So-net無料ブログ作成

朝日新聞土曜版に「大黒座」が・・・   [映画三昧]

昨年1月に完成した『小さな町の小さな映画館』の主人公「大黒座」が、朝日新聞の土曜版「be」の4面「be report」で「孤高の狭小シネマ・パラダイス」として紹介されました~!
「大黒座」は、人口1万4千の小さな港町・北海道浦河町にある48席の小さな映画館です。

一緒に紹介されているのは、同じ北海道苫小牧にある40席の「シネマ・トーラス」。
埼玉県深谷市に40年ぶりに復活した60席の「深谷シネマ」。
名古屋市千種区の「名古屋シネマテーク」は40席。自主上映会から発展した映画館です。

046 朝日記事.jpg

大きな記事だったので全部をスキャンできませんでしたが、端に見えるのが3代目「大黒座」。
そのほかに、1代目の木造の風格ある「大黒座」と、220席だった2館目の「大黒座」は花輪で一杯の杮落としの写真が掲載されています。

「デジタルで絶体絶命」の見出しがありますが、いえいえ、今までだって本当に大変だったのですから、そんなことではめげないと、私は確信しています。そして、応援する皆さんの熱い思いも消えることはないと思います。

小さな港町で奮闘している映画館「大黒座」のことを、もっと知りたいという方は、どうぞ、『小さな町の小さな映画館』の公式サイトへ↓
http://www.chiisanaeigakan.com/

上映情報をチェックして、上映してくださっている映画館や上映会へ足をお運びください。それが何よりも上映してくださっている頑張っている映画館や上映会の応援になります!
“小さな映画館の灯よ点り続けて!”と、私は思っています。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0