So-net無料ブログ作成
検索選択
庭の植物たち ブログトップ
前の20件 | -

やっとボケの花が咲き始めました!    [庭の植物たち]

ご近所の真っ赤な「ボケ」は満開になっているのに、なかなか咲かなかった我が家の「ボケ」
蕾が膨らんだ状態が続いていましたが、本日、開花です!

223  ボケ .jpg

我が家の「ボケ」の木は、赤い花、混色の花、白い花の3つが咲きます。
この頃はよく見かけるようになりましたが、父が買い求めた頃は新品種だったそうです。

222  ボケ .jpg

混色の花はピンクが滲むような色をしていて、とても可愛い!

221  ボケ .jpg

赤い花は存在感たっぷり!
でも数は少ない。

『姫と王子たち 0歳から100歳まで』の札幌サンピアザ劇場の上映は3月25日(土)なのですが、前倒しで明日から札幌入りします。
せっかく札幌へ行くので「シアター・キノ」で映画を見て、『小さな町の小さな映画館』の撮影でお世話になった方が最近開店された「まちのやぎや」で美味しい物を食べて・・・と、てんこ盛りの計画を立てています。

長いお付き合いとなった浦河へも寄り道をします。会いたい人がいっぱいいるうえ、「大黒座」で映画を見るのは勿論のこと、どう効率よく動くか、頭の中がグルグルしています。
日高本線が不通になっているので、車の運転のできない私は高速バスと公共のバスと徒歩が移動方法になります。
以前、「浦河の町を歩いているのはべてるのメンバーか森田さんくらいだべさ」と言われたことがありますが、本当に歩いている人が少ないので目立つのです。

留守中に「カタクリ」が咲き、「ゆすら梅」も咲き終わってしまいそうな気がします。
一番庭の変化が豊かな時に留守にするのはとても残念ですが、仕方がりませんね。
留守中の水遣りはお隣さんにお願いして出かけます。

札幌サンピアザ劇場」での『姫と王子たち 0歳から100歳まで』の上映情報はこちら↓
http://harunoumi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-08
2017年3月25日 12:00~  14:30~  です!

という訳で暫くブログの更新・訪問はお休みになります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

姫立金花の花が咲きました!    [庭の植物たち]

可愛い花が輝くように咲く「姫立金花」
姫=小さい・立=立つように・金=金色の・花・と文字通りの花が咲きます。

217  姫立金花 .jpg

地植えがほとんどですが、時々欲しいという方に差し上げるために小さな鉢植えもあります。
植物好きの方は物々交換を好まれるので!

218  姫立金花 .jpg

艶々ピカピカに光っている花。
春の日差しに輝きを増し、その小さな花が目に飛び込んでくるような印象を受けます。
「姫立金花」が咲くと、いよいよ春本番!と私は思います。

今日はいつもの「水曜ヨーガ」へ。
その後、東京駅に出て「三菱一号館美術館」の気になっていた「オルセーのナビ派展」へ。
「ナビ」とはヘブライ語で「預言者」という意味だそうです。そんな知識もないままに出掛けました。
19世紀末のパリで結成された若い芸術家グループ「ナビ派」。
知らない作家ばかりなので、一人一人の説明がとても参考になりました。

219  ナビ派.jpg

絵を描くということは手を動かし集中して根を詰める作業。その反動で芸術に関してあれこれ意見を戦わせたのかなぁ~などと思いながら作品を鑑賞しました。あれこれ冒険もしたい!が、伝統にも一目置かざるを得ない・・・そんな逡巡があったに違いないとも思いました。
今なら当たり前の身近な人の日常を描くことも、当時は挑戦的なことだったようです。

「オルセーのナビ派展」は、「三菱一号館美術館」で5月21日まで。
平日の午後だったこともあるとは思うのですが、ゆったりと鑑賞できました。

カタクリの芽が顔を出しました!    [庭の植物たち]

「カタクリ」の芽かな?
「黒百合」の芽かな?
「イカリソウ」の芽かな? 
と、楽しい観察が続いていましたが、今日は雨になってしまいました。

215  カタクリ .jpg

3月16日に見つけた「カタクリ」の芽。
ほんの少し土の上に顔を出しました~!

216  カタクリ .jpg

4日後の3月20日の「カタクリ」の芽です。
しっかり蕾を抱いています。
今年も何とか咲いてくれそうです。嬉しいなぁ~!
「カタクリ」は葉に包まれるように蕾ができます。
葉が伸びると蕾も成長して開花に至ります。
あっという間に変化するので、数日のうちに咲くのではないかと思います。

三寒四温の言葉通り気温のアップダウンが続いていますが、やはり全体的に暖かくなっていますね。庭の植物たちも、あちこちでニョキニョキと芽を出しています。

今日は陶芸サークルの日。雨の中、道具箱を抱えて駅から歩きました。
朝から雨だったので釉薬を掛けるのに必要な物だけしか持たずに出かけたのですが、それでも大きなバッグとショルダーバッグを持って、傘をさしての外出になりました。
今日は釉掛けのみで窯詰めは次回になりました。

雨降りの中ですが、東京では桜の開花宣言が出ました。
基準になるのが「ソメイヨシノ」なので、開花宣言の1番手は東京のことが多いですね。
満開は4月の初めでしょうか? 開花宣言の後の気温で満開になる日も変わることでしょう。
あと何回桜を愛でることができるか分からないので、どこかでお花見をしたいと思っています。

雪割草が満開に!    [庭の植物たち]

小さな小さな花なので“満開”という言葉は合わないような気もするのですが、「雪割草」の花が満開を迎えています!
今年、咲いたのは3株です。

210  雪割草 .jpg

一番最初に咲いたのは白い花。
オシベは紫色をしています。

211  雪割草 .jpg

次に咲いたのはピンクの花。
淡いピンク色の花びらで、オシベもピンク色をしています。

212  雪割草 .jpg

最後に咲いたのは赤い花。
蕾の時から可愛い!

213  雪割草 .jpg

赤い花は1株で3つ咲いています。

214  雪割草 .jpg

赤い花びらでオシベは白。
「雪割草」の花は1.5㎝くらいの小さい花です。
でも、花の少ない時期なのでとても目を引く力を持っています。

最初に咲いた白い花はもう少しで花びらが落ちそうな気配です。
自然と種がこぼれて、たまに実生の株が育つので、いつもそのままの状態にしています。
小さな小さな実生の芽はなかなか成長しませんが、いつか花を咲かせてくれるのではないかと楽しみに待っています。

今日は気分転換に美容院へ。
卒業式、入学式シーズンなので美容院はとても忙しいのだそうです。いつも担当してくれる美容師さんもお子さんの卒園式が数日前にあったばかりだそうです。結婚する前から担当してくれているので、思わず「早いねぇ~」と二人で頷きあってしまいました。久々にバッサリ短くしました。

岩ヤツデの蕾は顔を出す    [庭の植物たち]

冬の間はゴツゴツした岩のような状態になっている「岩ヤツデ」
いよいよ蕾が顔を出しました!

207  岩ヤツデ .jpg

黒い岩の塊のようだった「岩ヤツデ」にピンク色の部分が見えるようになるとワクワクします。
この後、蕾は日に日に急成長してゆきます。

209  岩ヤツデ .jpg

小さな蕾がギュウギュウ詰めの状態になっています。

208  岩ヤツデ .jpg

粒状に見える蕾は光の方向に伸びようとしているみたい!
グングン成長して小さな花がたくさん咲きます。
暫く楽しい観察が続きます。

今日は夫の13回忌で浅草のお寺へ。地元の小さなお寺はたくさんの方が家族連れでお参りに来ていて、挨拶を交わす方も多くて下町の雰囲気を感じました。
早いもので夫が亡くなってから12年経ちました。3月に夫が亡くなり、8月に父が亡くなり、翌々年の4月に母が亡くなるという大変なことになり、2年1ヶ月の間に3つのお葬式を出しました。
「ああ、これで次のお葬式ではバタバタしないですむかも・・・」と思ったら、次は自分の番? 笑い話のようですが、経験を積めないのがお葬式なのでしょうね。義理の母も、義弟も、元気な様子だったことが何よりでした。
帰りは上野公園の桜をちらっと眺めて帰ってきました。

君子蘭の蕾    [庭の植物たち]

「君子蘭」の蕾が、この暖かさのためか、日照時間が伸びたせいか、ぐんと成長しています。
「君子蘭」の蕾ができたことを報告したのは3月4日のブログでした。
葉の間からやっと顔を出している状態でしたが、グングン成長しています。

206  君子蘭 .jpg

今年は一つしか蕾ができなかったうえ、蕾自体も小さく花数も少なめです。
でも、ぐんと伸びてきました。
この力強い感じが「君子蘭」の魅力ですね。

205  エンゼルランプ .jpg

2階の箪笥や本箱の上は、このように植物が並んでいます。
ここで受け皿を全部使ってしまっています。

“暑さ寒さも彼岸まで”という言葉もありますから、もう少し暖かくなったら外に出せるようになると思います。ペンキ塗りをした木製のラックも活躍してくれることでしょう。
「エンゼルランプ」の花ももう終わりですね。

今日は「お彼岸」ということもあって、姉夫婦が訪ねてくれました。少しお喋りをして、姉の嫁ぎ先が大本家ということもあって慌ただしく帰っていきました。

その後、私は気になっていた「夏萩」と「江戸ススキ」の植え替えをしました。
大きな重い鉢に 「夏萩」 「江戸ススキ」 「野紺菊」 が植わっていたのですが、重くて動かすのが大変になってきたので「夏萩」と「江戸ススキ」を分けて植えようと思いました。
「よっこらしょ!」掛け声を掛けて[わーい(嬉しい顔)]大きな鉢を運び出し、更に鉢から「夏萩」などを抜き、そして、根をほどく作業をしました。
無事に元気にそれぞれの鉢で成長してくれますように!

ショウジョウバカマの蕾を発見!    [庭の植物たち]

昨日は真冬のような寒さだったのに、今日は朝からきれいに晴れあがって、春だなぁ~と思わず呟いてしまいました。
全国的に晴れだったようですね。

198  ショウジョウバカマ .jpg

いつものように水遣りをしていて気が付いた「ショウジョウバカマ」の蕾です。
1年中、葉は丸い円を描くように広がっています。
今の時期に中心にできるのが、蕾なのか、葉の芽なのか、判断はつきません。
はじけるようにして中からピンク色が見えたら蕾です!

199  ショウジョウバカマ .jpg

小さな花が集合したように咲く「ショウジョウバカマ」
中国の想像上の動物 「猩々(しょうじょう)」 は、猿に似た動物でお酒を飲んだ時のように赤い顔をしているらしい。その赤さが花の色に似ていることと葉を袴に見立てて「ショウジョウバカマ」となったそうです。
ちょっと不思議な花が咲きますので、お楽しみに!

201  テントウムシ .jpg

そして、なんと「テントウムシ」ともご対面しました!
冬の寒い間、どこでどうやって過ごしていたのでしょう・・・。話すことができるなら、聞いてみたいと思いました。
寒さのせいか、動かないので、そっとしておきました。
また、いつか会えるでしょうか?

今日は息子から使わなくなった木製のラックを貰ったのでペンキ塗りをしました。
2階のベランダに置いて、どんどん増える植木鉢を置こうと考えたのです。水遣りをするので耐水性のペンキを塗って、少しでも腐食を止められれば・・・という発想です。
小さなペンキ缶を購入し、百円ショップで買った刷毛と空き缶を使って作業をしました。
組み立ててからペンキを塗ったので塗れなかった部分もありますが、まぁ、私が一人でやるペンキ塗りはこんなものでしょう[わーい(嬉しい顔)]

ヒマラヤ雪ノ下が咲く    [庭の植物たち]

3月3日のブログで蕾を発見したことを報告した「ヒマラヤ雪ノ下」
その後、順調に蕾が成長して花が咲いています!
そして、少し遅れて3つ目の蕾もできました。

197  ヒマラヤ雪ノ下 .jpg

今日は冬に逆戻りしたかのようさ寒さで、朝は雨がぱらついていました。
数日は布製のコートを着ていましたが、今日はモコモコのダウンジャケットに逆戻りです。
そんな寒さの中でも花を咲かせていました。

196  ヒマラヤ雪ノ下 .jpg

まだまだ花が開いて花茎の部分も伸びると思います。
冬景色の庭の中で「ヒマラヤ雪ノ下」の花の咲いているところだけ春の感じです。
もう一つの蕾はやっと頭を持ち上げてきた感じなので、3つ揃って咲くのはまだまだ先のことになりそうです。

今日はいつもの「水曜ヨーガ」の日でした。
60代70代の方が中心のヨーガサークルですが、最近若い方が参加してくださるようになって、なんとなく若やいだ雰囲気になっています。皆さんの笑顔が多くなった感じで嬉しいです。

呼吸法もできるだけ行うようにしているのですが、「片鼻呼吸が花粉症の方に効果がある」という話になりました。鼻が通るのでご自宅でも「片鼻呼吸」をするようにしていたら、あんなに苦しかった鼻づまりが改善されたというのです。
私自身も「花粉症」が悪化しないのはヨーガのお陰かもしれない!と思いました。

キルサンタスを植える    [庭の植物たち]

球根を掘り出して乾かしていた「キルタンサス」を植えることにしました。
残っている葉はひとつの球根に1~2本という情けない姿をしているのですが、いつまでもこのままにしておくわけにもいかないと思ったのです。

191  キルサンタス .jpg

小さな球根は処分することにして、大きめの球根だけを残しました。
それでもこんなにたくさん残りました。
今まで植えられていた楕円形の鉢と丸い鉢に植えて、後は地植えをしました。
来年の冬、花を咲かせてくれることを祈って!

124  キルタンサス .jpg

掘り出した時はこのような状態でした。
乾燥させて、自然と分球するようにしたのは良かったのではないか・・・と思っています。

今日は忘れては大変なので、少し早いけれど札幌に上映素材などを発送しました。
一緒にお世話になった方へのお礼状などを書いて午前中が終わり、午後から郵便局・銀行・百円ショップなどへ出かけました。

裏の道に父が作った柵があるのですが、木製の丸太が腐食してきたのでなんとかしようと考えていました。百円ショップで柵を見つけたのでまとめ買いをしました。うまくいくかどうか分かりませんが、暖かい日にチャレンジしてみようと思います。

192  ミニ水仙 .jpg

今日の「ミニ水仙」です。
下向きに咲く姿は「水仙」の逸話を思い出させますね。
水に写る自分の姿に恋をして眺め続けるナルキッソス! 
確かに「水仙」は水面を眺める人の姿のように見えますね。

ミニ水仙が咲く    [庭の植物たち]

春の気配を感じるようになって、早速、「ミニ水仙」の花が咲きました。
鉢植えの球根を掘り出して、残った大きめの球根を昨年地植えしたら、なんと花が咲きました。
鉢植えの方はまだ蕾さえ出ていません・・・。

189 ミニ水仙 .jpg

蕾が色付いてきたので、いつ咲くかなぁ~と観察を続けていました。
12~3センチの小さな「ミニ水仙」です。

190 ミニ水仙 .jpg

今朝の「ミニ水仙」です。
黄色の小さな花が開花し始めました。
左隣に写っているのは「西洋水仙」の葉で、倍くらいの丈に成長します。
こちらはまだ成長段階で蕾らしきものは見当たりません。

今日は発送作業などをして過ごしました。
たまにですが、まだ『旅する映写機』のDVDやパンフレットのネット注文が入ります。
Facebookの「いいね!」も時々頂くので、作品が完成してからほとんどブログの更新もしまいままになっているのですが、気にかけてくださる方、気付いてくださる方がおられるのだと思って元気を頂いています。いよいよ、次回作に取り組みます!

明日から素材の取り込み作業を始めようと思っています。
今週はお彼岸があり、法事がありと、いろいろ予定が入っているのですが、その隙間でこつこつと作業をしようと思っています。

アジサイの新芽    [庭の植物たち]

「アジサイ」の新芽が出始めました。
道に溢れるように咲くので、毎年、大胆に切り詰めています。
去年は今までで一番小さくしたのですが、しっかり新芽が出始めました。

186  アジサイ .jpg

「斑入りアジサイ」の新芽です。
白い斑が入っていて、しかも周りが紫色になるので、まるで花のように見える新芽です。
毎年、美しいなぁ~と眺めています。

187  アジサイ .jpg

大胆に切り詰めた関係でしょうか、根元からも新芽が出ています。

188  アジサイ .jpg

ちょっとした花の風情の新芽。

だんだん日が長くなって、朝晩はまだまだ寒いけれど春の気配になってきました。
植物たちもいそいそしている感じです。

「アジサイ」は地植えの「西洋アジサイ」と鉢植えの「山アジサイ」があります。種類もいろいろ育てています。
ご近所の方も「アジサイ」の咲くのを楽しみにしてくださっています。20年以上前のことになると思うのですが、道幅が広がって、その関係で「アジサイ」の位置が道ギリギリになってしまいました。
20年以上の古木になってきたので、少し奥に挿し木をして育てた株を植えて、位置をずらそうと計画しています。
ひとまず、去年は「ウズアジサイ」と「白アジサイ」の株を植えて、無事に根付いたようです。
今年は「斑入りアジサイ」を試してみようと思っています。
少しずつ父の庭から私の庭に変化しています。

クリスマスローズの種の採取準備    [庭の植物たち]

昨日ご紹介した「クリスマスローズ」はなんとも魅力的な色をしていて八重咲きでしたが、もう1種類の「クリスマスローズ」は色は白で一重! 
シンプルこの上ないのです。

184  クリスマスローズ .jpg

二つ目の花が咲いたところ。
同じ「クリスマスローズ」でも随分印象が違いますね。

185  クリスマスローズ .jpg

2つ目の花にも種ができました。
実生に挑戦しようと思っているので、他の花の咲いていなかった時期に種ができた最初の花の種を採取しようと思い、2つ目の花はかわいそうですが切ってしまいました。

種を採取する時は、他の花は咲ききった(色が変わった)時点で切った方がよいとのことなので、その通りにしてみました。だんだん種も完熟に向かっているようなので、百円ショップで購入してきた「お茶パック」をかぶせるタイミングを見ています。
そろそろ被せても良いのかな? はじけて種が飛んでしまったら失敗ですから・・・。

午前中は病院の付き添い。
病院というのは行くだけで疲れる場所ですね。エネルギーを吸い取られるみたいな感じがします。自宅に戻ってぐったり! 

少し休憩をしてから、パソコンの中に保存したままになっていた以前編集したプログラムを削除しようと思い、削除する前にちょっと見てみようか・・・なんて思って、延々と見てしまいました。
いや~! 久しぶりに見ると面白い[わーい(嬉しい顔)] 井上堯之さんのライブなんて、本当にステキで一気に見てしまいました。シャベリもうまいし、歌も、ギターも、アレンジもステキなのだから飽きるはずがない。関係者のみに差し上げたのですが、ちゃんと編集し、歌のタイトルや背景などを文字情報で入れて、無料の仕事なのによくやっているなぁ~と自画自賛!
実はそんな幻の作品がたくさんあるのです[手(チョキ)] 

クリスマスローズが咲き始めました!    [庭の植物たち]

友人がプレゼントしてくれた「クリスマスローズ」
頂いた時は満開の状態で、あれから3年目。
今年も元気にたくさん蕾が付いています。

181  クリスマスローズ .jpg

蕾は10個以上ありそうです。
頂いてから一度も植え替えをしていないので、今年は植え替え時かな・・・と思っています。

182  クリスマスローズ .jpg

「クリスマスローズ」は下向きに花が咲きます。

183  クリスマスローズ .jpg

どうなっているのか、ちょっと失礼して撮影してみました。
花びらの内側は白ぽく、オシベは黄色、メシベはくるりとしています。
頂いた時は部屋の中に置いていましたが、寒さに強いとのことだったので今は外に置いています。

今日は家事を片付けた後は、あれこれ編集の準備の準備。
一人作戦会議をしていました。ああだこうだと悩んでいるより、始めてしまえば動き出すとは思うのですが、重い腰が上がりません。

風邪のために手抜きをしていたヨーガもゆるゆるといつものヨーガに戻し始めています。
今年は花粉症がいつもより長引いていて、それが風邪がスッキリしない理由の一つかな・・・とも思っています。いつもは2月に入るとすぐに花粉症の症状が出て、徐々に耐性が付くらしく3月に入る頃には治まっているのです。
スギ花粉に反応される方はこれからが大変な時期ですね。どうぞ、お大事に!

ニリンソウの芽が出た!    [庭の植物たち]

2015年9月に植え替えをした「ニリンソウ」
翌年、芽は出たけれど花が咲かないまま葉が枯れてしまいました。
今年はどうなるか、もう枯れておしまいか、と心配していたのですが、芽が出ました。

179 二輪草.jpg

芽が出た「ニリンソウ」
元々はご近所さんから頂きました!
今年は元気に花を咲かせてくれるかな?

「ニリンソウ」の植え替えの様子はこちらのブログ↓
http://harunoumi.blog.so-net.ne.jp/2015-09-01

今日は「陶芸サークル」の日でした。
前回、「本焼き」の窯詰めがうまくいって、一窯分には少ないということで、予定を変更して「素焼き」の窯詰めと「素焼き」の作業をしました。
「素焼き」は重ねることができるしギュウギュウに詰めて焼くことができるので、素焼き1窯分で本焼き2窯分というのがおおよその目安なのですが、今回は追加の素焼きをして、前回の残り+今回の分で「本焼き」をすることになりました。
ということで、お昼に出掛けて自宅に戻れたのは7時過ぎ。それでも、皆さんより一足先に帰らせていただきました。明日はいつもの「水曜ヨーガ」の日です。

フリージアの蕾    [庭の植物たち]

蕾ができた「フリージア」を玄関脇に移動したと、昨日のブログに書きましたが、今日はその「フリージア」の蕾を紹介したいと思います。

177  フリージア .jpg

葉の間からちょっとだけ顔を出していた「フリージア」の蕾も、ずいぶん大きくなりました。

自宅で咲く「フリージア」は、お花屋さんで切り花で買った時に比べると、とても香りが強い!
一輪挿しておくと、部屋の中に香って幸せな気持ちで過ごせます。

178  フリージア .jpg

蕾に可愛い模様ができています。
「赤」か「紫」の花が咲くのではないかと思います。

実家にあったのは真っ白は「フリージア」でした。
私が育てていたのは「混色」として購入した球根だったので、黄色、赤、紫、と色々な色が混ざって咲いていました。そこで、白と混色と、交互に植え替えをしています。
毎年たくさん咲くので楽しみにしています。

午後から雨という予報でしたが、夕方ほんの少し土が湿るくらい降っただけでした。
今日も水遣りの前と後で庭をウオッチング!
「雪割草」はピンク色の花もひらいて、3つ小さな花が揺れています。

編集作業用にパソコンの環境整備をしたり、徐々に日常生活を取り戻しています。
ノートも作って作戦も考えています。前回の編集では撮影素材がSDカードだったので、自動的に1カットずつ取り込まれてしまったのですが、今回はテープなので、適宜名前を付けて保存していかなければなりません。100本以上の素材が回っているので、どう整理するのが分かりやすいのか、求める素材を捜しやすいのか、作戦を考えています。

春を告げる春蘭が咲く    [庭の植物たち]

春を告げるように毎年咲く「春蘭」が咲きました!
小さな蕾が成長して、いつひらくか、楽しみに観察を続けていました。

173  春蘭 .jpg

2月中旬の「春蘭」はこのような状態でした。
とんがり帽子のような蕾は、まだまだとんがった状態でした。

175  春蘭 .jpg

今日の「春蘭」です。
とんがり帽子のつぼみはふっくらとして、顔を起こすようにして花を咲かせます。

174  春蘭 .jpg

葉が邪魔になって思うように撮れません。
その上、横向きに咲いているので分かりづらいのですが、確かに咲いています。

176  春蘭 .jpg

こちらの春蘭は、まだまだ緑色をしていて、開き方も途中までという感じです。
更に開いて、白くなったらぐんと花らしくなります。
と言っても、「春蘭」は目立たない花なので、よく観察しないと気づかないと思います。

「春蘭」が咲くと、あっという間にあちこちで蕾が膨らんだり、芽が出たりして、写真を撮るのが忙しくて楽しい季節になります。

2階のベランダで蕾を持ち始めた「フリージア」を玄関脇に移動しました。
玄関脇からは菊を2階のベランダへ。フリージアが咲き始めると、とても良い香りがするので、玄関脇に置けば、香りの出迎えを受けられます。これは嬉しいでお出迎えなのです。
暖かさに誘われて少し庭の手入れなどができました。まだ、風邪のクスリは飲んでいますが、もう少しで日常生活に戻れそうです。

君子蘭に蕾ができました!    [庭の植物たち]

冬の間は縁側に置いている「君子蘭」に蕾ができました。
今のところ、蕾は一つ。
慎重に観察してみたけれど、今年は一つで終わりそうです。

170  君子蘭 .jpg

屋根のある場所に置くのであれば、ギリギリ室外で育てることもできると思うのですが、適当な置く場所がないので、冬の間が縁側置いています。
暖かい分、花の時期が早くなります。

171  君子蘭 .jpg

あまり元気が良さそうに見えない蕾。
この「君子蘭」は、父が私の従姉の連れ合いに頂いて、株分けしたものを私が貰って育て実家に持って戻った、その子供の株です。
親株はダメになってしまいましたが、息子が小学校入学の時に花を咲かせてから、ずっと我が家では春になると「君子蘭」が咲いています。

172  君子蘭 .jpg

この「君子蘭」は株が二つに分かれてしまったようです。
土の上に根がはみ出すようになっていますから、鉢の中が根だらけの状態でしょう。今年は植え替えてあげないと、来年花を咲かせないかもしれません。
株分けして、5鉢にするか、1株処分するか、悩ましい!

166  黄梅 .jpg

今日は青空に「黄梅」が栄え、とてもきれいでした。

植え替えようと思っている「夏萩」と「江戸ススキ」の鉢を出してみました。
重くて動かすのも大変な鉢なので、別々にしようと思っています。植え替えに失敗して枯らすことが多いので、いつ植え替えをしようか思案中です。

ヒマラヤ雪ノ下の蕾を発見!    [庭の植物たち]

お隣と我が家の間に2メートルほどの細い通路があって、お互いに植物を植えて楽しんでいます。
「ヒマラヤ雪ノ下」が道の方へ大きく飛び出してしまったので、昨年大胆に切り詰めました。
今年は蕾ができないなぁ~と思っていたら発見しました!

167  ヒマラヤ雪ノ下 .jpg

小さな蕾を発見してワクワク!
「ヒマラヤ雪ノ下」は蕾から満開になるまで、長い間、花を楽しむことができます。

168  ヒマラヤ雪ノ下 .jpg

今のところ、蕾は二つ。
昨年切り戻した挿し芽も元気に根付いています。
今年もちょっと伸び過ぎの「ヒマラヤ雪ノ下」を切り戻して株の形を整えたいと思っています。

169  水仙 .jpg

「ヒマラヤ雪ノ下」の隣に植わっている「水仙」も、恵みの雨を受けて葉がイキイキとしています。
去年は花数が少なかったので、今年はたくさん咲くかなぁ~と楽しみにしています。
地植えの「水仙」も、たまには掘り出して植え替えた方が良いのでしょうか?
そのままでよいのかな?

今日は血液検査の結果を聞きに近くのクリニックへ。
ドクターの強い進めて2錠の薬をしっかり飲んで受けた今回の血液検査。見事に悪玉コレステロールの数値が下がっていました。
ドクターは「だから言ったでしょ!」(笑)と言わんばかり。
引っ掛かるのはコレステロール値のみなのです。
「家族性高コレステロール血症」はクスリで下げるしか方法がないそうで、食事療法では下がらないらしい・・・。紹介を受けて、自治医大で遺伝子検査を受けてみることにしました。クスリを飲みたくない私とドクターの攻防はまだまだ続く!
9歳の時に実母が亡くなっているので母方の遺伝情報がほとんどないこともあって、「脂質異常症のDNA解析」を受けてみることにしました。
風邪も長引いているので、不本意ながら風邪のクスリも処方してもらいました。
そろそろ元気になりたい!


恵みの雨    [庭の植物たち]

カラカラ天気が続いて乾燥しきっていた庭に恵みの雨が降っています。
春を迎えようとしている植物たちは、いよいよ動き出そうと冬に間に貯めん混んでいたエネルギーを使おうとしているかのような気配!

163  ホトトギス .jpg

「ホトトギス」の芽です。
紫色が美しい!
秋に花を咲かせる「ホトトギス」ですが、芽を出すのは春で夏を越えて花を咲かせます。

164  ホタルブクロ .jpg

こちらは「ホタルブクロ」の芽。
やはり中心の茎の辺りは紫色です。
茶色の茎は去年の茎で、地下茎で増えるので親株の傍に芽を出します。
「ホタルブクロ」が咲き始めるのは5月頃からで、花殻摘みをすると長い間花を咲かせて楽しませてくれます。

この恵みの雨で「水仙」の芽はぐんと伸びるでしょうし、これから芽を出そうと準備を整えている植物たちは一斉に芽を出すと思います。
明日は晴れるようなので、庭を観察するのが楽しみです。

165 ラカンマキの下.jpg

10日ほど前に撮った「ラカンマキ」の下のスペース。
1日に1度は水遣りをしているのですが、土がカラカラに乾ききっているのが分かると思います。
右奥に「ショウジョウバカマ」の葉が残っているだけで、後は何もない冬の庭です。

昨日を何とか乗り越えたので、今日も再び休養日です。
以前だったら、ちょっと無理をした勢いで治る! なんてこともあったのですが、そんなことはないのが現実ですね・・・。

実は依頼を受けて製作した『姫と王子たち 0歳から100歳まで』の完成が半年以上も伸びてしまったので、準備を進めていた自主製作作品の計画の立て直しをしなければならず、無意識のうちにそれが重圧になっているようです。
一人で作るのだから、柔軟に考えればよさそうなものを、性格なのでしょうね。それができず、心の奥で悶々としているもう一人の私が居るらしい・・・。それが体調不良の原因???
まずは体力回復! 体調が整えば気力も沸いてくることでしょう。

雪割草が咲く    [庭の植物たち]

庭はカラカラに乾燥しています。
今日は久しぶりに天気予報で[雨]マークが出て、春を迎える植物たちにとっては恵みの雨になる~!と、期待しています。

161  雪割草 .jpg

「雪割草」が咲きました!
小さい花で、まだ咲き始めなので下向きで撮影に苦労しました。
オシベはほんのり紫色! 可愛い花です。
毎年、咲くかなぁ~と心配しています。

162  雪割草 .jpg

こちらは少しピンク色掛かった蕾。
ピンク色の花が数日中に咲くと思います。

160  雪割草 .jpg

「雪割草」はお隣との塀に沿って日陰に植わっています。
分かりにくいと思いますが、全部で6株あります。
右側の小さな株3つは実生で葉が2~3枚の状態が続いています。
植え替えをして枯らしてしまったこともあるので、そっと見守ろうと思っています。
「雪割草」の花は明るくなると開き、暗くなると閉じます。
人間ぽいというか、ついつい「おはよう!」なんて声を掛けたくなります。

いよいよ、庭が春めいてざわつき始めたと感じています。
うっかりすると変化を見過ごしてしまいそう!
丁寧に庭を見るようにしたいと思います。

昨夜は早めに寝たにもかかわらず、何度も何度も目が覚めて、その度にうがいをしてみたり、お白湯を飲んでみたり、熱を測ったり・・・。
喉の痛みも、咳も治まってきたのに、今になって微熱です。
平熱が35.4くらいの私は36.0を越えたら発熱です。37.0は高熱ですね。

今日はヨーガの指導日で休めない!と頑張って出かけました。咳は出なかったので声掛けもアーサナも問題なくできましたが、終わったらどっと疲れてしまいました。
励ましのメッセージに元気を頂いています! ありがとうございます!

前の20件 | - 庭の植物たち ブログトップ