほど買い物へ行っていなかったので、主に食料の補充です。それにしても、じわじわと物価が上昇していることを実感します。食料品のほとんどを輸入に頼っている日本では、円高がこういう形で影響してくるのですね。
地産地消ができる地方の方が、これからの時代は豊かに暮らせるに違いない! そんな風に思いながら買い物から帰ってきました。

サボテンが一斉に咲く!     [庭の植物たち]

昨日は、「コミュニティシネマおけがわ」 の主催で、桶川にある 「HIBIKI CAFE」 にて 『小さな町の小さな映画館』 の上映がありました。
居心地の良いカフェで少人数の上映会もステキ!

399 カメラバッグ.jpg

夕方からの上映だったので自宅に戻ったのは12時近く。3時間ほどの睡眠で朝の撮影に向かいました。5時ちょっと過ぎではまだバスは運行されていないので、自宅からカメラと三脚とバッグの3つを担いで駅まで歩きました。
7時前に目的の駅に到着してタクシーに。朝の慌ただしい様子を撮影させて頂きました。ただでさえ、大変な朝を撮影OK!にしてくださるなんて凄いなぁ~と、私が言うのも変ですが・・・。
可愛い笑顔も撮れました!

395  サボテン.jpg

昨日の朝、雨戸を開けると 「サボテン」 が咲いていました。
例年より10日ほど遅い開花。
いつもは、もっと、一斉に咲く感じなのですが、今年も見事です。

396  サボテン.jpg

日本の花と全く異なる雰囲気。
この元気な花が1日花なんて信じられない!
でも、夕方にはしんなりして、翌日開くことはありません。

397  サボテン.jpg

いつも思うことですが、花(植物)というのは、本当に見事に規則正しくできています。
中心のメシベ、たくさんのオシベ、内側の花びらの間に外側の花びらが重なる・・・。

今日の撮影は自宅を出発するところまでだったので9時に終了。近くに病院があることが分かっていたので、そこまで移動して最寄駅へ。出勤する人並と一緒に自宅に戻りました。食事をして少し休憩。やならければならないことが溜まっていますが、体力が追いつきません[ふらふら]
夕方、ベランダの植物の手入れ。フリージアや水仙などの葉がすっかり枯れたので取り除きました。「オダマキ」 や 「春蘭」 の痛んだ葉も取り除き、良い気分転換になりました。植物に感謝!

ヤブカンゾウが咲き始めました!    [庭の植物たち]

どんよりした梅雨空を吹き飛ばすような鮮やかなオレンジ色が印象的な 「ヤブカンゾウ」
八重の花が咲く 「ヤブカンゾウ」 と一重の花が咲く 「ノカンゾウ」 
我が家にあるのは 「ヤブカンゾウ」 です。

390  ヤブカンゾウ.jpg

家の角に地植えされています。
ギリギリに植わっているので、花が道にはみ出してしまいます。
なので、柵の内側に入れるようにしたり、柵に止めたりしています。

392  ヤブカンゾウ.jpg

蕾はこのような感じ。
「ヤブカンゾウ」 は1日花です。
ずっと咲いているように見えますが、毎日毎日、花が代替わりしています。
色付いた蕾の横には次の蕾が・・・。

391  ヤブカンゾウ.jpg

満開の花の横には、色付いた蕾と小さな蕾がいくつもできています。
この花が枯れると色づいた蕾が咲いて・・・と、次々に咲いて楽しませてくれます。
花は枯れてしぼむので花殻を摘んでいます。

昨日は71名の集合写真を無事に(?)撮影
20枚ほど撮ったのですが、顔が隠れている人、下や横を向いている人、目を閉じている人、なかなか全員が笑顔の写真は難しい! 写真を撮られるのが嫌いな人もいますからね。

7月はヨーガ勉強会がお休みなので、8月までに人数分プリントしてお配りします。時間があるから・・・なんて気を抜いていると後で忙しい思いをすることになるので、早めに作業をしたいと思っています。
この頃は集合写真に対応しているプリント機があって、文字を入れてプリントできます。枚数が多いので、時間がかかりますが・・・。

やっと名前が分かった青縮緬     [庭の植物たち]

実家の庭を引き継いだものの、名前の分からない植物がたくさんありました。
だんだん分かってきたものの、最近、花を咲かせたことがきっかけで、名前の分かった植物があります。

387  青縮緬.jpg

南天の一種 「錦糸南天」 の中の 「青縮緬」 です。
ちょっと、分かりにくい写真ですが、細い葉が印象的です。
10年も名前が分からないまま手入れをしてきました。

386  青縮緬.jpg

花をよく観察したら、南天の花によく似ていることが分かりました。
咲く時期も同じということで、検索して名前が分かったのです。

388  青縮緬.jpg

糸のような葉を持つ南天を 「錦糸南天」 と呼ぶそうです。
その中に葉の赤いものと緑のものがあって、我が家にあるのは緑の葉を 「青縮緬」 と呼ぶそうです。「今頃、分かったのかい? ご苦労さまでした!」 と父が笑っていそうです。
それにしても、珍しい植物をたくさん育てていたのだなぁ~。

明日は月に一度の浅草のヨーガ勉強会。
今年はお世話係を引き受けたので、名簿の管理等諸々のことがあって、朝から他のお世話係の方とメールや電話でやり取り。
明日は集合写真の撮影も頼まれています。私は写真を専門に勉強したこともないし、大した機材も持っていないので、もっと別に適している方がおられるのではないか・・・と、いつも思うのですが・・・。70人もの集合写真は、全員の顔が隠れないように並んでいただくだけでも大変です[ふらふら]もう少し準備にかかります。

アガパンサスも咲いています!    [庭の植物たち]

あちらこちらで見かけるようになった 「アガパンサス」
根が鉢から溢れるようになってしまい植え替えをして、思い切り小さくしたのですが、今年も花を咲かせてくれました。

383  アガパンサス.jpg

6月6日、ネギ坊主みたいな状態の蕾。
蕾の形からはどんな花が咲くか、予想もつきませんね。

384  アガパンサス.jpg

2日後、蕾がはじけました。
中に小さな蕾がギュウギュウ詰めになっていることが分かります。

385  アガパンサス.jpg

6月20日、満開になった 「アガパンサス」 です。
花の付き方などが 「君子蘭」 によく似ていることから 「紫君子蘭」 と呼ばれることもあるそうですが、「アガパンサス」 はユリ科で、「君子蘭」 は彼岸花科だそうです。
「アガパンサス」 「君子蘭」 「彼岸花」 と3つとも良く似ていますね。

鉢から根が溢れたと書きましたが、太くて強い根は土手などの土が崩れるのを防ぐ力があると、植えられることもあるそうです。植え替えが大変だった訳が分かりました。

今日は、いつもの 「水曜ヨーガ」 の日。
この頃、家族やご本人が体調を崩してしまったりで、参加者が少なくなっていますが、おしゃべり(口のヨーガ?)は賑やかです。
たくさんアーサナをしたいなぁ~と思うこともありますが、いろいろお喋りをして気分がスッキリするのも大切かなとも思っています。
今日は苦手な人が多い 「わにのポーズ」 と 「ラクダのポーズ」 をしました。思わずため息を漏らした方もおられましたが、楽しいヨーガでした。

サフランもどきが咲く    [庭の植物たち]

名前が気の毒に思えて仕方がない 「サフランもどき」 
もちろん 「サフラン」 に似ているので 「擬き」 となったのですが、「サフラン」 自体は黄色というアラビア語の 「zafran」 から変化したとか。

381  サフランもどき.jpg

「サフランもどき」 の花です。
黄色のオシベが印象的。でも、名前の由来になっているのはメシベだそうです。
メシベを乾燥させた物が、薬用や料理にも使われる 「サフラン」 です。
「サフランライス」 は黄色ですね。

382  サフランもどき.jpg

細い葉がまばらしか出ていなくて、こんな状態で花が咲くのか心配でしたが、次々に蕾ができて花が咲きました。
元気な 「サフランもどき」 のある知人に手入れを聞いたところ、毎年、球根を掘り出して大きい物だけを植えているとのこと。今年は手入れを忘れずにしようと思っています。

今日はいつ雷雨になるか分からないと天気予報。それでも洗濯をしてショッピングモールへ。
今日は自転車で出かけてみました。冬物の靴を仕舞おうと手入れをしたら、踵が減っているものが2足あって修理に!

戻ってからは、お隣へはみ出してしまっている庭木の枝切り。
お隣の駐車場に入らせていただきました。日曜日にお断りしてあったのですが、「どうぞ!」 と言ってくださって、反対側から高枝バサミで切ることができました。南隣さんも、西隣さんも、とても良い方なので有難いです。

昨日の撮影チェックはこれから。昨日の撮影で2枚目のSDカードへ。
追加のSDカードをネット注文しました。まだ、新しいカメラに慣れることができません。横長の絵の安定した絵作りにも苦労していますが、とにかく撮りながら慣れてゆくしかありません。
次回の撮影は29日の月曜日。早朝の撮影になります。

「七変化」が咲く    [庭の植物たち]

あちこちで見かけると思いますが 「七変化」 です。
冬の間はまるで枯れたようになっていましたが、春になって葉が出始め生き延びてくれました。
小さな鉢は窮屈そうですが、元気に成長して次々に花を咲かせています。

377  七変化.jpg

その名の通り、一つの株で色々な色の花を咲かせます。
一つの花の中心と外でも、花ごとでも、色が異なります。

376  七変化.jpg

最初の花盛りが終わったところ。
次々に蕾ができて、まだまだ咲いてくれそうです。

378  七変化.jpg

咲ききると小さな花は一つ一つパラパラと散ってしまい、その後に花の跡がある土筆のような状態になります。そして、実になります。
実は、最初は緑色ですが、徐々に青くなって、濃紺(ほとんど黒)になります。ツヤツヤの実で興味深いのですが、ここでもまめに摘んでいます。そうすると、次々に蕾ができるからです。

昨日はもう少し仕事をしようと思って、11時頃に仕事を始めたら集中してしまって、気が付いたら3時になっていました。ちっとも眠くありません。それでも寝た方が良いだろうと思って、ラジオを聞いていました。「4時」 は聞いているので、その後眠りについたようです。7時半頃に自然と目が覚めました。

午前中は雨も降っていなかったので、「山アジサイ」 の類と鉢植えの 「斑入り萼アジサイ」 の終わった花を切りました。花から3節目で切るようにと父に教えられたので、3節目で切って、更に伸び過ぎてバランスが悪い枝は更に切り詰めました。

379 萼アジサイ.jpg

地植えの 「西洋アジサイ」 は、まだまだ元気に咲いています。
「萼アジサイ」 の中心の真花(しんか)は満開。オシベとメシベがはっきりと分かります。

明日は朝から撮影です。18日と同じ場所なので少し気分的には楽ですが、どうなるでしょうか。
撮影は一期一会。運と二人連れです。1日撮影をすると翌日はどっと疲れが出るので、今日は無理をしないで体力を温存しようと思っています。
自主製作のテープ整理をしながら、頭の中を整理しています。
7月から編集開始の予定。7月は忙しくなりそうです。

前の10件 | -