So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

雪餅草が咲きました!    [庭の植物たち]

予定では、造幣局の桜の通り抜けて撮った桜のことをブログに書くつもりだったのですが、昨日からパソコンが立ち上がらなくなり大変なことになっていました。
そういう時に限って、トラブルは重なるもので [もうやだ~(悲しい顔)] いやはや大変でした!

写真の枚数が多いので、今日は 「雪餅草」 に変更です。

212 雪餅草.jpg

今年は元気がなくて、土の上にちょっと芽が出たものの、その後、成長しないので、荒療法で、もしかしたら枯れてしまうかもしれないと思いつつ、思い切って鉢から出して植え替えをしました。
丸い球根とその根を痛めないように気を付けながら、同じ鉢に土を新しくして戻しました。

すると、芽が伸び始め、なんと、二つとも花を咲かせました。
花の中心にお餅が膨らんだように見える肉穂が、名前の所以です。
面白い花ですね。
高知へロケに出かけた時、苦労して運んできました。

213 雪餅草.jpg

後姿はこのように美しい縞模様をしてます。
元気を回復してくれて花を咲かせてくれたので、とても嬉しく思っています。
この元気を分けてもらいましょう!

明日から友人と総勢8人で旅行へ行ってきます。
その前に片付けなければならいことがたくさんあったのに、パソコンが動かないと、その大半ができなくなってしまい、昨夜から焦りまくっておりました。
無事に、元気に、楽しく、8人旅ができるように!と願っています。
という訳で、ブログの更新を少しお休みします。

「D坂シネマ 2014春」で『旅する映写機』上映!    [上映情報]

昨年ポレポレ東中野で 『旅する映写機』 を観てくださった担当者の方が上映を決めてくださいました! 蔵を活用しているNPO法人映画保存協会と協力して運営されてる 「谷根千〈記憶の蔵〉」 の活動の一つとしての企画だそうです。

[イベント] 2014年4月20日 13:00~ 18:45~ 『旅する映写機』 は上映されます。
その間に 『阿賀に生きる』 の16ミリ上映など、他の作品の上映もあります。(こちらは無料)
『旅する映写機』 のみ800円。

蔵の修復費用などのカンパも募集中だそうです。
私も行きたいのですが、随分前から計画していた友人たちとの旅行と重なってしまいました。
参加できず、とても、残念に思っていますが、折をみて訪ねてみたいと思っています。
「D坂シネマ 2014春」の詳細はこちらのサイトでご確認ください↓
http://www.yanesen.net/topics/detail.html?id=792

いろいろな方々の思いに支えられて、細々とですが 『旅する映写機』 の上映は続いています。
[イベント] 2014年5月5日 メイシネマ祭  10:30~ 小松川区民会館ホール
[映画] 2014年5月24日~6月6日 川越スカラ座 10:30~ 15:30~
今後も上映していただける機会が増えることを願っています。

『旅する映写機』公式サイトはこちら↓
http://www.eishaki.com/

撮影監督協会関西支部主催の 『旅する映写機』 上映会に出かけていました。
たくさんの方々にご来場頂き、いろいろなご意見やご質問を頂き、ありがとうございました。

少し早めに出掛けて、大阪城へ行こうかと思っていたのですが、なんと、造幣局の桜の通り抜け最終日だったので、桜を堪能してきました! 偶然に感謝!
明日は桜の写真をご紹介したいと思います。

二輪草が二輪になった!    [庭の植物たち]

「二輪草」 という名前から、「二人静」 のように、二つ並んで花が咲くと思っていたのですが、実際には一つの花が咲いて、花の元に蕾ができていて、暫くすると、もう一つの花が咲きます。
後から咲く花が少し小さめなのも名前の所以でしょうか?

203 二輪草.jpg

二つ咲いた 「二輪草」 です。
後から咲いた花は、写真で見ると随分小さいですね。

204 二輪草.jpg

横からの写真がこちら!
なんとなく寄り添っているように見えるかな?

前回の 「二輪草」 のブログはこちら↓
http://harunoumi.blog.so-net.ne.jp/2014-04-06

今日はいつものヨーガの日。
金曜日のヨーガサークルのお仲間がお友達と一緒に見学に来てくれました。
今のサークルが始まって5年になりますが、自分たちの健康のために続いています。

明日は大阪へ。
撮影監督協会関西支部の皆さんが 『旅する映写機』 を観てくださいます。
イマジカの試写室は素晴らしい環境だとお聞きしているので、下手な私の撮影が丸見えになるのか・・・と緊張していますが、大先輩方のお話をお聞きしてきたいと思っています。

オダマキがとてもきれい!    [庭の植物たち]

今年も、「オダマキ」 がとてもきれいに咲いています。
去年は種を採取したのに、蒔き時を間違えて発芽しなかったので、今年こそは! と今から考えています。

202  オダマキ.jpg

去年もとてもきれいに咲いた紫色のオダマキです。
今年も元気!
種を採取しようと思っています。

201 黄オダマキ.jpg

こちらは最近買い求めた黄色のオダマキ。
可愛かったので、ついつい、買ってしまって、遠くから電車で運びました。

200 白オダマキ.jpg

こちらはご近所さんから頂いた白いオダマキ。
とても小さな苗に小さな蕾が一つ付いていたのを頂きました。
育つかなぁ~と心配していましたが、小さ花を咲かせています。
紫と黄色のオダマキに比べると、随分、小さなオダマキです。
詳しい知識がないのですが、原種とか、和種なのかもしれません。

昨日は久しぶりのレイト上映に出かけました。
『KAZUYA 世界一売れないミュージシャン』 を観て、その後にトークとライブがあって、飲み会にまで合流したので、さすがに疲れました。
札幌の 「蠍座」 で大ヒットしたと聞いていたのと、「大黒座」 でも上映し、そのご縁で 「大黒座祭り」 でKAZUYAさんのライブがあってお会いしたり・・・と、何かとご縁があったので、久々に夜に出かけました。
初東京のKAZUYAさんは、「もう、帰りたい!」 とホームシックになっている様子[わーい(嬉しい顔)]
今日、札幌へ乗るのが怖い飛行で帰ります。
K's,cinemaで、4月24日までレイト上映中です!
『KAZUYA 世界一売れないミュージシャン』 のサイトはこちら↓
http://www.kazuya2011.com/

唐茱萸と茱萸の花    [庭の植物たち]

北側に植えられている 「トウグミ」 と 「グミ」
同じ 「茱萸」 でも、樹の大きさも、花の大きさも、もちろん実の大きさも、違います。
目立たないけれど、満開を迎えています。

194  唐茱萸.jpg

こちらが 「唐茱萸」
随分切ったので、私の手が届くくらいの高さになっていますが、以前は、2階まで届く勢いでした。
花も大きい!

195  茱萸.jpg

こちらが 「茱萸」
花の形は同じ、そして、全部、下向きに咲きます。
よく見れば愛らしい花です。

199  グミ.jpg

去年の写真ですが、「唐茱萸」 と 「茱萸」 の大きさがはっきり分かります。
この頃の子供たちは見向きもしませんが、少し先にある老人福祉施設の入居者の方が、若いスタッフと散歩をしている時など、「子供の頃、食べたんだよ~」 なんて話していることがあります。

植物は、ことばを引き出す力があるようで、時々、立ち止まって、私も交えて話をすることもあります。車椅子の方や認知症の方ですが、とても穏やかな表情で昔話が蘇ります。

満開の東石楠花    [庭の植物たち]

植物にも心があるように感じる時があります。
強風で倒れてしまった 「東石楠花」 は丁度満開でした。倒れて下になった花が潰れたり、花びらに傷がついたりしたのですが、ガッカリしたらしく今日はすっかり元気をなくしています。

198 東石楠花.jpg

満開の時の 「東石楠花」 です。
1本の幹から咲くので、満開の時は頭が大きくなっていてバランスが悪いので、倒れないように気遣っていたのですが、強風の予報もなく移動もさせずに外出してしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]
花の時は玄関脇に置いています。

197 東石楠花.jpg

花の咲いていない時は、家の裏側に置いています。
細い道が通っているので、風が抜けて、適当に日が当たります。このローテーションで置くのが良いように感じていました。まだ、花は咲いているのですが、痛々しい姿になってきたので裏へ移動することにしました。
今年はたくさん花をつけてくれたので、来年はお休みかな・・・と思うのですが、ゆっくり、休んで、また、再来年、たくさん花を咲かせてほしいと願っています。

昨日は 「東京自由大学」 で 『友よ! 大重潤一郎 魂の旅』 の上映がありました。
初公開となったこの日、参加してくださったのは大重さんをご存知の方が多く、スカイプで沖縄の大重さんとも繋がって楽しい上映会になりました。
私自身も久しぶりに観たので、大重さんの 「海の民は海に線など引かない。引けないのだ」 「航海自体が命がけの時代、遠方からやってくる海人を、ようそこ!と敬意を払って迎え、争うことなどしなかった」 という話を頷きながら聞きました。

イナバウアー状態の黄花カタクリ    [庭の植物たち]

昨日の強風で、満開の 「東石楠花」 が倒れしまい、その周りに置いていた 「ムスカリ」 「西洋雲間草」 「カランコエ」 などが倒れて、中には鉢から飛び出しているものもあって、暗い中、鉢に戻して土も足して水遣りもして寝ました。

今朝見た様子では葉が折れたり痛んではいたものの大丈夫のようです。
「東石楠花」 の花びらが一番傷ついていました。
満開で見事だったのに・・・。

近くに置いてあったのに 「黄花カタクリ」 は難を逃れました。
よかった! 
ここ数日、3つの花が見事に開いています。

196 黄花カタクリ.jpg

この花びらの反り方は 「カタクリ」 特有ですね。
日を浴びてイナバウアー状態 [わーい(嬉しい顔)] になっています。

今日も朝から予定がいろいろあって、植物の手当てと洗濯をして、慌てて自転車で駅に向かって、無事に予定の電車に乗ることができました!
自転車のタイヤの空気も入れないとダメだ~!

明日は 「東京自由大学」 で、2012年に何度も沖縄へ出掛けて撮影をしていた作品 『友よ! 大重潤一郎 魂の旅』 の上映があります。
場所は神田駅の近くで14時~
どなたでも参加できますので、関心をお寄せの方は、どうぞ、お出かけください。
詳細はこちらでご確認ください! 
http://jiyudaigaku.la.coocan.jp/ 

白いオキナグサも咲いています! [庭の植物たち]

庭の植物たちの変化が早いのでブログに書き切れません。
今日は午後から外出しなければならず、午前中は編集作業をするつもりだったのですが、水遣りのついでに庭にしゃがみこんだら、あっという間に時間が経っていました[ふらふら]

191  オキナグサ.jpg

「オキナグサ」 の蕾です。
真ん丸い蕾ができます。
この時の背丈は5センチくらいしかありません。

192  オキナグサ.jpg

少し丈が大きくなって、蕾が開いてきました。
我が家の 「オキナグサ」 は白花!
めずらしいと思います。
萼の裏、花びらの裏には細かい産毛のようなものがみっしり付いています。

193  オキナグサ.jpg

今日は3つあった蕾の全部が開き、一つは満開に!
「オキナグサ」 は、夜、花を閉じます。
「翁草」 と書くくらいですから、何かあると思うでしょう?
そうなんです。
花の咲いた後の種に、その訳があります。
なるほど! という写真が撮れたら、ブログで紹介したいと思っています。

今日は遠出をしたので、家に戻ったら、強風で植木が倒れていたり、大変なことになっていました。暗いので、はっきりとその被害が分かりませんが、ひとまず、玄関先でひっくり返って根が露出していた鉢は手当てをしました。
明日の朝までドキドキ!

イカリソウも咲いています!    [庭の植物たち]

昨日のブログにも、ほんの少し写っている 「イカリソウ」
ヒョロヒョロだけれど、なんとか、花を咲かせています。
葉は少し長めのハート型。

189  イカリ草.jpg

花の形が 「碇」 に似ていることから名付けられたのだと思いますが、「碇」 と言われて浮かぶイメージとは、少し違うような気がします・・・。
とても可愛らしい花なのです。

190 イカリソウ.jpg

花を下から撮ってみました。
何処が花びらなのか、萼なのか、よく分からない不思議な形をしていますね。
花を後ろから見ると分かるのですが、4つの部分から成り立っています。
細い茎の先に3・4個の花を咲かせます。
風の強い日など倒れてしまわないか、心配になります。

今日は3回も危機一髪!という体験をしてしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]
冷や汗をかいたり、心臓がバクバクしたり・・・。
2度あることは3度ある! でも、もう、今日は何もないと思います・・・。 
いやはや、朝から大変な一日でした。
でも、無事に家に帰ってきたのだし・・・と思っています。
今日は早く寝よう!

春 芽出しの季節    [庭の植物たち]

いろいろな花も咲いていますが、いろいろな芽も出ています。
今年も元気に芽が出たぞ! というものもあれば
今年は少し元気がないぞ! という植物もあります。

188 芽出しの庭.jpg

「ラカンマキ」 の下の小さなスペースに、いろいろな芽が出ています。
一番手前の白い花が 「イワヤツデ」 です。
時計回りに芽を紹介します。(画像をクリックすると大きくなります)

宝鐸草、二人静、水引草、
そして、黄色い小さな花は 「姫立金花」
イチゲ、黒百合、カタクリ、イカリソウ、エビネが4つ、
密集している小さな葉は 「立浪草」 です。
もう、しっかり蕾ができています。

この小さなスペースで10種類以上の植物を育てています。
これから、すくすくと芽が伸びて、花を咲かせ、夏は緑の葉で覆われます。
そして、冬には何もなくなる・・・。
それを繰り返しています。

地球の温暖化でだんだん四季がなくなっているような印象を持っています。
特に秋がないような・・・。どうぞ、この自然のリズムが続きますように!

合った土がないけれど、あまりにも 「眉刷毛万年青」 が痛々しいので植え替えをしました。
小さな子供がたくさんできていたのは、涙を呑んで処分しました[もうやだ~(悲しい顔)]

前の10件 | -