So-net無料ブログ作成
検索選択

黄梅が咲く    [庭の植物たち]

昨日は風邪でダウンしていました。
疲れが溜まっているなぁ~と感じていたら、からだが正直に反応して、喉の痛み、咳、そして微熱。
インフルエンザではないので、とにかく休養を! ということで1日ゴロゴロしていました。

159 黄梅.jpg

1日にして花の数が2倍になった「黄梅」です。
我が家の庭に春を告げてくれる花です。
黄色というのは元気になる色だなぁ~と思いました。

158  黄梅 .jpg

2日前はこのような感じ。
今年も咲いて良かった!と思いました。
挿し芽をして4鉢になっている「黄梅」は、それぞれ花芽を付けています。

157  黄梅 .jpg

枝に直接花をを咲かせるのも特徴です。
「黄梅」という名ですが、なんと「ジャスミン科」の花で中国原産だそうです。
花の形が梅に似ていることから「黄梅」と名付けられてのでしょう。
中国では旧正月の2月に咲くことから「迎春花(げいしゅんか)」と呼ばれているそうです。
なんとなく縁起が良い感じがしますね。

今日もゆるゆる過ごして体調を整えようと思っています。
毎日会社に出勤しなければならない方だったら、ここで無理をして風邪で寝込むことになるのでしょう・・・。フリーランスの場合は体調に合わせて休むことができるので有難いです。
皆さんも最後の最後に風邪をひかないようにお気を付けください!

2017年初窯出し    [陶芸薀蓄]

昨日は「陶芸サークル」の「初窯出し」でした。
ガスの窯を使っているサークルに参加するようになって8ヶ月程。
3回目の「窯出し」です。

146 窯出し.jpg

今回の作品たち。
右奥にちょっと写っている角板皿が「練り込み」の作品(他の方の作品)。
今回の「窯出し」のメインは「練り込み」だったのですが、組み物で作った私の板皿は入らず、次回の本焼きになりました。

147 織部.jpg

「織部」の型皿は板作りで作りました。
底に足を4か所付けてあります。
中心の絵は「弁柄」で筆で描きました。
「織部」はもっと男らしいというか、シンプルな柄が多いのですが、私が作るとこのようになりました。

148 鉄赤.jpg

「鉄赤」の小さなお皿。
余った土で作りました。
こうした小さなお皿はカギなどを置くのに便利です。

149 瑠璃.jpg

こちらは「瑠璃」を掛けた小皿。
紐で周りを飾って遊んでみました。
これも鍵などを置くのに・・・と思って作りました。

154 一輪挿し.jpg

板作りの一輪挿し。
「黄瀬戸」を掛けました。
画像では分かりにくいかもしれませんが、「黄瀬戸」は流れやすい釉薬で、その流れる様子が味わいになると思います。
加飾印のところにも釉薬が溜まっています。
電気の窯だと、もう少し緑がかった黄色になると思います。

150 総織部.jpg

今回の失敗作は「総織部」の板皿。
「織部は厚く掛けた方が良いよ」という先生のアドバイスに従って厚掛けをしたのですが、厚く掛け過ぎてしまいました。
私の参加しているサークルでは先生が釉薬を調合してくださっています。

151 布目.jpg

布目がついていたので、それを活かそうと「総織部」にしたのですが、釉薬が厚すぎで布目が消えてしまいました。
釉掛けは塩梅が難しい!

152 ひび.jpg

しかも一カ所ヒビが入ってしまいました・・・。
どうしたものか、思案中です。
金繕い? 諦めて処分? しばらくは手元に置いておきましょう・・・。

156 板皿.jpg

こんな遊びもしました。
まだ、この時点ではロクロが解禁になっていなかったこともあり、余った土で猫の小皿を板作りしてみました。

153 箸置き.jpg

更に余った土は「箸置き」に。
猫の「箸置き」は石膏で型を作ってあるので量産できます。
電気の窯だと温度が安定しているので全部同じ仕上がりになりますが、ガスの窯は下段は温度が上がりにくく、上段は上がり過ぎるという特徴があります。なので、同じ土で作った「箸置き」もちょっと色が異なって仕上がりました。

連日の外出で疲れを感じていましたが、喉に痛みが出て咳が出るようになってしまいました。
ヨーガをしているから風邪はひかない(?)はずなのに・・・。
今日は早寝をしようと思います。

大寒桜とスカイツリー    [私の旅物語]

昨日は月に一度の「浅草ヨーガ勉強会」に参加しました。
会場へ向かう途中、川向こうに見えるスカイツリーと公園の植物をウオッチングするのを、とても楽しみにしています。

142 スカイツリー.jpg

昨年の2月も桜が咲いていてビックリしたのですが、今年はさらに満開の様相でビックリ!
ヨーガの勉強会はほとんどが第4金曜日。
昨年も桜が咲いていたのです。

143 大寒桜.jpg

下がっていた札には「大寒桜」とありました。
小さいので発見するのは難しいと思いますが、「メジロ」が大喜びしていました。

「ソメイヨシノ」がたくさん植えられていて桜の時期には大賑わいになる「隅田公園」ですが、2月にも「サクラ」を楽しむことができます。
「サクラ」に気が付いた方は、思わず撮影している方が多かった!

144 白梅.jpg

満開の「白梅」
「梅」はもう終わりという感じで、咲いている木は少なくなっていました。
川の畔なので日当たりが良いので、花の時期が他のよりも少し早目なのかもしれません。

145 オオイヌノフグリ.jpg

足元に目をやれば「オオイヌノフグリ」の花が風に揺れていました。
可愛い花なのに、気の毒なネーミングです。

「スカイツリー」の建設途中から定点観察のように撮影しているので、「スカイツリー」専用のフォルダーを作って整理してみようか、と思っています。
老後の楽しみの準備です(笑)

今日は今年最初の窯出しでした。
練り込みの作品中心の窯出しだったのですが、窯に入らなかった作品も多く、織部の型皿などが完成しました。
反省もするけれど、勉強の機会でもある窯出しは何回経験してもワクワクするものです。

金のなる木の花が咲く    [庭の植物たち]

根のほとんどを幼虫に食べられてしまった「金のなる木」
しかも根を食べられたのは2回目のこと。
その上、蕾ができた~!と喜んでいたら「アブラムシ」が発生してしまいました。
そんな悪条件が重なったのに「金のなる木」の花が咲きました!

139  金のなる木 .jpg

「金のなる木」の花です。
可愛い!
花数はすごく少ないけれど、咲いてくれたので嬉しい!

138  金のなる木 .jpg

初めて「金のなる木」の花が咲いたのは父の亡くなった年なので12年前ということになります。
倒れてしまうほど、2回も根をごっそり食べられたのに花を咲かせ続けています。
時々置き肥をしたり、時々液肥をあげたりしているくらいで、特別なことはしていないのに花を咲かせてくれるので丈夫なのだと思います。

今日はいつもの月に一度の浅草ヨーガ勉強会に参加。
今週は毎日どこかに出掛けていたので、なんだか疲れた感じの1週間になりました。以前なら、毎日出掛けるなんて普通のことだったのに、編集作業を自宅のパソコンでするようになったこともあって外出の機会が極端に減っています。
連日編集室に籠っていた以前のことを考えると、ずいぶん楽になっているのだと思います。今更ながらパソコンの出現で仕事のやり方が大きく変化したこと、自身の体力が極端に落ちていることを実感しています。

根をごっそり食べらてしまった時の「金のなる木」の様子はこちら↓
http://harunoumi.blog.so-net.ne.jp/2016-10-03
植物を育てる時、諦めないことは良いことのようです。

ボケの蕾が膨らみ始める!    [庭の植物たち]

気温のアップダウンの激しい日々が続いています。
強風の影響がないのが有難い埼玉です。
いつの間にか「ボケ」の蕾が膨らみ始めていました!

137  ボケ .jpg

おっ、枝の先が赤いぞ! ということで気づいた「ボケ」の蕾。
まだまだ小さな蕾です。

135  ボケ .jpg

ひとつの蕾に気付くと、どんどん蕾が見つかります。
春の準備をしっかりしていたのですね。

136  ボケ .jpg

今年はたくさん蕾ができています。
たくさん咲いてくれそう~! 楽しみ!

今日は新潟県上越市在住の友人の作品を見るために「東京都美術館」の「JAALA 2017展」へ。
今日がオープニングの日だったので、オープニングセレモニーにも参加させていただいて、その後披露されたパフォーマンスも楽しんできました。

偶然知り合って、とっても気があって、即友人になった感じのIさん。
パフォーマンス鑑賞の後、交流会までの時間を二人で飲みにケーション。年齢的にも近いこともあって、自由にあれこれお喋りをして盛り上がり楽しい時間を過ごしました。
日頃感じたり考えたりしていることを気兼ねなく自由に話せるなんて、仕合わせ!

JAALLA展の情報はこちら↓
http://harunoumi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-12
2月28日まで開催中です!
2月25・26日の13:30~16:00頃まで、ダンスや朗読・仮面舞踊・ホイト芸などのパフォーマンスもありますので、お時間のある方は、どうぞ、作品と一緒にお楽しみください。

300円の衝動買い    [@アート]

日曜日に出掛けたヨーガの勉強会。
少し早く会場に到着したので、時間を潰そうと駅の反対側にある百貨店へ。
そして見つけて思わず衝動買いをしてしまった「flipboo Kit」

134 flipboo.jpg

なにやらパラパラ漫画風? と思って重なっている箱を手にして眺めていると、小学4年生くらいの男の子がサンプルのハンドルを回していました!
思わず「面白いね!」と声を掛けると、ニッコリ頷いてくれました。

なんと300円セールのシールが貼られていました。
これは買うしかないと!

132 ぱらぱら漫画.jpg

家に帰ると、もうウズウズしてしまい、早速箱を開けて組み立て開始!
ということで、こうなりました。

133 ぱらぱら漫画.jpg

右側のハンドルを手前に回すと、箱の上の小さな爪に一瞬絵が引っかかるようになっていて、まさしくパラパラ漫画。猫が箱の中に入っては出てくるという訳です。

映写機の仕組みもこれと同じで、流れているように見えるフィルムは一瞬止まっていて、止まった瞬間に光が当たってスクリーンに絵が投影されています。次の瞬間にシャッターが下りて、真っ暗な世界が写っているのです。人間の目は絵と黒を交互に見ています。
絵が一瞬引っ掛かって止まるのと同様に、一瞬真っ暗な世界を見ているので、絵が動いているように見えるのです。

実は3セットも買ってしまいました。
一つはプレゼントする方を決めていま~す[わーい(嬉しい顔)]

今日はいつもの「水曜ヨーガ」の日。
一通りのアーサナが終わって、呼吸法をして瞑想に入ろうとしている時に、見学したいという方がいらっしゃいました。
「来月は10時からいらして見学を(一緒に行うを)してください」ということになりました。
自身の健康のために行うヨーガ。細く長く皆さんと続けたいと思っています。

積丹ハコベの手入れをする    [庭の植物たち]

可愛い花を咲かせる「積丹ハコベ」
地植えにすれば、どんどん広がって繁茂すると思うのですが、我が家にはそんなスペースはないので鉢植えです。

131  積丹ハコベ .jpg

こんな悲しい姿になっていました。
小さな芽が出てきたので、枯れた葉を切ることにしました。

130  積丹ハコベ .jpg

スッキリしました。
これで小さな芽にもお日さまが当たるようになって、元気になってくれるでしょう。

485  積丹ハコベ .jpg

「積丹ハコベ」の花です。
とても小さな可愛い花!
咲くのが楽しみです。

今日は陶芸サークルの釉薬掛けの日。その後窯詰めのお手伝いをして戻ってきました。
今日は捨て焼きといって4時間ほど焼成して、明日が本焼き。12時間ほど焼成します。
公共施設を使っているので夜間の焼成ができないので、捨て焼きをしてから、翌日朝から本焼きをするという方法を取っています。
土曜日が窯出し。今から楽しみです!

可愛い花かんざし    [庭の植物たち]

ちょっと乾燥しているのか、カサカサした音とを立てる小さな花が咲く「花かんざし」
可愛いネーミングですね。
オーストラリア原産のキク科の植物です。

129  花かんざし .jpg

花がなくて、あまりも寂しいので1ヶ月ほど前に買い求めました。
温室で育てられて、この時期に無理無理咲いているのかもしれません。
がんばっているね!

127  花かんざし .jpg

朝の水遣りをした時、キラキラと光っているので足が止まりました。
葉や花にできた水滴に光線が当たって光っているのでした。
偶然できた美しい瞬間です。

128  花かんざし .jpg

慌ててカメラを取りに戻って撮影しました。
目で見えるのとはちょっと違う感じに写りましたが、キラキラの瞬間です。
見る方向で色が変化したり、見えなくなったり、しばらく眺めて過ごしました。

植物に水滴ができることは案外多くて、まん丸の水滴の美しさに見とれたり、植物自体の造形の美しさに感激したり・・・。
そんな風に植物に癒されている方は多いのでしょうか?

今日は打ち合わせのために急遽出掛けることになって、月曜日は美術館も博物館も休みだと思っていましたが開館しているところもあって、「パナソニック汐留ミュージアム」へ出かけ、ルオーとマティスの作品を見てきました。
ルオーもマティスも大好きですが、二人が仲の良い友達だったとは知りませんでした。ルオーの黒の使い方とマティスの素描の線の美しさ!を楽しんできました。

蝋梅が咲くⅡ    [庭の植物たち]

我が家には2本の「蝋梅」があります。
1本は南側の角に小さな木があり、1本は北側の家の陰に大きめの木があります。
2本の「蝋梅」の花の形が少し違うような気がしています。

125  蝋梅 .jpg

北側に植わっている「蝋梅」です。
蕾に気が付いたのは1月でしたが、その後ぐんと気温の下がる日があって、蕾のまま落下してしまったものもあります。
寒さの底を越えたようで、寒さを乗り越えて咲き始めています。

126  蝋梅 .jpg

南側に植わっている「蝋梅」の花は下向きに花びらが広がるように咲きますが、こちらの「蝋梅」の花は丸い感じがします。
同時期に咲かないので並べて比べることはできませんが、なんとなく印象が異なると感じています。

001  蝋梅 .jpg

こちらが12月の終わりから1月中旬に咲いた「蝋梅」の花です。
やはり花の印象が違いますね。
「蝋梅」の種類まで分からないのが残念です。

一昨日、以前からお話のあった案件で「急遽、明日打ち合わせをしたい」という連絡があり、予定を変更して夜遅くまでかかって資料作りをしました。まだまだ先のことと思っていたので資料作りも手間取ったのですが、結局、昨日は出かけて行って資料を渡すだけでした[もうやだ~(悲しい顔)]
フリーで仕事をしているとそういうことはよくあります。振り回されて仕事(お金)にならないことも多い・・・。そんなことを重ねながらも、何とか飢え死にすることもなく生き延びているのですから感謝しなければならないでしょうね。

キルタンサスの植え替え    [庭の植物たち]

冬の花の少ない時期に咲いて楽しませてくれる「キルタンサス」が元気がなく、花を咲かせる気配もないので球根がどうなっているか、確かめることにしました。
元気がないのは、秋に植え替えるつもりでできなかった私の責任です。

122  キルタンサス .jpg

元気のない「キルタンサス」
土も渇きが悪い感じ・・・。
この時期に球根を掘り出してよいのか迷いましたが、時には荒療法も必要だろうと思いました。

123  キルタンサス .jpg

鉢から出してみるとたくさんの根っこでギュウギュウの状態でした。
しかもこの根っこは古い根の残骸でした。
この根が塞ぐようなかたちになり排水も悪くなっていたようです。
このままにしていたら球根が腐ってしまうところでした。

124  キルタンサス .jpg

球根は子供球根がたくさんできていました。
土がべったり付いている状態だったので、無理に分けると傷ついてしまうかもしれないと考え、数日干すことにしました。
土も根も乾けば、一つ一つの球根もしっかりしてきて分けるのも簡単になりそうです。
小さな球根は処分するしかなさそうですが、一つの鉢に収まらないのは確実ですね。
2鉢にして、残りは地植えする? 場所は? なんて考えています。
元気な花が再び咲きますように!

121  キルタンサス .jpg

以前撮ったものですが、「キルタンサス」の花です。
「エンゼルランプ」とはまた違って、でもこちらも可愛い花です。

今日はクスリが増えてから体調が優れないのでクリニックへ。
次回は採血をしてくださいと言われていたので朝食抜きで、早い時間に出掛けたのですが、とても混んでいて、これは時間がかかるな・・・と。
そして、症状から検査を追加して貰うなどして11時半までかかってしまいました。

ドクターは今日の血液検査の結果が出るまで今まで通りにクスリ2錠を飲むようにと言うのですが、私は1錠に戻してほしくて押し問答。
家族性高コレステロール血症なのだからクスリを飲むしかないというのです。幼い頃にネフローゼを患っている私は腎臓に体調の変化がすぐに出るので、それを頼りに自分なりの健康管理をしています。「それでは利尿剤を追加しましょう」となったら、どんどんクスリが増えて副作用も増えることになります。それは嫌だ!という訳です。
今日はクスリを貰わず手元にあるクスリを飲み終えたら再診という妥協案になりました。次回受診の時には血液検査の結果も出ているので、そこでまた相談です。