So-net無料ブログ作成
検索選択

東石楠花の花も終わりに・・・    [庭の植物たち]

寒い寒い冬の間から蕾ができて、花を咲かせる準備をする「東石楠花」
でも、その花もしぼんで終わりを迎えています。

424  東石楠花 .jpg

3月頃になると、小さかった蕾も膨らんできます。
こうなると、日々の変化が急速になります。

435  東石楠花 .jpg

この写真では薄いピンク色の蕾に見えますが、もっと濃い色をしています。
「ここに居ます!」とばかりに存在を主張する感じ!

436  東石楠花 .jpg

蕾が開き始めるとピンク色がどんどん薄くなってゆきます。

437  東石楠花 .jpg

そして、満開になると白い花に!
日を受けて、風に揺れて・・・と、色々な表情を楽しませてくれました。

ほとんどの花がしぼんでしまったので、玄関脇から横の細い道へ移動しました。
夏の間の定位置です。
半日、日が当たり、風通しの良い、この場所があっているのだと思います。
花の後はゆっくり休んで、来年もまたたくさん花を咲かせてほしいと願っています。

今日は気分転換に「菊」の植え替えをする予定が、気になって仕方がないので、朝から「菊」の植え替えをしました(笑)
4鉢を5鉢に植え替えて、昨日購入してきた土がなくなってしまいました。
まぁ、想定内のことだったのですが、「嵯峨菊」などの「和菊」はそのままになっていきます。
摘芯を先にする? などと迷っています。

昨年、挿し芽をして増やした鉢は丁寧に枯れた葉や古い茎を切るなどするだけで、植え替えはしないでよいかな? と思っています。
まだまだ、「菊」の鉢がたくさん残っているので、同じ花は処分することも考えています。

キャプチャーもコツコツと進めています。
明日はヨーガの日。午後の時間を有効活用したいと思っています。