So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

安来清水寺と鳥取砂丘へ    [私の旅物語]

夕方の飛行機で帰るので、「足立美術館」の後をどう過ごすかという話になりました。
「鳥取空港」から帰るのでやはり鳥取に向かって移動する方が良いだろうということになりました。

1373 清水寺.jpg

木造の「三重塔」がめずらしいと「サンライズ出雲」の車掌さんが案内をしていた「安来清水寺」へ行ってみることにしました。

1374 清水寺.jpg

自由に使える杖が置かれていたので、杖を使うのは難しいと聞いたので試すチャンスだと思って、短い杖を選んで杖を突きながら石段を登りました。
杖、反対側の足、杖側の足という順番で登ってみました。

1375 石段.jpg

石段の先に姿を現した「根本堂」
長い石段を登りながらすれ違う方(下ってきた方が)が、「こんにちは!」と挨拶をしてくださるのが、まるで山登りみたいと思いました。
中には「ご苦労さまです」と声を掛けてくださる方もおられました。

1376 根本堂.jpg

立派な「根本堂」です。
中に上がらせていただいてお参りしました。

1377 三重塔.jpg

「三重塔」は更に石段を登らなければなりません。
がんばって登りました。

1378 三重塔.jpg

木造の「三重塔」には長い時を経た風格を感じました。
石の上に柱が乗っているだけという部分もあり、そこが腐食していてもびくともしない。
日本建築の素晴らしさを目の当たりにしました。

1379 鳥取砂丘.jpg

鳥取在住の方に「高速道路は無料」と聞いていたのですが、確かに無料でした。
高速を走って「鳥取砂丘」へ。
息子は「想像していた砂丘と違う!」と言って感激していました。

1381 ラクダ.jpg

四十数年前に来た時もラクダが居たので、ラクダを見つけて嬉しくなりました。
写真を撮るのも有料なので遠くから撮りました[わーい(嬉しい顔)]

1380 ハンググライダー.jpg

遙か遠くにハンググライダーが見えました。
「砂丘」を上から見るのも楽しいでしょうね。

1382 砂丘.jpg

早めの夕食を取って、再び「砂丘」に戻ってみると、日が陰り始めていて光線が低くなって「砂丘」の表情が随分変わっていました。

行きは12時間近く掛かった「サンライズ出雲」の旅でしたが、帰りは1時間15分。飲み物を飲みえ終えたら着陸態勢に入り、あっという間に「羽田空港」に到着しました。
息子との二人旅は初めだったので記念の旅になりました。感謝!

nice!(35)  コメント(4) 

nice! 35

コメント 4

kenji-s

親子仲良くていいですね!
by kenji-s (2018-10-29 21:28) 

riverwalk

息子さんとの初めての旅は思い出に残りますね。
森田さん、今日は感激する事がありました。
色々あって、少し沈んでいた心が一気に晴れました。
元気を頂きました。
本当にありがとうございます。
来年の春が楽しみです。
by riverwalk (2018-10-29 21:49) 

森田惠子

kenji-sさん<仲が良いかは怪しいです(笑)
でも、今回は息子が旅行に誘ってくれました。
次男はサンノゼ在住なので、滅多に会うことができません。
by 森田惠子 (2018-10-29 22:10) 

森田惠子

riverwalkさん>いつも元気でいるなんてできないですよね。
いいんです! 気持ちが浮き沈みしたって、誰にも会いたくないという日があったって。
by 森田惠子 (2018-10-29 22:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント