So-net無料ブログ作成

冬の庭に咲く山茶花    [庭の植物たち]

花の少なくなる冬、あちこちで見かける「山茶花」
♪さざんか さざんか 咲いた道 たき火だ たき火だ 落ち葉たき♪ は景色そのものが浮かんでくる童謡です。
我が家の2本の「山茶花」も、寒さの中で元気です。

1247  山茶花 .jpg

剪定の時、小さくしてくださいとお願いしたので、その後も花を咲かせてくれるか、心配していましたが、ポツンポツンと咲いて楽しませてくれています。

1248  山茶花 .jpg

蕾の時のピンク色は外側だけなので、満開の頃には正面から見ると真っ白に見えます。
逆にほんの少し見えるピンク色が印象に残ります。
一番外側の花びらがさらに開くと反って見えなくなります。

他には「菊」がほんの少しと、狂い咲きかもしれませんが「河原撫子」が咲いています。

部屋の中では「カニサボテン」の花が終わり、「カランコエ」と「レイウシア」が咲いていて、「金のなる木」と「エンゼルランプ」に蕾ができています。

今年も植物たちに励まされながら、うまく進まない仕事に苦戦したり、忙しい時に限って色々なことが重なってしまったりしましたが、なんとか無事に大晦日を迎えることができました。ありがとうございました!
皆さんはどんな大晦日をお過ごしでしょうか? 
どうぞ、良いお年をお迎えください!

紅色の小菊    [庭の植物たち]

さすがに菊の花も終わり、たった一種類だけ元気に咲いています。
咲き始めが遅かった紅色の小菊です。
今日は朝から晴れで、日の光を浴びて生き生きとしていました。

1245  紅小菊 .jpg

玄関脇に鉢を置いています。
晴れれば朝のうちはたくさん日が当たります。

1246  紅小菊 .jpg

冬のお日さまは有難いですね。
朝一番で洗濯したシーツや枕カバーもスッキリ乾きました。

暖かいうちに・・・とお昼過ぎに買い物へ。溜まった1000ポイントと15%引きの割引券を使って洗剤などを購入しました。競争の激しいドラッグストアなので申し訳ない気もするけれど、そこは倹約しないと・・・。

高野豆腐や干しシイタケなど下準備を必要な物を中心に食料品も買ってきて、それから大掃除の続きです。
換気扇は11月に大掃除しているので簡単に終わったのですが、掃除はやり出すと止まりません。きれいになると隣の汚れが気になり、そこを掃除するとまたその隣の汚れが・・・と切りがありません。腰が痛くなったので大掃除を止めて、料理の下準備に掛かりたいと思います。

今年も残り1日になりました。明日こそ、フットワークよく動かないといけませんね。
そろそろ故郷に帰っておられる方もいらっしゃるでしょうか。

冬、春の準備をしている「雪割草」    [庭の植物たち]

雪が滅多に降らない関東に住んでいますが、雪を割るよう芽を出し花を咲かせる「雪割草」の名前には納得しています。
まだまだ寒い中、健気に咲くその姿はまさに「雪割草」の名がぴったり!

1242  雪割草 .jpg

冬の「雪割草」は葉が辛うじて残っているだけの寂しい姿をしています。
日の当たらない場所に地植えしています。
でも、よく見るともう春の準備が始まっています。

1244  雪割草 .jpg

中心にできている小さな芽、分かりますか?
成長して、蕾になるか、葉になるか、まだ分かりません・・・。

1243  雪割草 .jpg

こちらの株には複数の芽ができているので花の咲く確率が高いですね。
種が飛ぶのか、自然に小さな芽が出てくることがあります。
せっかく出た芽でも枯れてしまうこともありますし、成長してもすぐに花芽ができるようにはなりません。ほんの少しずつ株が大きくなっていきます。肥料不足なのかも知れません。地植えの場合は、ほとんど肥料を上げていないので研究の余地があるかもしれません。

今日は注文した写真の額装が出来上がってきたので、個別に荷造りをし直して発送作業をしました。前回送った2つのうち1つのガラスが輸送中に割れてしまうという事故が起きてしまったので厳重に梱包しました。
そして、今回は宅配便ではなく郵便局から出すことにしました。「ガラス付きの額なのでくれぐれも注意してください」と何度も窓口でお願いしました。その他にもDVDやパンフレットの発送、写真の発送などがあって、午前中はその作業に追われました。

アラジンのストーブを使っているので、ストーブでお豆を炊いています。乗せておけばいつの間にか柔らかくなるので、甘さ控えめにして簡単に完成します。私は豆類が大好きですが一人では食べきれないこともあって、今年初の煮豆です。
大掃除は捗っていませんが、発送作業は一区切りついた感じでいます。

レイウシアの花    [庭の植物たち]

お店で見たら「華さんご」と表示されていた「レイウシア」
植物の名前は複数付けられることも多いようですね。
どう見ても、同じに見えました。

1241  レイウシア .jpg

部屋の中、他の植物に囲まれて置いているので暗くなって写りが悪いのが残念!

右下のクシャクシャした赤い塊は花が咲き終わってしぼんだもの。
一つしぼむと入れ替わるようにして次の花が咲き、数日咲いては、またしぼむ・・・ということを繰り返しています。

1240  レイウシア .jpg

小さな花ですが、懸命に咲いているのだと思います。
冬は家の中に入れて元気なのですが、その後に枯らしてしまうことが多いので、気を付けたいと思っています。

今日は今年最後のヨーガの日でした。
忙しい年末なのにたくさんの方が参加してくださいました。そして、お正月にやって来る孫の話になりました。いつも静かに暮らしているご夫婦二人と犬の生活に孫がやって来ると犬まで体調を崩してしまうという話に頷く人がたくさん居て大笑いになりました。
「孫は危険物!」という新語まで登場しました。
孫に怪我をさせてはいけないという気持ちも分かりますが、まずは自分自身が怪我をしないことが大切ですね。
息子のマンションに寄って大掃除の手伝いをして帰ってきました。
自宅に戻って、換気扇とガス台のなど台所回りの大掃除の下準備。明日は可燃ゴミの最終日なのでゴミを見つけて集めました。明日から我が家自体の大掃除です。

白山吹の黒い実    [庭の植物たち]

春に白い花を咲かせる「白山吹」は花びらが4枚。
実も4つできます。

1237  白山吹 .jpg

夏には白ぽい実が緑を経て黒くなります。

337  白山吹 .jpg

「白山吹」の花です。
「山吹」というと黄色のイメージですが、色だけでなく花の形もちょっと違います。

1238  白山吹 .jpg

先日の寒くて風の強かった日に、黄色くなっていた葉が一斉に散ってしまいました。
細い枝と黒い実で、いよいよ冬の景色に。

1239  白山吹 .jpg

艶々していてきれいな実です。

今日は国立西洋美術館経由で柚子切り蕎麦を食べました。
明日は不燃ゴミの年内最後の回収日なので、牛パックなど出せる物を全部整理して、出し忘れると大変なので玄関近くに並べてスタンバイ。これで忘れずに出せると思います。
そして、今年最後の「水曜ヨーガ」の日。
年明けに休みが続くので、28日ですがヨーガを行うことになりました。

デンドロビウム エンジェル・ベビー グリーン    [庭の植物たち]

耐水性のペンキを購入するために「ドイト」に出掛け、代金を払ったところで目に入った蘭の花。
「デンドロビウム エンジェル・ベビー グリーン」という長~い名前の蘭系の花です。

1235  エンジェル・ベビー .jpg

比較的手入れをしやすい品種ということで価格も安かった! 690円+税。

値段付けをしたばかりで、まだ植物のコーナーに運ぶ前でしたが、「値段票が付いていれば大丈夫ですよ!」ということで、再びレジに並んで支払いをしました。

1236  エンジェル・ベビー .jpg

「グリーン」という名が付いているくらいですから、白い花が少しグリーン掛かっています。
蘭系の花は小さな花でも華やかな感じがしますね。
部屋の中に置いて眺めて喜んでいます。
蘭は驚くほど種類が多く、どんどん品種改良がされているそうです。

昨夜は0時近くになって、なんとか年賀状が完成したので走って投函に!
キャリーバックを押して歩く青年、喧嘩中なのか微妙な距離を開けて歩くご夫婦らしき高齢者、立ち止まってスマホを見ているお姉さんに出会いました。暗い中の青い顔、結構怖かった。

今日は注連縄を買いに行って、神棚の掃除。
息子が来たので、神棚の掃除を手伝ってもらいました。脚立に乗るのも、高い所で作業をするのも気乗りしなくなりました。掃除が捗らないのは、そのせいもあるかな・・・。大好きな掃除なのに。

息子が高校生くらいから、年末になると大掃除の手伝いに行ってくると実家に出かけ小遣いを貰っていましたが、本当に助かっていたのかも・・・と思います。
蛍光灯の交換とか、額の裏の掃除とか、高い所ばかり掃除をしていたようです。

明日は今年最後の[雨]になるそうです。

淡いピンクのカニサボテン    [庭の植物たち]

濃いピンク色の花を咲かせる我が家の「カニサボテン」
「きれいな色ねぇ~」と友人が言うので、1鉢差し上げることに。
その代りに我が家にやってきたのが白に近い淡いピンク色の花を咲かせる「カニサボテン」です。

1231  カニサボテン白 .jpg

一昨年の冬に交換トレードしたのですが、蕾ができたのは今年が初めて!
白い蕾です。

1233  カニサボテン白 .jpg

最初に咲いた花はほとんど白という感じで、オシベがピンク色。
花の一部もほんのりピンク色かな?という印象でした。

1232  カニサボテン白 .jpg

ところが、その後にできた蕾はピンク色でした。
画像ではなかなか色の違いが分かりませんが、全部で5つの花が咲きました。

1234  カニサボテン白 .jpg

淡いピンク色の花も可愛いですね。
ちょっと葉茎が混み過ぎのような気もするので、植え替えをした方が良いかもしれません。
今年花を咲かせたので、来年からは毎年咲いてくれるのではないかと思っています。

昨日に引き続き年賀状作りをしています。あともう少しのところまで来ました。
26日に投函した年賀状が元旦に届くかどうか分かりませんが、残りの少しは今夜仕上げて、明日投函しようと思います。
年賀状が終わったら、冷蔵庫の掃除かな? 今年はゴミの収集が早く終わってしまうので、計画を立てて上手にゴミ捨てをしないとゴミを抱えての年越しになってしまいます。
まずは計画表を書くところから[わーい(嬉しい顔)]

雪餅草の果実が赤くなる!    [庭の植物たち]

お餅のような面白い花が咲く「雪餅草」
増やす方法は果実を育てることらしいと分かったので、今年はずっと見守ってきました。

321  雪餅草 .jpg

白いふっくらとした部分は本当にお餅のようですね。

1227  雪餅草 .jpg

花びらの部分が枯れ始めて、中から実が顔を出し始めました。

1228  雪餅草 .jpg

暫くすると、花びらの部分は枯れ落ちてしまいます。
実の集合体のような状態になって、長い時間を過ごします。

1229  雪餅草 .jpg

寒くなって来ると、やっと色付いてきます。
実が落ちそうになったので支えることにしました。

1230  雪餅草 .jpg

そして、冬、赤く色づいて茎も枯れ果実を支えることができなくなってきました。
この状態で完熟なのだと思います。

この赤い果実をバラバラにして1粒ごとに水洗いをして、中から球根状の種を出して腐葉土に蒔くそうなのです。
発芽まで2年、早くて花が咲くまで5年! なんと時間がかかることかと思いましたが、人間は大人になるのにもっと時間がかかりますね。一応選挙権を得るまで18年になりましたが、いくつになっても大人げない人はいますから・・・[わーい(嬉しい顔)]

やっと、年賀状用の干支の絵を描きました。ぶっけ本番、1本勝負です。そして、親戚など失礼があるといけない人のみ急いで年賀状を完成させて、夕方投函しました。
夜は息子とささやかなクリスマスパーティー。唐揚げを作る時に、なぜかちくわの天ぷらが食べたくなって、ころもに青海苔をたくさん入れて揚げ、食べました。美味!

冬、春の準備をしている「東石楠花」    [庭の植物たち]

ここ数日、12月とは思えない暖かさで寒がりの私はとても助かっています。
この時期に暖房を入れないで過ごせるなんて、歩いていると思わずマフラーを外したくなるなんて! 信じられない暖かさです。

1225  東石楠花 .jpg

「東石楠花」の蕾です。
随分前から蕾はできていて、すごくゆっくりゆっくり大きくなります。
蕾ができてから花が咲くまで長い長い時間がかかります。

花が咲いた時に注目されることが多い植物たちですが、その日のために長い時間を費やしていることに気付く人は少ないように思います。
人間も同じように成長に時間がかかる人も居ると考えれば、ちょっと楽な気持ちになれる方もおられるのではないでしょうか。

1226  東石楠花 .jpg

「東石楠花」は花芽が一つできて、だんだん成長して6つか8つくらい花が咲くことが多いのですが、今年は花芽自体が4つもできていて、この先どうなるか、興味津々でいます。
人間もちょっと風変わりな人っていますね。それが魅力となるかどうか[わーい(嬉しい顔)]

今日は大掃除の続き。いつもより丁寧に掃除をすると、あら、こんなところに埃が溜まっていた! ということがありますね。時間はかかりますが普段見えない場所をきれいに掃除すると、とってもスッキリした感じがするのは気持ちの問題だけではないような気がします。

予定では今頃には年賀状用の絵が完成しているはずなのですが、掃除に時間がかかって疲れてしまって小休憩をしていました。
発送作業と大掃除を少しずつで1日が終わってしまいそう[ふらふら]

冬、春の準備をしている「ミヤマオダマキ」    [庭の植物たち]

寒さに葉が枯れる植物の多い季節。
枯れた葉をそのままにしておくと、カビが発生したり、病気になったり、土の渇きが悪くなって根腐れを起こしてしまったりします。

354  ミヤマオダマキ .jpg

春に可愛い花を咲かせた、左が「ミヤマオダマキ」右が「セイヨウオダマキ」です。
白い方が原種の「ミヤマオダマキ」です。

1223  ミヤマオダマキ .jpg

今朝の様子です。
手前の二鉢が「ミヤマオダマキ」で、まだ緑の葉が残っているのが「セイヨウオダマキ」です。
元気さでは「セイヨウオダマキ」に軍配が上がりますね。

1224  ミヤマオダマキ .jpg

枯れた葉を丁寧に切ると小さな芽が良く見えます。
「ミヤマオダマキ」の芽も花のようで可愛いですね。
「セイヨウオダマキ」は元気な葉は残したままにしてみました。もちろん、芽はできています。

『姫と王子たち 0歳から100歳まで』の新しいフライヤーが完成して、これで宣伝材料が揃いました。とは言っても、今回の作品はあくまでもNPO法人が製作であり配給も行うことになっているので、どこまで手を出して良いのか、迷う部分もあります。毎日忙しく過ごしているNPO法人のスタッフが慣れない上映担当になっても負担が大きいだろうなぁ~と気になっています。

お世話になった製作スタッフの皆さんに、完成の報告も兼ねて発送作業をしました。
撮影の時だけ、お願いします!と強引に伺って、その後音沙汰なしになっている撮影に協力してくださった皆さんにも送らなければ・・・と思っています。手紙を書きつつの作業なので、手際よくできず時間ばかり掛かっています。
今日は朝から発送作業をしてギリギリの時間に郵便局へ。年賀状をやっと購入しました。