So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

百合の芽がもう出ている!    [庭の植物たち]

庭木の剪定が終わったので、随分庭がスッキリしました。
すると、下草の部分が気になって、落ちた葉や枝もあるので掃除をしながら片づけています。
そして、見つけたのが「百合」の芽。

1311  百合 .jpg

「ヤブカンゾウ」に隠れていた「百合」の芽。
もう、こんなに大きくなっていました。

いつ花が咲くのだろうと調べてみたら、6月に花を撮影しています。
ということは、「百合」は半年以上も前から芽を出して花を咲かせるのですね。
茶碗蒸し用に買った百合根を植えたら咲いた「小鬼百合」はまだ芽を出していません。
今年も芽を出して花を咲かせてくれるでしょうか?

661  百合 .jpg

いつもフェンスの横で咲く「百合」

671  コオニユリ .jpg

思わぬ展開で食べられずに花を咲かせることになった「小鬼百合」
来年も咲いてくれますように!

今日は酔っぱらって計算違いをして多く集金してしまったお金を返金するために「若い失語症者のつどい 埼玉版」へ出かけました。
場所は「さいたま新都心」の箱物行政でバンバン建てられた建物の一つで、吹き抜けて、ガラス張りで、バリアだらけのおしゃれな建物。
毎回、利用する度に腹立たしい思いがします。
それにしても、お酒のせいでわざわざ出かけることになったことを反省しています。
忘年会の季節、皆さまもお気を付けください。

nice!(16)  コメント(2) 

東石楠花に蕾ができていた!    [庭の植物たち]

寒い! 寒い! という言葉が何度も出てしまう寒さが続いています。
冬が本格化するのはこれからなのに、なんと「東石楠花(あずましゃくなげ)」に蕾ができているのに気づきました!

1310  東石楠花 .jpg

「東石楠花」の蕾です。
一番大きい蕾を撮りました。

今年の「東石楠花」は元気がなく、葉も小さくて枚数も少ない。
枯れてしまった枝もあるという状況です。
梅雨時に真夏のような日差しの日があって、梅雨明けをしたら雨ばかりで、秋も雨が多く・・・と、天候不順だったせいだと思うのですが、今年、元気のない植物が多くて気を揉んでいます。

昨日は失語症の若者と楽しい食べ飲み会をしまいました。
そして、幹事役だった私は支払いの時に計算違いをして多く集金してしまったことに、今日になって気付き、慌てて連絡をしました。
次回からは同じ失敗をしないように、支払い担当は他の方にお願いしようと思います。飲んでしまうといい加減な酔っ払いになってしまうので。

今日も編集は遅々として進まず・・・。
前々日の夜、インタビューと立ち話や説明の部分を聞き直して構成を考えていました。
昨日は隙間の時間で考えをまとめて、今日は大幅に構成を変えて、その原稿を入力し、それをもとに編集作業をしました。

私の場合は編集しながらナレーションの原稿を考えています。そして、そのナレーションがぴったり入るようにナレーションバックを編集しています。
なので、構成を変えるとナレーションも変わって、絵の編集もやり直しになります。内容的には方向が見えてきたのですが、編集作業自体は進みませんでした。
今日はこれからもう少し粘るつもり!

nice!(23)  コメント(4) 

枯れた「江戸ススキ」を切る!    [庭の植物たち]

冬枯れした植物の手入れが続いています。
今年、植え替えをしたのが良くなかったのか、あまり成長せず穂も出なかった「江戸゙ススキ」が枯れてきたので切ることにしました。

1307  江戸ススキ .jpg

大きな鉢に「夏萩」と一緒に植えられていた「江戸ススキ」を、重くて鉢を動かくのが難儀になったので分けたのが今年の春のことでした。
「夏萩」は元気になってたくさん花を咲かせたのですが、二鉢に分けた「江戸ススキ」はあまり成長しないまま枯れてしまいました。

1308  江戸ススキ .jpg

少しずつ切ってゆくと、まだ緑の部分がありました。
父からススキはしっかり枯れてから切るように教えて貰ったことを思い出し、もう一つの鉢は切ることを止めました。

1309  江戸ススキ .jpg

こちらが切るのを止めた「江戸ススキ」です。
まだ根元に緑が残っているので、切るのを延期しました。
「矢羽ススキ」もまだ根元に緑の部分が残っているので、ちょっと見栄えは悪いのですが、そのままにしています。

今日はいつもの浅草「ヨーガ勉強会」に参加。
その後、雇止めにあってしまった若い失語症の青年を応援する会と称して、若い失語症の方や失語症を抱えながらも無事に定年を迎えられた方にもお声掛けをして10人でゆっくりと食事をしながら、おしゃべり(忘年会)をしました。
私は呼びかけ人から依頼を受けて、お店の確保・連絡係などをしました。

「失語症」の方は気持ちの優しい方が多く、一人ひとりが自分の人生を丁寧に考えて暮らしておられるので、いつも元気を頂いています。
株価は上がり、障害者雇用は数字的には多くなっていると報じられていますが、19年勤務していた会社を解雇されてしまったことは事実です。
20代の時から彼を知っている私にとっては、毎回、契約更新の時に緊張していたことを知っているので残念でなりません。
「失語症」の方は考える力や判断する力には問題がないのに、言葉が不自由なために電話に出られないとか、自分の良さを伝えられないとか、職場でのコミュニケーションが取りにくいなど、見えない苦労が多々あります。「失語症」の理解者が一人でも増えることを願って止みません。

nice!(19)  コメント(0) 

枯れた「風知草」を切る!    [庭の植物たち]

寒くなりました~! 寒冷地の方に言ったら笑われそうですが暖房を付けていても寒いです~!
光熱費節約!と思って節約をしていましたが、体調を崩したら何にもならないと考えを改めて、今日はアラジンのストーブをずっと付けています。

1305  風知草 .jpg

風に揺れる姿に風情を感じる「風知草」
その名前も気に入っています。
枯れた姿も良いのですが、冬に入って完全に枯れたら切り時です。

1306  風知草 .jpg

切り詰めると、新芽の準備ができていました。
ちょっと紫掛かったとんがり帽子のような芽が分かるでしょうか。
「枯れてしまった~!」と、この時期に諦めて放置してしまうと本当に枯れてしまいます。

今日も編集作業。
編集作業をしていない時にもあれこれ考えが浮かんだり消えたり、四六時中考えている状態になっています。なので、編集を始めると他のことがおろそかになってしまうし、睡眠もうまく取れなくなったりします。
昨夜、あることに気付いて、「そうか~!」と自分でも納得!
昨日、苦労して編集した分をバッサリと削除しました。その時は正しいと思い、最良の選択と思って作業をするのですが、作品の芯を明確にするには切ろうと思いました。
バッサリ捨てて、最後の2カットは生かすことにして位置を前へ移動しました。同じ理由から、以前編集した別のシーケンスで2カットたして、1カット変更して、結局、今日はたくさん作業をしたものの全体は短くなりました。
一瞬だけれど、全体が少し見えたような気がした瞬間があったので、編集は進まなかったけれど良かったことにしよう! 
明日は予定が二つあるので編集作業はできないため、今日はもう少し粘ってみるつもり!

nice!(26)  コメント(4) 

枯れた「みせばや」を切る!    [庭の植物たち]

可愛いピンクの花を咲かせる「みせばや」は葉が赤くなるので、紅葉も楽しめる植物です。
小さいのに何度も楽しませてくれます。

1302  みせばや .jpg

挿し芽で増やした「みせばや」も葉が赤くなりました。
挿し芽をして2年目。
数えるほどでしたが、花も咲かせてくれました。
5センチほどの小さな鉢です。

1303  みせばや .jpg

葉の根元を覗いてみると、もう新しい芽ができていました。
こうなったら切り時です!

1304  みせばや .jpg

古い葉を根元から一つ一つ切ってゆきます。
こういう時には小さなハサミがあると便利です。
父の使っていた小さなハサミを活用しています。
写真では分かりにくいのですが、新しい芽はバラの花のようになっています。

1149  みせばや .jpg

「みせばや」の花と言われても思い浮かばない方もおられると思って、以前、アップした「みせばや」の花を再度ご紹介します。

1147  みせばや .jpg

このように多肉植物のような葉をしています。
あの小さなバラの花のような芽がだんだん伸びて、このような葉になり、そして、花を咲かせて、葉が赤くなって・・・と、たくさん楽しめます。

今日はいつもの「水曜ヨーガ」の日でした。
先週見学に来られた中国の親子さんは見えませんでした。ちょっと残念に思いましたが、全盲の方は元気に参加してくださり、今日はお天気が良いのでとお仲間と一緒に歩いて帰られました。
家では一人でヨーガをしているので、たくさんの方と一緒にヨーガを行うと色々な元気を貰えるような気がします。感謝!
帰り道、「百円ショップ」によって、大掃除用のあれこれを買って帰ってきました。

編集の計画も立て直さないといけませんが、大掃除など年末の家事計画も立てないといけません。ひとまず年賀状は購入しました。


nice!(27)  コメント(5) 

ヤツデの花    [庭の植物たち]

庭木の剪定の時に「ヤツデはどうしますか?」と聞かれ、どんどん大きくなるので「切ってください」と答えるしかないので、そうなると「ヤツデ」の花は切られてしまう・・・。
切られる前に!と撮影しました。

1297  ヤツデ .jpg

毎朝、朝日が当たる「ヤツデ」を眺めて、きれいだなぁ~と思い、何度も撮っています。
ヤツデも、私も、大きくいえば宇宙も生きている~と実感していました。
なにの、大きくなるから「切ってください」と頼むのだから、人間なんて勝手なものですね。

1298  ヤツデ .jpg

大きな葉にチャイムが隠れて、押さずにドアを叩く人が居てビックリすることもあるくらい、成長している「ヤツデ」は花真っ盛りです。
毎日、オシベがたくさん落ちていて掃き掃除をしています。

1299  ヤツデ .jpg

満開の「ヤツデ」の花です。
「散形花序」というそうですが、丸く広がります。
ちょっと見ただけでは蕾なのか、咲いているのか、よく分かりません。

今日も編集作業。
いつも、事前学習をせずに撮影するようにしているのですが、特に縁のない撮影対象だったので、聞きながら、撮影しながら、ビックリしたり感心したりでカメラの揺れていること、揺れていること(笑)
そして、頭の整理が追いつかず、きちんと対象をフォローして撮っていない。
何を撮らなければならないか、編集の時のイメージを持つことができていない・・・。
ということで、編集に苦労すること! 苦労すること!

自分で撮影しているので、自分に文句を言っても仕方がないのですが、つい「ちゃんと撮ればよいのに・・・」とか、「どうして、撮ってないの~!」と、口に出してしまいます。

まだ、今編集中のシーケンスのゴールは見えていないけれど、私が訪れた時のように編集しようと考えて、今回のシーケンスは編集しています。
この “ふらりと訪れたみたいに” に撮るのも、編集するのも、難しいけれど好きな手立てです。

nice!(28)  コメント(4) 

小鳥の巣を発見!    [小心翼翼]

今朝は7時半ごろに「ピンポ~ン」と鳴って、慌てて対応するとシルバー人材センターの剪定担当の方々でした~! さすがに早起きですね[わーい(嬉しい顔)]
1時間くらい経ったところで「小鳥の巣があるんですが、どうしますか?」と聞かれて、びっくり!

1300 小鳥の巣.jpg

北側に植えられている「蝋梅」を切ったら、奥に巣があったのです~!
もちろん、残してもらうことにしました。
その方の話では「巣が小さいのでメジロの巣じゃないかな?」とのこと。

偶然かもしれませんが、広いお庭のお向かいの家に庭師さんがずっと来ていて、そのせいか、我が家の何本もない木々にメジロが遊びに来るのです。
木の上から下に、下から上にと遊んで、暫くするとお隣の庭の方へ飛んでゆくのです。

1301 小鳥の巣.jpg

メジロさんの巣かな?
この頃の巣はビニールの細い紐なども使っているようで、ちょっと白ぽい色をしています。
1本1本運んで巣作りしたと思うと感動してしまいます。
どんなに苦労をして子孫を残そうと努力をしたことでしょう・・・。
もう巣立った後のようですが、また、この巣を使ってくれると良いなぁ~と思っています。

今日も編集作業。
午前中は選定作業があったので家を出たり入ったり。文字入力や資料の読み込みをしていました。
そして、昨日はうまくいったと思ったシーケンスに、一つインタビューを足したくなって、インタビューを足すとその間にワンカット入れなければ・・・と思って、その作業をしました。
そうするとインタビューに絵をインサートしたくなって、絵を捜したり、以前使っていたワンカットを移動したりで、結局1日がかりで直しの作業をして終わってしまいました。
計画より大幅に遅れるのはいつものことですが、もう一度計画そのものを再検討する必要が出てきてしまいました。
締め切りのない自分だけの仕事というのも辛い(笑)

nice!(21)  コメント(8) 

蝋梅の蕾を発見!    [庭の植物たち]

小さな小さな「蝋梅」の蕾を発見しました~!
発見というより気付きました~! ということですが・・・。

1296  蝋梅 .jpg

ちょっと色付いている「蝋梅」の葉に隠れるような蕾。
まだまだ小さいですが、確かに蕾です。

1295  蝋梅 .jpg

葉が落ちた枝の「蝋梅」の蕾です。
奥に写っているのはまだ色づいていない「蝋梅」の緑の葉。

我が家には2本の「蝋梅」があって、1本はお隣との隙間からこの時期は日が射す場所にあります。
早く花が咲く年は12月のうちに咲かせることもあるのですが、ここ数年は1月の中旬くらいに咲いています。さぁ、今年はどうなるでしょうか?

もう1本の「蝋梅」は家の北側に植わっていて、冬の間はあまり日が当たらないせいか、随分遅れて咲きます。蕾はどうなっているのか、明日、観察してみようと思います。
とは言っても、明日はシルバー人材センターの剪定担当の方が来てくださり、庭木の剪定をしてくれることになっています。蕾の付いている「蝋梅」の枝を切られてしまう心配もあるので、ちゃんと立ち会おうと思います。

今日も編集の続き。
上手くいかない、繋がっていないと感じたのは、最初の構成では後ろにあったものをアドバイスを受けて前に持って来ているからかもしれないと、昨夜考えました。
ひとまずシーケンス一つは完成させて、位置は後からでも移動できるから・・・と考え直し、昨日の続きを編集しました。やはり、この位置、この順番が、私には引っ掛かっているのだと感じました。

シーケンスとしては、昨日はどうしたらよいのか先が見えない感じだったけれど、一応着地点が見えてきて繋がった感じ。
ひとまず今日の作業はここまでにして、原稿を入力することにします。6分くらいの編集をするのに3日間もかかってしまいました。
でも、進んだことを喜ぼうと思います。


nice!(26)  コメント(8) 

「ディエゴ・リベラの時代」展へ    [@アート]

昨日は時間が中途半端になってしまったことを理由に、「埼玉県立近代美術館」の開館35周年記念展「ディエゴ・リベラの時代」へ出かけました。
行きたいと思いつつ、気が付けば残り数日となっていたのです。
2017年12月10日まで。

1291 埼玉県立近代美術館.jpg

JR「北浦和駅」から徒歩数分のところに「埼玉県立近代美術館」はあります。
2カ月ほど前に、立て看板を見て「見たい~!」と思ったのです。

1292 ディエゴ・リベラ展.jpg

大きな企画展が開催される時は、この場所に大きな看板が立てられます。

1293 埼玉県立近代美術館.jpg

「埼玉県立近代美術館」は駅から近くて公園もあるので、近所に住んでいる人たちにとっては憩いの場所になっています。
いつも、子供たちの声が聞こえて、犬を散歩させる人やのんびりベンチに座って噴水を眺めている人を見かけます。

1294  ディエゴ・リベラの時代.jpg

「ディエゴ・リベラの時代」は、ディエゴ・リベラの作品は想像より少なくて、メキシコ美術史展という印象でした。ひとつひつと丁寧な解説がついていましたが、途中から疲れてしまって、飛ばしながら読んで作品を見ることに集中しました。

ディエゴ・リベラは才能に恵まれて、21歳の時にヨーロッパに留学。最先端の画風に色々チャレンジし、39歳でメキシコに帰国します。祖国を離れて暮らしたことから、きっと自国の見え方が異なったのでしょう。メキシコ社会の動きに目を向け、公共空間に絵を描く「メキシコ壁画運動」に関わるようになります。

小学校の壁画を描いている時に、その小学校にフリーダ・カーロが通っていたというなんともびっくりする逸話も解説の中にありました。
また、北川民次の作品を色々見られてラッキー!と思いました。

今日は気分転換ができたので編集に取り組んでいます。
今日の編集では少ない素材で伝えようとするので理屈先行のようになってしまって、一呼吸して気分転換をしようとブログの更新をすることにしました。
上手くいかない時はどこかうまくいっていないのか、そこが分からないのです。視点を変えて、もう一度最初から組み立て直そうと思っています。

nice!(27)  コメント(2) 

色づくもみじ    [庭の植物たち]

パソコン画面に向かってひたすら編集作業をして、その後は編集内容を構成案として文字入力していると、紅葉を愛でる暇もありません。
自宅の紅葉で一呼吸! 気分転換をしています。
この寒さで一気に散り始めたので、写真を撮るタイミングはギリギリだったようです。

1287  モミジ .jpg

庭の隅っこに植わっている「もみじ」
葉が黄色くなる木と赤くなる木があります。
でも、自然の色はステキ! 私のこんがらがった頭に涼風を送ってくれます。感謝~!

1288  モミジ .jpg

黄色と言っても、自然の色なのでよく見ると色々な色が混じり合っていることが分かります。
遠くから眺めれば黄色に見えます。

1290  モミジ .jpg

葉が赤くなる「もみじ」は、私が実家に戻った時は小さくて木と呼ぶには首を傾げるくらいの大きさで、何故こんな場所に?と思ったものでした。
10年を経て随分大きくなり、ちょっと邪魔になってきて、どうした良いのか悩んでいるところです。

1289  モミジ .jpg

日が当たるときれいな赤になります。
日が当たっていない時は赤というより茶ぽく見えます。

今日は通院の付き添いで朝から出かけ、いつもより病院も薬局も空いていてサクサクと用事が済んだので「年金相談センター」へ行ってきました。
住所の登録が2ヶ所になっているらしく、ある書類は元の住所(息子が住んでいる)に届き、ある書類は自宅に届くので、この際きちんとしようと思いました。これを解決しておかないと、年金の貰い漏れになってなったら大変ですから~!
「年金相談センター」は空いていて、すぐに手続きをしてくれ、親切に将来貰える年金金額まで調べて教えてくれました。

nice!(25)  コメント(4) 
前の10件 | -