So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月18日| 2017年05月19日 |- ブログトップ

カタクリの種がはじける!    [庭の植物たち]

「カタクリ」の苗を2つ買ったのは7年前のこと。
「ラカンマキ」の下の小さなスペースを「山野草コーナー」にしようと手入れを続けています。
そして、今年初めて「カタクリ」の種がはじけたらしいのです。

524  カタクリ .jpg

毎年、このように小さな種らしきものができるのですが、このまま枯れてしまいます。

525  カタクリ .jpg

今年は2株のうちの1株に、このように大きな種ができました。

526  カタクリ .jpg

冬の間は何もなくなっていた「ラカンマキ」の下は、今はこのように緑が溢れています。
「水引草」 「二人静」 「イカリソウ」 「黒百合」 「エビネラン」・・・。
緑に隠れるようにできた小さな種がだんだん色づきました。

527  カタクリ .jpg

葉をどかしてみると、葉はもうなくなっていて、このような状態になっていました。
もう一つの株は完全に姿を消しています。
夏の間、せっせと土の中で栄養を補充するのだと思います。

528  カタクリ .jpg

随分黄色くなってきたので、そっと、様子を見てみると、すでにはじけてた後らしい・・・。

529  カタクリ .jpg

数日後、切り取って観察してみました。
どうも種は3つに分かれているようです。
こびりついているゴマより小さい粒状のものが種なのか、ゴミなのか、分かりません。
そして、種がどこに落ちたのかも分かりません。
芽を出してくれるのかな?
芽を出したとしても、花を咲かせるまで10年掛かるとか・・・。
見られるのだろうか???

きっと、種のできた「カタクリ」は疲れ果てて、土の中で痩せているのではないかと思います。
来年は花を咲かせないかもしれません・・・。
いつも、春になると、無事に芽を出して花を咲かせてくれるか、心配をするのですが、来年はその心配も大きくなりそうです。
「植物を育てるのは子育てによく似ている」と、父が度々言っていましたが、ハラハラドキドキさせる「カタクリ」は可愛さ抜群です~!

明日から新潟県上越市にある、日本で一番古い映画館「高田世界館」へ行ってきます。
今回は撮影ではなく、若き支配人の上野迪音さんが「高田世界館」でウエディングパーティーを催すのでお祝いに行ってきます。
ということで、数日、ブログの更新・訪問をお休みさせていただきますので、ご了承ください。

2017年05月18日| 2017年05月19日 |- ブログトップ