So-net無料ブログ作成
検索選択

『旅する映写機』が記事に!    [製作日誌]

2013年に完成したドキュメンタリー映画『旅する映写機』のことを、久しぶりに朝日新聞徳島版「シネマ 四国巡り③」で取り上げていただきました。
高知県安田町にある「大心劇場」では、幻と言われる “流し込み上映” が今でもされています。
その記事と一緒に販売中のDVDもご紹介いただきました。

907  20160914徳島版.jpg

デジタル化が進み主人公の少年以外は全部CGという映画が作られるようになった今、フィルム上映と言われてもイメージしにくいと思いますが、通常のフィルム上映の場合は2台の映写機で交互に映写しています。
同世代の方なら、スクリーンの右端にチラチラした “チェンジマーク” を知っているとか、何だろうと気になっていたという方もおられると思います。

流し込み上映は、お寺や校庭など野外上映が催されていた頃、2台の映写機を運ぶことが大変だったり、映写機が2台ない場合、フィルムが終わりそうになると前のフィルムのお尻と次のフィルムの頭を仮留めして映写機に流し込んでしまう方法です。
一瞬にしてフィルムを正しく貼る必要があり、流し込むタイミングも難しく、流れてきたフィルムを受けるのも一人で行う神業になのです。
父親譲りのその技を受け継いでいる「大心劇場」の小松秀吉さん。山の中にポツンとある映画館を維持するために、手描きの看板作り、映写、もぎり、掃除まで全部こなして、不定期ながらも今もフィルム上映を続けています。

今、「大心劇場」で使われている映写機は、高知県土佐山田町(現・香美町)の「山田東映」が閉館した時に譲り受けたもの。
「山田東映」のあった場所は居酒屋さんになっていて、店頭にもう1台の映写機が今でも飾られています。展示されている映写機を撮影させていただいて、館主だった山岡和沖さんのインタビューも撮影したのですが本編に入られませんでした。
作品が完成した時にお手紙を差し上げているのですが、ずっとそのことが気になっていました。今回、山岡さんの「もう1台が大心劇場で頑張っていると思うと、うれしいね」という、撮影した時にもおっしゃっていたコメントが掲載されていて、とても嬉しく思いました。
昔、映画館があったことを知らずに来店したお客さんに「なんで、映写機があるの?と聞かれると映画の話ができるのも楽しいんですよ」とも山岡さんはおっしゃっていました。
お二人の笑顔が浮かんでくる嬉しい記事に感謝!

『旅する映写機』の公式サイトはこちら↓ 
http://www.eishaki.com/
パンフレットは映写機の解説本のようになっています。
映写機好きの方は、どうぞお買い求めください。

nice!(26)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 26

コメント 6

粋田化石

粋田化石といいます。
お会いしたことはありませんが、私のイメージでは小松秀吉さんは映画「ニュー・シネマ・パラダイス」のアルフレードです。
by 粋田化石 (2016-09-16 00:57) 

馬爺

おはようございます。
懐かしの映写機で未だに上映されているんですね、いつまでも存続するといいですね。
by 馬爺 (2016-09-16 08:01) 

森田惠子

粋田化石さん>コメントをありがとうございました!
小松さんはシンガーソングライターでもあり、苗の時に1回消毒のお米を栽培する低農薬農家さんでもあり、映画館の隣で喫茶店も経営している、とっても魅力的な方です。

「ニュー・シネマパラダイス」でも、映写窓が一つで流し込み上映をしていたという設定です。
若い人から映写窓が一つは変だと物議をかもしたという話は結構有名な話です。
by 森田惠子 (2016-09-16 10:41) 

森田惠子

馬爺さん>『旅する映写機』で撮影させていただいた劇場はデジタル化しても映写機を残したところが多いのです。
それは嬉しいことなのですが、フィルムで作品が作られないので、せっかくの映写機が宝の持ち腐れ状態になっています。
なんでも、効率や経済性だけで判断するという流れは貧しすぎると思います。
by 森田惠子 (2016-09-16 10:45) 

sig

フィルム上映の映画館も映写機もますます貴重なものになっていきますが、同時に森田さんの記録も確執に貴重さを増していますね。(^^)/
by sig (2016-09-19 16:01) 

森田惠子

sigさん>映写機の動いている姿を記録として残したいと意識して作った作品ですが、私が想像するほど関心を持たれる方が居なくて(^_^;)
次回作(映写技師篇)も撮影はほとんど完了しているのですが、粘り強く頑張ろうと思っています。
by 森田惠子 (2016-09-19 18:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: