So-net無料ブログ作成
検索選択

キルタンサスの植え替え    [庭の植物たち]

冬の花の少ない時期に咲いて楽しませてくれる「キルタンサス」が元気がなく、花を咲かせる気配もないので球根がどうなっているか、確かめることにしました。
元気がないのは、秋に植え替えるつもりでできなかった私の責任です。

122  キルタンサス .jpg

元気のない「キルタンサス」
土も渇きが悪い感じ・・・。
この時期に球根を掘り出してよいのか迷いましたが、時には荒療法も必要だろうと思いました。

123  キルタンサス .jpg

鉢から出してみるとたくさんの根っこでギュウギュウの状態でした。
しかもこの根っこは古い根の残骸でした。
この根が塞ぐようなかたちになり排水も悪くなっていたようです。
このままにしていたら球根が腐ってしまうところでした。

124  キルタンサス .jpg

球根は子供球根がたくさんできていました。
土がべったり付いている状態だったので、無理に分けると傷ついてしまうかもしれないと考え、数日干すことにしました。
土も根も乾けば、一つ一つの球根もしっかりしてきて分けるのも簡単になりそうです。
小さな球根は処分するしかなさそうですが、一つの鉢に収まらないのは確実ですね。
2鉢にして、残りは地植えする? 場所は? なんて考えています。
元気な花が再び咲きますように!

121  キルタンサス .jpg

以前撮ったものですが、「キルタンサス」の花です。
「エンゼルランプ」とはまた違って、でもこちらも可愛い花です。

今日はクスリが増えてから体調が優れないのでクリニックへ。
次回は採血をしてくださいと言われていたので朝食抜きで、早い時間に出掛けたのですが、とても混んでいて、これは時間がかかるな・・・と。
そして、症状から検査を追加して貰うなどして11時半までかかってしまいました。

ドクターは今日の血液検査の結果が出るまで今まで通りにクスリ2錠を飲むようにと言うのですが、私は1錠に戻してほしくて押し問答。
家族性高コレステロール血症なのだからクスリを飲むしかないというのです。幼い頃にネフローゼを患っている私は腎臓に体調の変化がすぐに出るので、それを頼りに自分なりの健康管理をしています。「それでは利尿剤を追加しましょう」となったら、どんどんクスリが増えて副作用も増えることになります。それは嫌だ!という訳です。
今日はクスリを貰わず手元にあるクスリを飲み終えたら再診という妥協案になりました。次回受診の時には血液検査の結果も出ているので、そこでまた相談です。

nice!(38)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 38

コメント 2

粋田化石

キルタンサスも可憐な花ですね
草花と森田恵子さまが健やかに過ごせますようお祈りしています
by 粋田化石 (2017-02-17 21:36) 

森田惠子

粋田化石さん>コメント、ありがとうございます!
元気なことに感謝しなければ・・・という気持ちを持つようになりました。
当たり前にできていること、それは当たり前でなく感謝すべきことなのだと感ずるようになりました。
自らの命が綿々と続いてきた命であることを実感するようになりましたし、この命が子供に受け継がれたことにも感謝したいと思うようになりました。
by 森田惠子 (2017-02-18 20:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0