So-net無料ブログ作成
検索選択

花壇の柵を作りかえる    [トントンギコギコ]

足を動かすと痛むので、できる限り動かないようにしています。
なので、庭の植物たちの写真を撮る楽しみもちょっとお預け! 悲しい状況になっています。
そこで以前撮った写真をアップします。

553  垣根 .jpg

お隣との間にある細い道。
几帳面な父が柵というか垣根というか手作りしていました。
実家へ戻った当時は、ぴっしりと真っ直ぐだったのですが、だんだん、結んである紐が傷んできて、いよいよ主になっていた木製丸太が朽ちてきて、このように倒れそうになっていました。

554  垣根 .jpg

気になりつつ、太い丸太を立てるなんでできないし・・・と思っていました。
百円ショップでこの柵を見つけて、「これだ~!」と8枚購入しました。
購入してしばらく、そのままになっていましたが、先日、作業をしました。

555  垣根 .jpg

イメージではもっと簡単に刺さると思っていたのですが、実際には土の中に根が張っていたり、石があったりして、そう簡単には刺さりませんでした。
しかも長さもちょっと不足!
でも、なんとか、このような形になりました。端の部分が斜めなのもご愛嬌!

柵作りに合わせて、少し、植物の整理もしました。
「水仙」を抜いたら大小の球根が塊になって出てきました。
これでは思うように根も張れず、だから今年は花の数が少なかったのかもしれません。

朝10時の約束に合わせて接骨院へ。
先生も到着したばかりという雰囲気でしたが診てくださいました。
青紫の部分は広がっていて腫れていました。
パウダーを塗って湿布にかぶれないようにしてくださって、新しい湿布薬を貼ってくださり、テープで固定し直してくれました。しかも200円! 感謝!

出掛けたついでに牛乳とパンでも買おうと思っていたら、近くの「サンクス」が「ファミリーマート」になるので工事中でした[がく~(落胆した顔)]
そういえば、使えても棚とか全部が入れ替わると言っていたっけ。
親切な店員さんは継続して働けるのかな?
ということで、ドラッグストアまで行って買い物をして戻ってきました。

一番苦労したのは洗濯物を持って階段を上がる時。洗濯物籠を1段上に置いて、1段が上がり、また1段・・・の繰り返し。病気になった時にどんなことが不便で大変なのかのリハーサルですね。
この機会によく勉強しておこうと思います。
いつも夏にテレビの前に置いている籐の椅子に座って、周りの手の届く範囲に色々な物を置いて暮らしています。
皆さんもくれぐれも躓いたりしないようにお気を付けください。

nice!(29)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 29

コメント 8

ぼんぼちぼちぼち

いい柵が見つかりやしたね。
そう、土って掘るのけっこう大変なんでやすよね。
お身体、ご自愛くださいでやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-05-28 20:26) 

プー太の父

洗濯物を持って階段を登るのも大変とは
かなり足が痛そうですけど大丈夫ですか。
なんたって足がダメになったら移動も大変でしょう。
早く良くなればいいですね。
by プー太の父 (2017-05-29 11:17) 

馬爺

足の負傷では何事にも支障きたしますね、花壇の柵は今ではいろんなプラスチック製のが売っていますからね、便利に成りました。
お大事にしてください。
by 馬爺 (2017-05-29 12:46) 

ひでほ

豪邸ですな。
by ひでほ (2017-05-29 15:54) 

森田惠子

ぼんぼちぼちぼちさん>ご心配、ありがとうございます。
捻挫をする前に柵作りが終わっていてよかったです。
挫折するところでした。
by 森田惠子 (2017-05-29 20:03) 

森田惠子

プー太の父さん>痛みは動かさない限りは軽いのですが、しっかり固定されているので足首が90度のままなのと、階段は1段1段でないと痛いのです・・・。
よいしょ!とか、えい!とか、ついつい掛け声が出てしまいます。
早く良くなりたい!
by 森田惠子 (2017-05-29 20:06) 

森田惠子

馬爺さん>ご心配いただき、ありがとうございます。
柵をどうしようかと、色々な所をチェックしていたのですが、100円ショップで見つかって安上がりで助かりました。
by 森田惠子 (2017-05-29 20:08) 

森田惠子

ひでほさん>小さな家で小さな庭なんです。
周りには豪邸がありますが(^_^;)
by 森田惠子 (2017-05-29 20:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: