So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

不思議な植物トクサ    [庭の植物たち]

一時期夢中になっていた「木削り」
木削りマスターの滝本ヨウさんは「木彫りでなく木削りですよ」と、よく一番最初に言われます。
形にしよう! 形にしよう! としてはいけないのです。

1120 木削りペンダント.jpg

修行が足りなかった頃に作ったペンダントたち。
それぞれの木の特性を感じながら、木の癖も感じながら、一応作ったつもり[わーい(嬉しい顔)]
今では恥ずかしい作品たちです。

1116  トクサ .jpg

「トクサ」です。
木削りの仕上げの時に、表面をつるつるにするのに使います。
知人のところで見つけていただいていました。
「丈夫で、どこに植えても大丈夫!」ということだったのですが、植えてから何年経っても変化がありませんでした。

1117  トクサ .jpg

ところが、今年、新芽を発見!
もしかしたら、条件の悪さ(日当たり不良等)を克服したのかもしれません。

1119  トクサ .jpg

今までの「トクサ」は枯れてはいないけれど、先はプツンと折れたようになっていました。
乾燥したものを1節ずつバラバラにして磨く時に使います。

「研草」と書き、ざらざらの表面がサンドペーパーと同じ役割をするのです。
人間の知恵はすごいというか、人間は自然にたくさん助けられているというか・・・。
昔は乾燥させたものを水で戻し広げて板などに貼り付け、磨きに使ったそうです。

1118  トクサ .jpg

新芽の先はこのようになっています。
これなら成長しそうです。
楽しみに観察を続けたいと思います。
そして、道具は揃っているのだから、たまには時間を忘れて木削りに没頭したいと思います。

やっと、パンフレットの校正が終わって(予想通り、年表の校正がぐちゃぐちゃになりました)、昨夜雨が小降りになったところで投函しました
深夜、女性が一人で歩ける日本という国は安全な国だなぁと思いました。
そして、休日だから集荷は日曜日のお昼過ぎ。暗い中を歩くこともなかったのでした。

今年の1月久しぶりに木削り教室に参加した時のブログはこちら ↓
https://harunoumi.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
ヨウさんの「木削り教室」のサイトはこちら → http://kikezuri.moo.jp/index.html

nice!(31)  コメント(8) 

nice! 31

コメント 8

プー太の父

そのトクサですが、わが家の裏の
空き地に結構たくさん生えています。
少し半日影のあたりに多いように見えますが
特別に増えてる様子もないようです。
これって雑草の仲間なんですか?
by プー太の父 (2018-09-02 19:21) 

森田惠子

プー太の父さん>空き地にたくさん生えているのですか?
と言うことは寒さには強いのですね。

盆栽で育てている人もいますよ~!
和風の庭で植えている人もいますよ~(笑)
雑草ではないと思います。
by 森田惠子 (2018-09-02 22:07) 

ぼんぼちぼちぼち

ペンダント、どれも素敵でやす。
すっきりしたワンピースに合わせたい感じでやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-09-02 22:15) 

森田惠子

ぼんぼちぼちぼちさん>褒めていただいて、ありがとうございます!
ペンダントはたくさんあって、時々、服に合せて付けて楽しんでいます。
by 森田惠子 (2018-09-02 22:39) 

riverwalk

研草と書くんですね。知らなかったです。
役に立つ植物なんですね。
盆栽にするといい感じになりそうです。
by riverwalk (2018-09-02 22:58) 

森田惠子

riverwaikさん>木賊とも書くそうです。
鉢植えで涼しげな感じに育てているものや日本庭園でも見たことがあります。
我が家のは情けない姿ですが、とても良い感じでした。
by 森田惠子 (2018-09-03 10:01) 

馬爺

木彫り細工が面白そうですね自然の形を残して形を整えるだけがいいのかな?
by 馬爺 (2018-09-03 14:21) 

森田惠子

馬爺さん>黙々と削っていると、木の方からここを削ってほしいというようなことを伝えてくるような気がします。
木の玉子も、たくさん作りました。
by 森田惠子 (2018-09-03 16:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント