So-net無料ブログ作成

「大黒座」へ行ってきました!    [私の旅物語]

札幌 「サンピアザ劇場」 で 『姫と王子たち 0歳歳から100歳まで』 を上映して頂いて、その舞台挨拶に出掛け、その後、浦河へ寄り道をしました。
港町浦河町で大正7年から続いている映画館「大黒座」へ伺うのは1年8ヶ月ぶりです!

227 大黒座.jpg

今年で99年を迎える「大黒座」の建物は3代目。
とってもステキな建物です。

233 大黒座.jpg

ドアを開けて入ってすぐにあるカウンター。
3代目館主の妻・雪子さんか、4代目の三上さんご夫妻が出迎えてくれます。

234 大黒座.jpg

外に向けて貼られているポスターパネルの裏側はこのようになっています!

235 大黒座.jpg

そして、右上にあるこの文字が「大黒座」さんらしい!

236 沈黙.jpg

『旅する映写機』に登場する札幌の「ジャフ70ホール」から旅してきた「大黒座」の35ミリの映写機(1955年製)は、そのまま残っています。
そして、なんとデジタル化もしたので、この頃はラインナップも充実しているし、早い時期に掛かるようになりました!

237 ラ・ラ・ランド.jpg

わざわざ3時間もかけて札幌に行かなくても大丈夫!
話題作が見られますよ~!
なんと、今なら片淵須直監督の 『この世界の片隅に』 と 『マイマイ新子と千年の魔法』 の併映なんて、贅沢なことになっています。

238 幕が上がる.jpg

「ももいろクローバーZ」の『幕が上がる』は劇場最後の上映ということで、秘密裏に「ももいろクローバーZ」のメンバー二人が挨拶に来たという話は有名(?)です。
当日の朝まで秘密にしていたにも関わらず情報が公開になると「大黒座」に大行列ができて、三上家の皆さんは入れない人が居たら気の毒だと気を揉んだそうです。
ポスターにサインがあります。ももクロの知識がなくてすみません!

239 雪景色.jpg

「サンピアザ劇場」のある新札幌はこのような雪景色でしたが、太平洋に面している浦河は雪はなく、春のような気配に包まれていました。

232 浦河港.jpg

浦河港近くの景色。
同じ北海道とは思えない雪のない浦河です。

日に日に植物が変化するのでたくさん写真を撮っていますが、ひとまず北海道の報告を先にしようと思っています。
「大黒座」のような家族経営の小さな映画館はもう数えるほどでしょう。でも、昔流の表現をすれば「大黒座」は「封切館」なのです。だから、小さくても「ミニシアター」ではありません。
ゴールデンウイーク辺りに浦河では桜が咲くと思います。
その頃から秋まで美しい景色とともに「大黒座」を訪ね、映画を見るという贅沢はいかがでしょう?