So-net無料ブログ作成
検索選択

青木の花と青い実    [庭の植物たち]

1年中青々とした葉を茂らせることから「青木」という名が付いたそうですが、春には地味な花を咲かせ、今は青い実を付けています。
次々に花が咲く春に紹介できなかったので、ご紹介します。

766  青木 .jpg

春に紹介しそびれてしまった「青木」の花です。
「青木」は雌雄異株だそうで、実が成る木は雌株です。
別々の場所に植えられている2本の「青木」
実を付けるのは、いつも南側の1本だけなので、こちらが雌株ですね。

767  青木 .jpg

撮影しているのは雄株の「青木」の花。
花びらが4枚で、花びらの間にオシベでしょうか?
花粉らしきものも写っています。

768  青木 .jpg

7月の終わりに撮った「青木」です。
緑色の小さな実ができています。
冬になると真っ赤な実になりますが、早い時期から実が成っていることが分かります。

赤い実というと冬のイメージですが、じつは夏から準備を進めている植物が多く、春に咲いた花も種ができているのに気づきます。

次男家族に会うために8月の下旬からサンノゼへ出かけるのですが、いくつか買い物を頼まれていて、一番苦労しているのが「ジャポニカ学習帳」です。
この頃、町に文房具屋さんを見かけないなぁ~と思って、「そごう」のロフトへ行ってみました。「ジャポニカ学習帳」自体は少し置かれていましたが、求める種類のものはありませんでした。
その次は「そごう」の中の本屋さんへ行ってみました。町の本屋さんと違って文具は扱っていないということでした。あら、まぁ! 買い物難民になってしまいました!

そして、今日はイオンショッピングモールへ自転で行ってみました。
ウロウロしましたが、15マスのこくごのノートを買うことができましたが、作文帳120文字というのはありませんでした。ノートひとつ買うのも大変な世の中になってしまったのか、私自身の生活力が低下しているのか・・・。

今日もキャプチャー作業をしました。
今時テープで撮影している人も少ないと思いますが、40分テープ4本分、職人としての拘りや時代とともに変化した上映事情などをお話しくださいました。
大抵の方は1時間~1時間半位でインタビューが終わるのですが、長くても中身の濃いインタビューでパンフレットに生かしたいと思っています。

nice!(25)  コメント(4)