So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

雪割草が満開に!    [庭の植物たち]

「雪割草(ミスミソウ)」が咲いたことは既に報告しましたが、満開になりました~!
それぞれの色の「雪割草」
かわいい小さな花に、毎朝笑顔になっています

355  雪割草 .jpg

「雪割草」はとても小さな花。
でも、なぜか目を引くパワーのある花です。

356  雪割草 .jpg

「雪割草」は全部で4株あって、1株は実生のもの。
花を咲かせない株もありますが、花の色がそれぞれ異なるのも魅力です。

358  雪割草 .jpg

朝、花が閉じている時は花びらの外側は白。
小さな蕾の状態です。
この小さな白い蕾も魅力です。

359  雪割草 .jpg

花の色が違っていても、外側は白。
朝晩は花を閉じて、日を浴びると花が開きます。

357  雪割草 .jpg

お隣の陰になってしまう場所に植えているのですが、午後からは南西の方向から日がちょっと当たるようになります。その日射しを受けて花が開きます。
開花を繰り返しながら、満開の時期が過ぎると花は開いたままになり種ができます。

昨日は浅草のヨーガの勉強会に参加して、墨田公園の開きかけの桜と一緒にスカイツリーを撮りました。今日はある方の偲ぶ会で上野で献杯。ここでも会場に向かう途中の上野恩寵公園で3分咲きの桜を見ました。
「上野恩寵公園」には40種類以上の桜があるので、暫く桜を楽しむことができます。
今日は寒さが戻りましたが、一昨日からの暖かさで一挙に開花したようです。
関東はお花見のシーズン突入ですね。

nice!(27)  コメント(4) 

ショウジョウバカマが咲く    [庭の植物たち]

春めいて庭の植物たちの変化が日々あるので、ワクワクドキドキで過ごしています。
どれを紹介をするのかなんて、悩ましい贅沢な時間を頂いています。

360  ショウジョウバカマ .jpg

「ショウジョウバカマ」の蕾を発見しました~!
3月の初めのことです。

361  ショウジョウバカマ .jpg

「ショウジョウバカマ」は、鉢植えと地植えと両方で育てています。

362  ショウジョウバカマ .jpg

蕾がだんだん花らしくなる時期。
私はこの時期の「ショウジョウバカマ」の蕾が好きです。
オシベの紫が印象的な時期です。

363  ショウジョウバカマ .jpg

「ショウジョウバカマ」は、猩々という架空の動物が酔っぱらっていることが多い猿のような動物で、お酒が大好きで、いつも頬を赤くしていたことから、この名が付いたそうです。

365  ショウジョウバカマ .jpg

名前の言われに異議を唱えるつもりは全くありませんが、酔っ払い云々のくだりにはどうしても異議を唱えたくなります。

364  ショウジョウバカマ .jpg

美しい紫のオシベ、ほんわりとしたピンク色の花! 美しい花です。

今日は浅草のヨーガ勉強会の日でした。
ラッキーなことに、咲き始めた桜と「スカイツリー」を一緒に撮ることができました。
この後、海外からの観光客がどっと押し寄せる桜の季節ですね。

nice!(24)  コメント(3) 

川越スカラ座での上映が決まりました!    [上映情報]

川越と聞いたら、皆さんは何を思い浮かべることでしょう。
関東の方はご存じでも、地方の方は知らない方が多いのでしょうか?
蔵の街、小江戸、城下町、お菓子横丁、喜多院などでしょうか?

366 蔵の街.jpg

一時期寂れてしまった蔵のある中心街を、逆に蔵を生かして再生したことで有名です。
東武東上線「川越市駅」、西武新宿線「本川越駅」、JR埼京線「川越駅」と、3つの駅から、少し離れた所にあります。

367 時の鐘.jpg

蔵の街の中心街(東武バス停「一番街」)の近くにある「時の鐘」
江戸時代初頭から町民に時を知らせ親しまれてきた「鐘つき堂」です。

369 川越スカラ座.jpg

その「時の鐘」の近くにある「川越スカラ座」
いつも自転車が止まっている、私の大好きな映画館です。
明治38年に寄席としてスタートし、昭和15年に今の原型となる「川越松竹館」になりました。

[イベント] 川越スカラ座 『まわる映写機 めぐる人生』 上映情報 [イベント]
2019年3月30日(金)~4月5日(金)まで
連日 12:30~ 予告編なしの上映になりますので、遅れないようにご来場ください。
4月2日(火)は休館ですのでお間違えなく!

できる限り会場入りして、トークもさせていただこうと思っています。
お近くの方、これを機会に川越観光をしてみようという方、ぜひ、お出掛けください。

370 川越スカラ座.jpg

館内は昭和レトロ。
でもデジタル化しているので、注目作、話題作を上映しています。

372 大林監督の色紙.jpg

『まわる映写機 めぐる人生』 にも登場される大林宣彦監督のサイン色紙もありました。
隣は是枝裕和監督の色紙。

川越スカラ座の公式サイトはこちら→ http://k-scalaza.com/
NPO法人として再生したことなど、どうぞ、ご覧ください。

nice!(43)  コメント(8) 

大分「シネマ5」を訪ねる!    [映画三昧]

翌朝はゆっくり温泉で手足を伸ばし、ここ1ヶ月程痛みのある左肩・肘などを温めて、ゆっくり出発!
大分を目指しました。
別府と大分の距離も良くわからないまま、スイカが使えたので構内へ。

347 大分駅.jpg

初の「大分駅」です。大きな駅でした。

348 赤レンガ館.jpg

目印の「赤レンガ館」を目指しました。
東京駅の設計で知られる辰野金吾が手掛けた、大分中心部に残る唯一の洋館。

349 府内五番街商店街.jpg

その先を右に曲がると「府内五番街商店街」
とってもオシャレで歩きやすい商店街でした。
そうか、だから「シネマ5」なんだと、一人納得!

350 シネマ5.jpg

「シネマ5」の入口です。
ローソンの隣ということなので、まずローソンを目指しました。
うっかり通り過ぎてしまいそうでしたが、確かにローソンの隣に入口がありました。

351 シネマ5.jpg

上映中の作品は 『天才作家の妻』 と 『洗骨』

352 フライヤー.jpg

階段を上がって、映画館の入口手前にフライヤーが置かれていました。
映画を見ない時でも立ち寄って気になる映画のフライヤーを手にできるのは、映画ファンにとってはとても有難いことです。

353 シネマ5.jpg

「シネマ5」の入口です。
丁度上映中だったので、代表の田井肇さんとお話をすることができて、サンプルのDVDとパンフレットをお渡しできました。
田井さんはとてもオシャレな方で、映画館もオシャレで、ご自身の考えをはっきりと話される、哲学をお持ちの方でした。
残念ながら閉館してしまったけれど、札幌の「蠍座」の代表・田中次郎さんのことがしきりと浮かんできました。

354 シネマ5.jpg

この後、『洗骨』 を見ました。74席の小さな映画館ですが、たくさんの方がいらしていました。

田井さんも「良い映画ですよ」とおっしゃっていましたが、脚本が良く練られていて、笑えるところあり、ジーンとして涙がにじむところあり、思わずそれぞれの登場人物の思いに自分の気持ちを重ねて考えさせられる、「見て良かった!」と思う映画でした。

「シネマ5」の公式サイトはこちら→ http://cinema5.gr.jp/

今日は「ゆるりヨーガ」の日だったのに、うっかり川越スカラ座の 『まわる映写機 めぐる人生』 のフライヤーを持って行くのを忘れてしまいました。
何人かの方がいらしてくださるようで有難いです!

nice!(40)  コメント(4) 

別府と大分の美味しいものと失語症全国大会      [失語症]

別府といえば温泉ですね。

335 駅前高等温泉.jpg

別府駅から「ブルーバード劇場」へ向かう途中で見つけた「駅前高等温泉」
思わず通り掛かった方に「ここ、入れるんですか?」と聞いてしまいました。
「いつでも入れますよ! 良い温泉よ!」とのこと。
戻って調べると、24時間300円で入れて、しかも予約すれば素泊まりもできる温泉でした。

336 とり天定食.jpg

「とり天定食」です。
言わずと知れた大分名物の鶏の天ぷらです。
映画を見る前に食事をしようと駅の方向に戻って、駅前の居酒屋「炭旬」に入りました。
きびきびとしたサービスの女性が「荷物置いてくださいね」と椅子を勧めてくれました。
とり天も美味しかったし、スタッフも気持ちが良かった。

339 和音.jpg

寿司割烹「和音(わおん)」です。
ホテルに荷物を置いて一休みをして夕食に出掛けたお店。
実は失語症者向けのリソース手帳などを発行しているをNPO法人が同じ名前の「和音」なので、迷わず行くことにしたのです。

337 関アジ.jpg

お刺身の盛り合わせ。すごーく美味しかった~! 
海なし県の埼玉から来たこと、関アジが食べてみたいとお話して、高価な「関アジ盛り合わせ」ではなく、お刺身の盛り合わせに二切れの(手前右端)関アジを追加していただきました。
我がままを聞いてくださった大将、ありがとうございました!

338 ゆばとろ.jpg

もう一つ頼んだのが「ゆばとろ」
そして、日本酒は大分の地酒「さちかぜ」をいただきました!
翌日地元の方から、美味しくて有名で予約しないと入れないことがあるお店だ聞きました。
なんと幸運な!

343 今日も元気か.jpg

翌日16日が今回の旅の一番の目的「失語症全国大会インおおいた」でした。
昨年開催された「イン盛岡」の大会で、大分の若いST(言語聴覚士)のNさんが「来年は当地で開催を!」と手を上げてくださったので、その行動力とがんばりにエールを送りたいと思いました。

342 ビーコンプラザ.jpg

会場は別府公園近くの「別府国際コンベンションセンター」でした。
とても立派なレセプションホールに全国から400人以上の方々が集まりました。
旅の途中で、目的を聞かれる度に「失語症の全国大会があるのです」と宣伝してきました。

341 陣屋太鼓.jpg

大会は歓迎の「陣屋太鼓」から始まりました。
失語症者向け意思疎通支援者養成事業に関するシンポジウムなど貴重な情報もあれば、各地で行われてきた失語症者のつどいの歴史を振り返ったり、友の会の活動報告があったり、失語症のご本人たちが司会などの大役を果たしハーニモカの演奏を披露するなど盛りだくさんでした。

344 大田仁史先生.jpg

講演される茨城県立医療大学名誉教授の太田仁史先生。
「今日も元気か笑顔はあるか」は、私の尊敬するST遠藤尚志先生の言葉です。
太田先生は、猫の笑顔、犬の笑顔、馬の笑顔、と見せながら会場の笑いを引き出していました。

1999年から、私は笑顔を引き出すグループワークをされていた遠藤先生の追っかけをしながら、各地に出掛けて撮影をしていました。
残念ながら遠藤先生は亡くなられたけれど、できないことに目を向けるのではなく、できることを数えましょう!と、元気と笑顔が大切にされていることを実感しました。
懇親会、二次会(居酒屋炭旬)にも参加して、深夜ホテルに戻りました。

駅前高等温泉の情報はこちら↓
http://www.owl.ne.jp/beppusotoyu/kotoonsen/

別府駅前の居酒屋「炭旬」の公式サイトはこちら↓
https://sumishun-beppu.com/

nice!(42)  コメント(2) 

別府ブルーバード劇場へ    [映画三昧]

大分行きの目的は17日に開催される「失語症全国大会インおおいた」に参加するためでした。
節約のために格安パックを利用しました。別府まで来て温泉に入らないのはもったいないので別府駅から少し離れたホテルを手配しました。

325 別府駅.jpg

搭乗機の変更があって少し遅れて、12時過ぎに「大分空港」に到着。
シャトルバスに乗って、初めて「別府駅」に降り立ちました。

326 ブルーバード劇場.jpg

駅から徒歩3分ほどのところにある「ブルーバード劇場」です。
開館は昭和24年(1949年)。
入口から昭和の香りがしますね。

327 ブルーバード劇場.jpg

1階にもチケット売場の名残がありましたが、2階に窓口があります。
エレベーターがあるので車椅子の方でも大丈夫です。

334 立て看板.jpg

階段の途中に立て掛けてあった「立て看板」
「看板」も昭和の香りがするけれど、話題作の『野火』ですね!

330 ブルーバード劇場.jpg

2階のチケット売場。
ちょっとお話をさせていただいて、チケットを購入して遅い昼食に。

332 塚本晋也監督.jpg

『野火』 の塚本晋也監督の色紙が飾られていました。
塚本監督は「ブルーバード劇場」を大変気に入って、3回もいらしているそうです。

331 岡村照さん.jpg

お客さんと立ち話をする3代目の館主・岡村照さん(手前)は88歳で映写もしています。
右奥上に神棚があるのが分かりますか?
映写室ではよく見かける神棚ですが、ここにもありました。

333 ブルーバード劇場.jpg

待合室も居心地良さそうです。

329 ブルーバード劇場.jpg

80席の小さな劇場ですが、舞台もあるのでイベントもできますね。
14:30~ 『そらのレストラン』 を見ました。
その後、ホテルのシャトルバスで無事ホテルに到着しました。

「ブルーバード劇場」の公式サイトはこちら→ http://www.beppu-bluebird.info/

nice!(43)  コメント(9) 

植物の不思議1 セロジネ    [庭の植物たち]

花が咲いて嬉しくて観察を続けている「セロジネ」
水を好む蘭だという記述を見つけました。
蘭系の植物はどちらかというと水をあげ過ぎてはいけないと思っていたので再認識しています。

320  セロジネ .jpg

朝日を受けて咲く「セロジネ」
なにかが光っている?ように見えたので、近づいてみました。

321  セロジネ .jpg

花の付け根に丸い水滴ができている! 
慌ててカメラを取りに階段を下りて、上がって、撮影しました。

323  セロジネ .jpg

それぞれの根元に丸い水滴!
昨日、水を上げたから? なんて思いました。

318  セロジネ .jpg

なぜ、このような水滴が・・・と思ったのですが、今日になって改めて観察をすると、触って壊れるような水滴ではなく、小さな小さな真ん丸の謎の物体でした。
不思議! 不思議! この先、この小さな真ん丸はどうなるのか、興味津々です。

今日はある取材を受けるために、上映の決まった「川越スカラ座」へ。
取材を受けた後、川越スカラ座のロビーで作品展を催されている方とスタッフを交えて、少しお喋りをして帰ってきました。
本当は映画を見たかったけれど、明日からの大分行きの準備があるので残念!

帰り道、運動も兼ねて徒歩で「川越駅」へ。
その道すがら、ふらりと寄った手作りアクセサリーのお店「しゅしゅまあも」で映写機型のイヤリングを発見してしまいました。他の飾りも付いていたのですが、お願いして映写機のみで作り直してもらいました。なんとラッキーな!

明日から初の大分です。
映画祭で有名な湯布院も近いんだよね? 有名な映画館「シネマ5」かな? と、「失語症全国大会」のついでに観光もしようと思っているのですが情報がありません。どうなるやら・・・。
ということで数日、ブログの更新をお休みします。

nice!(50)  コメント(4) 

ヒマラヤユキノシタが咲く    [庭の植物たち]

一挙に春めいてきました。
半袖で歩いている外国人観光客も見ました。
それにはさすがにびっくりしたけれど、白いYシャツ姿の女性には違和感がありませんでした。

315  ヒマラヤ雪ノ下 .jpg

「ヒマラヤユキノシタ」の蕾に気付いたのは3月の初めでした。

316  ヒマラヤ雪ノ下 .jpg

日に日に蕾が大きくなって膨らんできました。

317  ヒマラヤ雪ノ下 .jpg

花が開き始めました。
こうなるとどんどん開きます。

319  ヒマラヤ雪ノ下 .jpg

今日の「ヒマラヤユキノシタ」です。
花数は少ないけれど、今年もちゃんと咲いてくれました。
後から咲く花があるかどうか、観察を続けます。

今日はいつもの「ゆるりヨーガ」の日。
いよいよ年度末になって新しい役員さんも決まりました。私はただ出掛けて行くだけなので、お骨折りくださる皆さんに感謝です。
少しでも皆さんの健康のお手伝いができたら幸いです。

植え替えの必要な植物がたくさんあるのですが、今日は金曜日から出かける大分のことをあれこれ調べて、どういう旅にするか、考え中です。
大分に行くのは初めて! 失語症の全国大会に参加するのですが、前日と翌日は少し時間があるので、気になっている映画館で映画を見たい!と考えています。

nice!(38)  コメント(4) 

タイツリソウを鉢植えにしてみた    [庭の植物たち]

昨年、かわいい花を咲かせてくれた「タイツリソウ」が芽を出しました。
不思議なことなのですが、植えた記憶がないのです。
誰かのプレゼントなのでしょうか?

310  タイツリソウ .jpg

タイツリソウの芽です。
紫色なんですね。

311  タイツリソウ .jpg

近くに小さなもう一つの芽を発見しました。

312  タイツリソウ .jpg

そこで、思切って小さい方の株を鉢植えで育ててみようと思いました。
そっと周りの土をどかして掘り下げてみたら、太い根で繋がっていたのでハサミで切りました。

313  タイツリソウ .jpg

鉢植えにした「タイツリソウ」です。
上手く根付きますように!

314  タイツリソウ .jpg

昨年撮った「タイツリソウ」の花です。
こんなにかわいい花が咲くので、増やしてみたくなりました。

今日は友人のアートグループ「有象無象展」へ。
久しぶりに目黒区美術館区民ギャラリーへ出かけました。
バタバタしていたので、皆さんの自由な作品を見せていただいて、一息ついた感じがしました。

nice!(28)  コメント(2) 

セロジネが咲く    [庭の植物たち]

昨年の6月、従姉の家に遊びに出掛けて、義従兄が年を取ってきてだんだん植物の手入れが大変になったきたということで、「蘭だから貰ってよ!」というので頂いてきた大きな鉢。
名前の分からないまま育てていました。

303  セロジネ .jpg

貰ってきたばかりの頃の状態です。
下の部分「バルブ」が太くて丸くなっています。

304  セロジネ .jpg

年明けくらいに小さな芽のようなものを発見しました。

305  セロジネ .jpg

どんどん伸びるので、これは花芽だろうと思って観察を続けました。
花芽はなんと5つもできています。

306  セロジネ .jpg

花が咲けば、花の形を頼りに名前も分かるに違いない!
期待が膨らみました。

307  セロジネ .jpg

3月10日朝、最初の花が咲きました。

308  セロジネ .jpg

次々と花が咲いて、翌11日はこのようになりました。

309  セロジネ .jpg

花をアップで撮ってみました。白い花なのでなかなかピントが合いません。
花の形を頼りに検索したところ「セロジネ」という名の蘭だと分かりました。
見事に咲いてくれたので、今夜は従姉に電話で報告しようと思っています。

なんとか、サービス仕事のDVDの書き出しが終わりました。
東京都からも完成版としましょうという連絡をいただいたので、これで一区切りになると思います。

先日の北海道の上映会のお礼状を書いて投函。
『まわる映写機 めぐる人生』の公式サイトに北海道の上映報告を書けば、今回の上映の旅も一区切りになります。早くしないと記憶もあいまいになってしまうので、早く書かなくちゃ!

nice!(42)  コメント(6) 
前の10件 | -