So-net無料ブログ作成
トントンギコギコ ブログトップ

久しぶりに「木削り教室」に参加    [トントンギコギコ]

一時期夢中になってマンションの集会室を借りて催していた「木削り教室」
実家に戻ってしまい、その頃参加していた子供たちも成長し忙しくなってしまったため、開催することがなくなっていました。
その「木削り教室」に、久しぶりに参加してきました。

080 どんぐり珈琲.jpg

開催場所は埼玉県久喜市の「どんぐり珈琲」という自家焙煎をしている喫茶店。
どんぐりのように高い天井が心地良い喫茶店でした。

078  木削り.jpg

いつものように材料の木が並びました。
指導してくださる木削りマイスター滝本YOさんは、日本とロサンゼルスを行ったり来たりしながら「木削りの旅」をしています。
なので、日本の木もあればアメリカの木もあります。

079  木削り.jpg

私が選んだのは「レッドウッド」というアメリカで一番大きくなる木。
しかもヤニが固まって黒くなっている部分があるひねくれ物の木にしました。
ぱっと、この木! と削りたい木が決まるのはよいこと[わーい(嬉しい顔)]
迷い始めたらなかなか決まりません。

あとはひたすら小刀で削ります。私は小刀は左利きなのでマイ小刀を持っています。
「木彫り」と違うのはスプーンにしたいとか、置物にしたいとか、形を目指して削らないこと。
手にした木がなりたい形してあげる、木と対話をしながら削るのが「木削り」です。
木の良い香りに包まれて、少しずつ見えてくる木目に心が奪われました。

そして削り終えたら、紙ヤスリで磨く「木磨き」をします。
ゴツゴツしていた木がツルツルになってゆきます。

081  木削り.jpg

参加した皆さんの作品。
手前から2番目の蜜蝋でベタベタになっているのが私の作品です。

076 木削り.jpg

完成した作品にタイトルを付けます。
木を手にした時から「ことり」というタイトルが浮かんでいました。

077 木削り.jpg

裏側はこのようなになっています。
触り心地の良い、置く時に「コトリ」と音がする「小鳥」の形をした作品です。

082 木玉子.jpg

以前よく削っていた「木玉子」たち。
ひたすら丸く削っていた反動なのか、今回はひねくれた材料に手が伸びました。
「木玉子」は材質によって触り心地が異なり、握っているとなんだかとても心が安らぎます。
久しぶりにYOさんと再会でき、楽しい木削りができて、美味しいコーヒーも飲めて、昨日はよい日になりました!

「どんぐり珈琲」のサイトはこちら↓
http://donguricoffee.com/

木削りマスター滝本YOさんのサイト「ふるさと工房HOME」はこちら↓
http://kikezuri.moo.jp/index.html

nice!(26)  コメント(4) 

花壇の柵を作りかえる    [トントンギコギコ]

足を動かすと痛むので、できる限り動かないようにしています。
なので、庭の植物たちの写真を撮る楽しみもちょっとお預け! 悲しい状況になっています。
そこで以前撮った写真をアップします。

553  垣根 .jpg

お隣との間にある細い道。
几帳面な父が柵というか垣根というか手作りしていました。
実家へ戻った当時は、ぴっしりと真っ直ぐだったのですが、だんだん、結んである紐が傷んできて、いよいよ主になっていた木製丸太が朽ちてきて、このように倒れそうになっていました。

554  垣根 .jpg

気になりつつ、太い丸太を立てるなんでできないし・・・と思っていました。
百円ショップでこの柵を見つけて、「これだ~!」と8枚購入しました。
購入してしばらく、そのままになっていましたが、先日、作業をしました。

555  垣根 .jpg

イメージではもっと簡単に刺さると思っていたのですが、実際には土の中に根が張っていたり、石があったりして、そう簡単には刺さりませんでした。
しかも長さもちょっと不足!
でも、なんとか、このような形になりました。端の部分が斜めなのもご愛嬌!

柵作りに合わせて、少し、植物の整理もしました。
「水仙」を抜いたら大小の球根が塊になって出てきました。
これでは思うように根も張れず、だから今年は花の数が少なかったのかもしれません。

朝10時の約束に合わせて接骨院へ。
先生も到着したばかりという雰囲気でしたが診てくださいました。
青紫の部分は広がっていて腫れていました。
パウダーを塗って湿布にかぶれないようにしてくださって、新しい湿布薬を貼ってくださり、テープで固定し直してくれました。しかも200円! 感謝!

出掛けたついでに牛乳とパンでも買おうと思っていたら、近くの「サンクス」が「ファミリーマート」になるので工事中でした[がく~(落胆した顔)]
そういえば、使えても棚とか全部が入れ替わると言っていたっけ。
親切な店員さんは継続して働けるのかな?
ということで、ドラッグストアまで行って買い物をして戻ってきました。

一番苦労したのは洗濯物を持って階段を上がる時。洗濯物籠を1段上に置いて、1段が上がり、また1段・・・の繰り返し。病気になった時にどんなことが不便で大変なのかのリハーサルですね。
この機会によく勉強しておこうと思います。
いつも夏にテレビの前に置いている籐の椅子に座って、周りの手の届く範囲に色々な物を置いて暮らしています。
皆さんもくれぐれも躓いたりしないようにお気を付けください。

木製のラックにペンキを塗る    [トントンギコギコ]

昨日のペンキ塗りは2階のベランダに新聞を広げて行ったのですが、途中で手袋をしていないことに気付いて、でも今更・・・と諦めました。
服にペンキが付くこともなくうまくいったと思ったのですが、今朝ベランダをよく見ると何ヶ所かペンキの跡が付いていました。

202  ラック .jpg

完成したラックはベランダの一番端に置いてみました。

203  ラック .jpg

サイズ的にはピッタリ収まりました~!
受け皿を置いた方が良いというアドバイスを頂いたのですが、今、部屋の中に入れている植物がたくさんあるので、全部それらに使ってしまって受け皿がありません。
ひとまず仮置きしてみました。

ご覧のようにカンカン照りになるので真夏はどうなのかな?と思っています。
強い日差しが苦手な植物もありますね。
自分では動くことのできない植物を何度も移動させない方が良いというのは私の持論なのですが、年間計画のようなものを考えてみようかな?と思っています。

204  春蘭 .jpg

1番上の段に置いた「春蘭」は満開に近づいています。
今年は花がたくさん咲きました。
去年植え替えをしなかった鉢を今年は植え替えてあげようと思います。

今日は「彼岸の入り」だったので、実家のお寺にお墓参りへ。
お寺の桜が満開で、とてもきれいでした。たくさんの車が並んでいる駐車場の端っこに自転車を止めました。実家と親戚3軒のお墓参りをして感謝の言葉を伝え、お地蔵さまと無縁仏さまには平和へ導いてくださいとお祈りしました。

トントンギコギコ ブログトップ