So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

お目当ての足立美術館へ    [私の旅物語]

最初に旅行の話が出た時に、「どこへ行きたい?」と聞かれて答えたのが「足立美術館」でした。
数人の友人知人がツアーなどで行っていて「よかった~!」と言っていたのです。

1372 足立美術館.jpg

米子のホテルから朝一番で出掛けたにも関わらず、駐車場には各地のナンバーを付けた車や観光バスがたくさん止まっていました。
圧倒的に年齢層が高かったのも特徴です。
ただ、館内が広く、時々庭などを楽しむスペースや喫茶室や茶室もあるので、たくさんの入館者が居る割には作品を見るのが窮屈ということはありませんでした。

1365 足立美術館.jpg

作品は撮影禁止ですが、庭の撮影はOKでした。
庭の美しさで注目を浴びているだけあって、手入れの行き届いた庭です。

1366 足立美術館.jpg

窓枠が額縁のようになるという庭のポイントがいくつかありました。
開催されていた企画展は「横山大観VS日本画の巨匠たち」
個人的には、大観の作品と1対1で並べて比べるのは・・・と思いました。
「足立美術館」は大観の作品を数多く所蔵しています。

1367 足立美術館.jpg

時々、このように開放的に庭を鑑賞できるところがありました。

1368 錦鯉.jpg

庭の作りや見せ方から、海外の方を特に意識して、今流に言えば「インスタ映え」を意識しているように感じました。
若い庭だからでしょうか、侘びとか寂とかにはちょっと遠い印象を持ちました。

1369 足立美術館.jpg

障子を入れて撮ってみました。

1370 足立美術館.jpg

障子なしだとこのようになります。
紅葉には早くて残念でしたが、四季それぞれの庭を楽しめると思いました。
パートナーズカード6000円は2年間有効だそうで、お近くの方にはお薦めですね。

1371 陶芸館.jpg

「陶芸館」もあります。
大好きな北大路魯山人と河井寛次郎という陶芸の巨匠の作品が並んでいました。特に、河井寛次郎の作品は「日本民芸館」などで見ている作品とちょっと趣が違う作品がありました。

新館では「院展」を開催中で、大作、力作が並んでいました。
車がないと行けないと思って今回の旅で選んだのですが、JR安来駅から無料のシャトルバスが運行されています。
年中無休は旅行者にとってはありがたいですね。

nice!(36)  コメント(6) 

nice! 36

コメント 6

粋田化石

足立美術館は私も一度は訪れてみたいと思っていた場所です。
「横山大観VS日本画の巨匠たち」という企画展に思わず笑ってしまいました。何だか「ゴジラVSモスラ」のようです。
by 粋田化石 (2018-10-28 09:00) 

ma2ma2

足立美術館は見応えがありますね!
お庭を見ているだけでも時間が足りないです(^^)
by ma2ma2 (2018-10-28 11:44) 

プー太の父

山陰方面のツアー旅行には、必ずのように
足立美術館がコースに入っているので
名前だけは知っていました。

あの写真、障子が映ると庭の雰囲気が
ぐんと良くなり、侘び寂を感じますね。
by プー太の父 (2018-10-28 15:46) 

森田惠子

粋田化石さん>この企画展にはちょっと首を傾げてしまいました。
それより、大観の作品は作品として見たいし、他の作品も単体として見たいと思いました。
by 森田惠子 (2018-10-28 19:36) 

森田惠子

ma2ma2さん>私にとっては庭がきれいすぎる、手入れが行き届き過ぎる感じがしました。
作品も大物狙い的な感じがしました。
by 森田惠子 (2018-10-28 19:38) 

森田惠子

プー太の父さん>今や山陰に行ったら「足立美術館」ということになっているようで、レンタカーを借りる時も「足立美術館へは行きますか?」とチェックが入りました(笑)
同じ庭でも、額縁ありとなしでは雰囲気が変わるのを気楽に撮れるのは良いですね。
フィルム時代だったら、こんな風に撮影しませんね。
by 森田惠子 (2018-10-28 19:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント