So-net無料ブログ作成

お盆のお客様?カマキリ    [小心翼翼]

小学6年生の春から、私は母方の祖母と一緒に暮らすようになりました。
その祖母の思い出です。

皆さんは「スイッチョン」を、ご存じですか?
「ウマオイ」というのが正式名称らしいのですが、祖母も私も「スイッチョン」で通じていました。
祖母は京都出身で、私は埼玉出身です。

祖母がお盆の頃になると「あっ、今年もスイッチョンが来た」とニコニコするのです。
そして、「今年もおじいちゃんが会いに来てくれた」 「私は元気ですよ」と、「スイッチョン」に話しかけていたのです。

783  カマキリ .jpg

お盆の数日前、玄関で遭遇した「カマキリ」
しかも玄関の中に入っていたので「きみ~! きみは何処から入ったのですか?」と、一瞬たじろいで、タオルで覆うようにして捕まえ、玄関脇の「シュロガヤツリ」の上に放したのです。
子供の頃は「カマキリ」を素手で捕まえることができて、ちょっと鼻高々だったのですが、さすがに素手では捕まえられませんでした。

「カマキリ」が誰かに成り代わって、お盆に会いに来てくれたとは思えませんが、祖母と暮らしていた頃は同じ場所に「スイッチョン」が居たのだなぁ~と思いました。
実家に戻って10年。「スイッチョン」の鳴き声を聞いていません。

今日は気分転換と実用も兼ねて、階段と縁側や台所のワックスかけをしました。
綺麗になったところで、仏さまをお寺までお迎えに行きました。

よく祖母と一緒に提灯を持って出掛けたことを思い出します。今の私よりは少し年上だったと思うのですが、祖母は元気にお寺まで歩いていました。
ちなみに今日の私は自転車でした。
その後、膝に水が溜まって痛くて歩くのが大変になった頃には、母と姉と一緒に迎えに行ったような気がするのですが、はっきり覚えているのは祖母と二人だった時のことです。
色々な話をしてくれて、それがとっても楽しかったのです。

お盆と言っても、仏さまがある家とない家では随分過ごし方も異なることでしょう。
仏さまを出迎えたとはいえ、一人なので適当に手抜きをしながらもてなそうと思っています。
今日ある命が綿々と繋がってきた命であることに感謝して!

nice!(22)  コメント(4)