So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

松江の堀川めぐり    [私の旅物語]

山陰の旅2日目は松江の「堀川めぐり」からスタートしました。
宍道湖の傍らの「松江一畑ホテル」に泊まったので、すぐ近くの「城山西駐車場」へ。
「ふれあい広場乗船場」から船に乗りました。

1319 堀川めぐり.jpg

松江をめぐる「乗り合い小船」に乗ってみたいと思ったのです。

1320 ルートマップ.jpg

大人料金は1,230円。
一日乗車券なので、何度でも乗り降りできます。
乗船したのは「ふれあい広場乗船場」から。

1321 橋.jpg

橋の下がとても狭い橋が4つあって、その橋の下を通る時は全員前屈をしなければなりません。
前屈の得意な私は楽々前屈をしました[わーい(嬉しい顔)]
反響の良い橋の下では船頭さんが歌を披露してくれました。

1323 興雲閣.jpg

船上から「松江城」が目に入り、「大手前広場乗船場」で降りて「松江城」を見学することにしました。
その手前に明治天皇の行在所として建てられた「興雲閣」という建物があり、無料で見学することができたので入ってみました。

1324 興雲閣.jpg

明治天皇の巡行は実現しなかったそうですが、随所に細かい細工が施された立派な建物でした。

1325 興雲閣.jpg

2階の大広間からベランダに突き出した小部屋。

1322 松江城.jpg

「松江城」です。
「堀川めぐり」の乗車券を展示すると、670円の登閣料が530円になります。

お城の階段を登る度に、こんなに急な狭い階段を袴や着物でどうやって登ったのだろうと思います。個人的には、つま先立ちだったのではないかと想像しています。

1326 小泉八雲記念館.jpg

「稲荷橋」のすぐ近くにある「小泉八雲記念館」です。
「松江城」から松江の景色を堪能した後、船には戻らず徒歩で「稲荷橋」に戻って、「小泉八雲記念館」へ向かいました。
ここでも、「堀川めぐり」の乗船券を見せると400円の入館料が320円になりました。
一人の作家を丁寧に紹介していて、とても興味深い記念館だと思いました。

1327 中海.jpg

昼食と午後からの観光をどうするか、結局、境港へ行ってみることにしました。
中海を走る道はとても気持ち良く景色も抜群でした。
そして、日本最大のコンクリート製の「江島大橋」を渡り、境港市を目指しました。
「江島大橋」の急勾配はすごくてビックリしました。

今日は息子のマンションのリフォームが予定より1日早く終わったので引き渡しに立ち会いました。
私が使っていた家具の大方は処分したので、部屋はガランとして全く異なった雰囲気になりました。マンションから運んだ荷物が今は私の暮らしている実家で片付けきれないままになっています。

nice!(32)  コメント(6) 

nice! 32

コメント 6

riverwalk

京都の川で十石船を見ながら釣りをしました。
なので、こんな船に乗って見たいと思っていたところです。
旅のいい思い出になりますね。
by riverwalk (2018-10-23 21:20) 

森田惠子

rierwalkさん>京都の十石船のことをブログで読んで、同じ船旅~!と思いました。
のんびりまわる船旅は良い思い出です。
by 森田惠子 (2018-10-23 22:06) 

馬爺

おはようございます。
遊覧船に乗ってゆったりと景色を見ながらはいいですね、山陰方面へは行った事が無いですが素敵な所なんですね。
by 馬爺 (2018-10-24 08:50) 

ma2ma2

松江の堀川巡りは有名ですね!
松江は数回行ったことがあります(^^)
by ma2ma2 (2018-10-24 10:44) 

森田惠子

馬爺さん>私は知らなかったのですが、堀川めぐりは有名なのだそうで薦められて乗ってみました。
船頭さんも楽しい方で、一緒に乗船した方たちのおしゃべりも楽しく聞きながら、ゆったりした時間を過ごせました。
by 森田惠子 (2018-10-24 18:34) 

森田惠子

ma2ma2さん>堀川めぐりのこと知らなかったのですが、薦めらてて乗船して、良かった!
船頭さんがいろいろ説明してくださるのも良かった!
by 森田惠子 (2018-10-24 18:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント