So-net無料ブログ作成
検索選択

2種類の都忘れ    [庭の植物たち]

我が家に咲いている2種類の「都忘れ」
ひとつは私が買い求めたもので、もう一つはご近所さんから頂いたもの。

478  都忘れ .jpg

2種類の「都忘れ」を少し離して地植えにしています。
手前の色の濃い方が元々我が家にあった「都忘れ」で、奥の淡い色の方が頂いたもの。
頂いた「都忘れ」は丈は高く、花も葉も大きく、確かに「丈夫でどんどん増える」感じです。

476  都忘れ .jpg

私が気に入っているのは濃い色の「都忘れ」
丈は大きくならず、茎は細く、葉も花も小さく、数も少ない。
野の花という印象が強く可憐です。

479  都忘れ .jpg

地植えの濃い色の「都忘れ」アップ。

477  都忘れ .jpg

こちらが淡い色の「都忘れ」のアップ。
違いが分かって頂けるでしょうか?

今日はいつもの水曜ヨーガの日。
朝から雨で気温も低く、怪我で長くお休みしていた方が復帰されたことと、1週お休みだったので、いつもより1回多く「シャバ・アーサナ(屍のポーズ)」をしました。
屍のようにからだ全体の力を緩めるポーズなのですが、簡単そうでなかなか難しい! 私も最初の頃、なかなか緩めることができませんでした。ヨーガは奥が深い!

自宅に戻って、昨日の続きのキャプチャー作業。
インタビューに頷いたり、映画館前の長い行列にワクワクしたり、この感覚を編集に生かすことができたらいいのだろうなぁ~と思っています。

「大黒座」が特集記事になりました!    [映画三昧]

『小さな町の小さな映画館』の主人公、北海道の小さな港町にある小さな映画館「大黒座」が、北海道新聞に「国内屈指の老舗映画館 大黒座の100年」として3回にわたり紹介されました。

画像をクリックしていただければ読めますので、ぜひ、お読みください!
まずは2017年5月2日の記事から、どうぞ!

486  大黒座001.jpg

2017年5月3日の記事。
『小さな町の小さな映画館』にも登場する「大黒座サポーターズクラブ」「大黒座まつり」も紹介されていて、撮影後のデジタル化にも触れています。

485  大黒座002.jpg

2017年5月4日の記事。
私が撮影していていた時には小中学生だった4人のお子さんたちはそれぞれ浦河を離れて暮らしています。映画を見て、初めて両親の気持ちを知ったというようなお話もお聞きしました。親子って、そういう面もあると思います。
誰かが、「大黒座」を継いでくれそうなので、とても嬉しい! 

484  大黒座003.jpg

今日はいよいよ衣替え。
と言っても、私の衣替えは箪笥の抽斗1棹半を入れ替えるだけでの超簡単なもの。
フリースやセーターの入っていた抽斗に半袖のTシャツを入れ替えるだけ。
1番下のGパンなどの入っている抽斗の半分を冬物から夏物に替えるだけ。
後は1年中そのままというか、衣類があまりなのです[わーい(嬉しい顔)]

裏道の整理も少ししました。いよいよ柵を変えようと計画していて、今回はその下準備。
一辺にすると疲れるので数回に分けて整えようと思っています。
まずは古い柵を抜いて、明日、捨てられるようにしました。
仕事も少しはしました・・・。(←言い訳ぽいけれど)

ちょっと似ている? 宝鐸草の花    [庭の植物たち]

昨日ブログで紹介した「フイリアマドコロ」と、ちょっと花が似ている「宝鐸草」
こちらは必ず二つ並んで花を咲かせる仲良しさん!
「黄花宝鐸草」とは随分雰囲気が異なります。

474  宝鐸草 .jpg

まずは二つ並んで咲くところをご覧ください。
緑の葉に白い花という組み合わせは「フイリアマドコロ」によく似ています。

487  宝鐸草 .jpg

これが「宝鐸草」の芽です。
冬に枯れたら切っているのですが、春になると元気に芽を出します。

473  宝鐸草 .jpg

芽が伸びて、葉に包まれている蕾が顔を出してきました。
この時の葉の捻じれるみたいな形がおもしろい!
まるでダンスをしているみたい。

475  宝鐸草 .jpg

たまに大小の差があったり、花の咲く時期がずれたりすることもありますが、ほとんどの花は同じ大きさで仲良く並んで咲きます。
花びらの色が真っ白になったら満開で、数日するとハラハラと花びらが散り始めます。
夏の間は緑の葉を楽しむことができます。

「黄花宝鐸草」のブログはこちら↓
http://harunoumi.blog.so-net.ne.jp/2017-04-29

今日からキャプチャー作業を再開しました。
とは言っても、植え替えたばかりの菊が気になって何度も観察したり、置き場所を考えたり・・・。
要は集中できなかったのです。

今日は旭川の方から、北海道新聞に3日間にわたり特集された『小さな町の小さな映画館』に登場する浦河の「大黒座」の切り抜きが届きました。
北見のブログ仲間・プー太の父さんが教えてくださって知っていたのですが、記事の入手は無理だろうと諦めていました。有難いことに郵送していただいたので、早速スキャンをしてFacebook等にアップしました。
北海道の方は親切な方が多い。
沢山の応援を得て、「大黒座」は来年100歳を迎えます!

フイリアマドコロも咲きました!    [庭の植物たち]

紹介しそびれているうちに花が終わってしまった「フイリアマドコロ」
花は終わっても、斑の入った葉はきれいなままです。

480  フイリアマドコロ .jpg

日を受けて輝く蕾の時の「フイリアマドコロ」です。
「ラカンマキ」の下の小さな山野草スペースの端っこに、いつも芽を出します。

455 フイリアマドコロ.jpg

今年芽を出したのは2本だけ。
花数も少ない状態が続いています。
岩ギリギリで芽を出すので手助けのしようもなく、自然に任せています。

今日は[晴れ]の天気予報だったので、寒がりの私もホットカーペットを片付けることにしました。
ホットカーペットの本体を干して、上下のカーペットを洗濯しました。
ついでに布団も干しました。

午後からは「菊」の植え替えの続き。
自転車で土を買いに行くので、いつも大きな袋1つしか買えないので、前回、半分ぐらいを植え替えたところで土が無くなってしまい、再び買いに行ってきました。

1種類1鉢にしようと思って植え替え作業をしましたが、1鉢しか減りませんでした。
色々な種類の「菊」があるのだなぁ~と、改めて思いました。
父が大切にしていためずらしい「和菊」は枯らしてしまったものもあります。

随分丈の伸びてしまった「菊」もあったのですが、まずは植え替えを優先させました。
落ち着いてきたら摘芯をして、挿し木をして・・・と思っています。

夕方曇ってきて、雷が鳴り出してしまい、パソコンの電源を入れることができませんでした。昨日はまるで夏のような暑さでしたが、この時期に雷雨というもめずらしいと思います。
今は雷も雨も止んでいますが、強い風はまだ吹いています。
皆さんのゴールデンウイークはいかがでしたか?

2017年「メイシネマ祭」無事に終了しました!    [小心翼翼]

「メイシネマ祭」のお手伝いに3日間通っていたので、今日はのんびりしています。
朝早く出掛け夜遅く帰るので雨戸も閉めたまま、水遣りだけはしていましたが留守状態でした。
今日は家の周りの掃き掃除をして、水遣り、洗濯をして、ぼーとしています。

471  ヒメワタスゲ .jpg

「イワチドリ」の奥に植えられていた「ヒメワタスゲ」が気になった方もおられると思います。
繊細な印象の小さな植物です。

472  ヒメワタスゲ .jpg

花が咲いたというのでしょうか、綿の部分がフワフワして大きくなってきました。
「イワチドリ」と一緒に満開! という感じです。

「メイシネマ祭」3日目の朝に上映された 『姫と王子たち 0歳から100歳まで』 を見るために
GWの朝早い時間にわざわざお出掛けくださった皆さま>
ありがとうございました!
人手不足で受付等でバタバタしていて、ご挨拶できないままになってしまった方>
大変失礼申し上げました。

なかなか上映の機会に恵まれなかった作品を見ていただくことができて、ホッとしています。
撮影中も、編集中も、思わず笑顔になっていた作品ですが、今回も見ながら笑顔になりました。
子供たちの笑顔はメチャクチャかわいい! 
医療依存度の高いお子さんを育てている親御さん、支援している医療職、福祉職の皆さんの存在を、知らなかった方も多いと思いますが、皆さんステキです。
見ながら、身近なお子さんの笑顔が浮かんだ方もおられたようです。
また、どこかで見ていただけるチャンスがあれば幸いと思っています。感謝!

イワチドリを頂きました!    [庭の植物たち]

ご近所さんが「イワチドリ」の鉢植えを持って来てくださいました。
お礼に「姫浦島草」を差し上げようと思ったのですが、「足も腰も痛くて、だんだん(植物の)手入れが大変になって、地植えばかりにしているところだから・・・」と丁重に断られてしまいました。

465  イワチドリ .jpg

ご近所さんに頂いた名札付きの「イワチドリ」の鉢です。
小さな芽が7つほど確認できました。
「これだけで植えても良いのだけれど・・・」という説明だった奥の植物は「ヒメワタスゲ」
おもしろい形をしていますね。

466  イワチドリ .jpg

だんだん芽が伸びて、蕾ができ始めました。

469  イワチドリ .jpg

大きさを実感して頂くために50円玉を置いてみました。
並べておけず、手前に置いているので、大きさがあまり分かりませんね[ふらふら]
2,5㎝くらいの丈で、花自体は1㎝未満の小さな世界です。

467  イワチドリ .jpg

次々に花が咲き始めると、なんと可愛いこと!

468  イワチドリ .jpg

最近撮った「イワチドリ」です。
頂いた時の画像と比べてみてください。
葉も多くくなり、花も咲いて、とっても元気です。
小さいけれど、案外丈夫に育ってくれるのかも・・・と思っています。

今日は陶芸サークルの日。
大きなランプシェードに挑戦しています。今日はいよいよ穴開け作業。ポンスという独特の道具があって、それで穴を開けました。今日中に穴を開けないと土が硬くなってしまうと思って、おしゃべりもせず集中して作業をしました。

もう一点、上部を真っ直ぐに切ってあったので、そこを一工夫しました。
紐作りで立ち上げたのですが、自重で全体が下がってしまい高さがが低くなってしまいました。予想外の展開です。曲線を生かしたデザインに拘り完成させたいと思っています。

明日3日~5日まで「メイシネマ祭」が開催されます。
連日、お手伝ため早朝に出掛け深夜帰宅になりますので、ブログの更新と訪問をお休みさせていただきます。どうぞ、ご了承ください!
5月5日10:30~ 新作『姫と王子たち 0歳から100歳まで』の都内初上映があります。
ご都合の付く方は是非お出掛けくださいませ。

たくさん咲いたエビネラン    [庭の植物たち]

昨年もたくさん咲いたのですが、今年もたくさん咲いた「エビネラン」
「ラカンマキ」の下のスペースだけで14も芽が出て、全部、花を咲かせました。

458  エビネラン .jpg

「エビネラン」の芽。
小さな葉に包まれていた蕾がぐんぐんと伸びてきました。
「エビネラン」の葉は冬になっても緑のままです。
春になって新芽が出たら日が良く当たるように古い葉を切っています。

459  エビネラン .jpg

我が家には2種類の「エビネラン」があって、色と花数が違います。
こちらは色の濃い花の咲く「エビネラン」

460  エビネラン .jpg

並んで撮ると、花の色の違いが分かると思います。

462  エビネラン .jpg

毎年先に蕾ができる、色の濃い方の「エビネラン」
花の数もこちらの方が多くて見応えがあります。

464  エビネラン .jpg

色が濃い所が「外花被片」と呼ばれる部分で、花のよう見える所が「唇片(しんべん)」です。

461  エビネラン .jpg

こちらが色の薄い方の「エビネラン」
ちょっとやわらかい印象を受けます。

463  エビネラン .jpg

外花被片は黄緑色に近い淡い色をしています。
花の部分はほとんど同じなのに印象が随分異なります。

花が開いてから暫く咲き続けてくれるので、毎朝、楽しみに眺めています。

午前中手紙を2通書いて、荷造りをして、花の手入れを少ししているうちに、出掛ける時間が近づいてしまい、空模様も怪しくなってきたので、遅れて待たせるよりと今のうちに!と外出。
結局キャプチャー作業は予想通りできませんでした。
でも、2年ぶりに北米在住のまりさんと再会できて、楽しい時間が過ごせたので良い日でした!

オステオスペルマムも咲き続けています!    [庭の植物たち]

舌をかみそうな名前「オステオスペルマム」は、ずっと咲き続けています。
最後に「マム」と付くので品種改良された菊だと思いますが、さらに改良されたのか、不思議な花びらの形をしています。

456  オステオスペルマム .jpg

我が家の「オステオスペルマム」です。
まるでペンチか何かで挟んだように花びらが途中で内側にカールしています。
お花屋さんで見つけて、この形の花びらは1鉢だけだったので3年前くらいに即買いしました。

457  オステオスペルマム .jpg

元々は普通の花びらの形をしていたのでしょう。
先祖帰りして、時々カールしていない花が咲きます。上の方の下向きの花がそれです。
なんだか、笑ってしまいます。
両方とも頑張っているといえば言えるかなぁ・・・。

あれこれやらなければならないことが溜まってしまいプレッシャーを感じた今朝。
こういう日は無理をしないで、優先順位を付けて片付けていくしかありません。

朝のヨーガはさぼらずに行って、朝食を済ませて買い物へ。
百円ショップで「メイシネマ祭」の看板作りの材料を買いました。アイデアのない状態でしたが、時間がないので絵を描くのは無理だと思い、色画用紙やおもしろい折り紙などを購入。

自宅に戻って看板作りをしていました。
いつものことながら、アイデア倒れというか、ぶっけ本番の時間なしなので、思うようにはいきませんでしたが、受付の目隠しという役目は果たしてくれることでしょう。
当日は会場や受付の準備があるので、最近は看板を自宅で作るようにしています。
急ぎの宿題はクリアできましたが、キャプチャー作業はお休みに!
明日は夕方から予定があるので、午前中キャプチャー作業を頑張ろうと思っているのですが、さて、どうなるでしょうか・・・。

黄花宝鐸草も満開に!    [庭の植物たち]

毎年元気に咲く「黄花宝鐸草」は、今年も元気です。
あまり他の場所で見かけたことがないのですが、珍しい植物なのでしょうか?
父の代から地植えのままです。

453  黄花宝鐸草 .jpg

満開を迎えている「黄花宝鐸草」です。
黄色の花は下向き。
花同様に葉の柔らかい緑色が美しく、春を実感する植物です。

452  黄花宝鐸草 .jpg

蕾の頃はこのような感じで上向き!
花が大きくなるにつれ頭を垂れてきます。

454  黄花宝鐸草 .jpg

これで満開!
花びらが開くことはなく、このまま花びらの元気がなくなって枯れてしまいます。

夏の間は緑が濃くなり、秋になると枯れ始めます。
完全に枯れたところで根元から切っています。そして春には新しい芽が出る! という繰り返し。
ほったらかし状態でいます。

今日もキャプチャー作業をしていました。
朝、「急に天候が変化する可能性もある」と天気予報で言っていたのですが、夕方出かけようとしたら空の一部が暗くなっているので予定を変更しました。
少し経つと一時的ですが、パラパラと強い風と一緒に雨が降り出しました。
出掛けなくてよかった!

今日は、鎌倉にある「川喜多映画記念館」の35と16兼用の映写機部分をキャプチャーしました。35から16へ替えていただいたのですが、部品を変えたり、一度電源を落としたりとなかなか厄介な作業をしなければなりません。
でも、説明を聞きながら35と16の違いが良く分かり、本編で使えなかったら特典映像だよなぁ~! いやいや、パンフレットに詳細掲載かなぁ~なんて、思いました。
欲張り取材をしているので入りきれない部分が出ることは確実なんです。
そんなこともぼんやり考えながらキャプチャー作業をしています。

北海道旅行から戻って1ヶ月。休まずにブログの更新ができました\(^o^)/
「メイシネマ祭」が始まると更新できないと思うので、それまでは更新継続を!

元気のなかったニリンソウ    [庭の植物たち]

植え替えをして元気を取り戻したように見えた「ニリンソウ」
葉は元気にたくさん出たのですが、花が2つしか咲きませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]
理由は分かりません・・・。

448  二輪草 .jpg

「ニリンソウ」の花です。二輪咲くので「ニリンソウ」
ちょっと大きめの花が咲いて、その後、一回り小さい花が咲きます。それが仲の良い夫婦のように(?)見えるらしく、歌もありますね。

肥料を好むらしいので、肥料が足らなかったのかもしれません。
ギュウギュウ詰めなのも気になります。
鉢植えと地植えの二つにしてみようかな・・・。

449 黄花カタクリ.jpg

もうひとつ、元気のないのが地植えの「キバナカタクリ」です。
土の中で分球したらしく、1株のはずがたくさんの小さな葉がこんなに出てきました。
そして、残念なことに花は咲きませんでした。

こういう場合は自然に任せた方が良いのか、掘り起こして球根を選別して植え直した方が良いのか、悩んでいます。庭に植えている時点で自然ではないのですから、地植えといえども手を掛けた方が良いのかな? 

450  黒百合 .jpg

もうひとつ、花を咲かせなかった「黒百合」の葉。
元気な葉でしたが、この後、小さな葉が複数脇から出てきたのでこちらも分球したようです。
肥料をあげて球根の成長を図った方が良いのか、思案中です。

今日は病院の付き添いの日。
帰りに「新都心駅」にできた「ヨドバシカメラ」に寄って買い物。これでポイントの有効期限が伸びました。この頃はDVCAMテープでの撮影がなくなったので「ヨドバシカメラ」で買い物をする機会が少なくなっています。