So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

小原古邨展へ    [@アート]

10月の下旬、初めて「茅ヶ崎美術館」へ出かけました。
「日曜美術館」はよく見るテレビ番組の一つなのですが、そこで紹介されていた「小原古邨展」を見るためでした。

1432 小原小邨.jpg

「小原古邨(おはらこそん)」のことも、「茅ヶ崎美術館」のことも知りませんでした。
開館20周年を迎えた「茅ヶ崎美術館」で、展覧会として紹介されるのは初めてという「小原古邨」の作品を、前期・後期で全点入れ替えて展示していました。

1433 雀.jpg

会場に着くと入場制限をしていました。
小さな美術館がテレビ番組の影響で一気に注目を浴びたようです。

1434 鷲.jpg

やっと入場! 入ってすぐの場所は大混雑だったので、地下の展示から見ることにしました。
フラッシュなしでシャッター音に配慮したら撮影OKだったので、慌ててスマホを取り出しました。
照明が反射したり、ガラスに人影が写ったり、なかなか思うように撮れませんでした。

1435 小原小邨.jpg

版画なので、刷りの会社ごとの展示があったり、花、動物、春夏秋冬順の展示等、いろいろ工夫がされていました。

1436 百合.jpg

版画ですが、立体感のある作品も多く、何枚の版をどのように彩色して刷ったのか、興味津々で見ました。

1437 猫.jpg

もともと版画好きで、子供の頃から版画を彫ることも好きだったので楽しい展示でした。
小学生の時は毎年年賀状用に干支を彫っていたのも懐かしい思い出です。

1438 蓮の花.jpg

こちらがテレビの番組で丁寧に紹介されていた蓮の花と葉の雫の作品。
葉から流れ落ちる雫が印象的な作品です。

1439 落ちる雫.jpg

その様子をかわいい雀が覗き込むように見ています。
国内初の「原安三郎コレクション」による国内初の「小原古邨展」だったので大混雑になったのだと思いますが、日本画的な部分と写実的な部分が魅力的で前期も見たかったと思いました。

今日は「失語症シンポジュウム」用の編集作業をスタートさせました。
素材を取り込み、編集したのは体験発表のようなもの。
「失語症」ということばから、どのような症状を想像されるでしょうか? 
今回は「失語症」を理解してもらうためのシンポジュウムなので、専門家の言語聴覚士の皆さんとはちょっと違う目線から意見も言いつつ摺合せをしていこうと思っています。

nice!(36)  コメント(10) 

nice! 36

コメント 10

ma2ma2

フラッシュは絵が傷むのでフラッシュ無しで撮影はOKと言うところもありますね!
良い感じの絵ですね(^^)
by ma2ma2 (2018-11-10 19:21) 

森田惠子

ma2ma2さん>絵画の撮影は日本も海外に追いついてきた感じですね。
これで人数が少なくなってゆっくり見られるようになると良いのですが。
by 森田惠子 (2018-11-10 20:10) 

かずい

ネコの絵が面白いですね。
僕も一駅先にギャラリーを見かけました。
行ってみようかな…。
by かずい (2018-11-10 21:10) 

森田惠子

かすいさん>茅ヶ崎のお近くですか?
埼玉からは結構遠かったです。
また、行ってみたいと思っています。
by 森田惠子 (2018-11-10 23:25) 

えくりぷす

失語症については、昔読んだ原口統三の「二十歳のエチュード」のなかに、ボードレールだったかサント・ブーヴだったかが、失語症で死んだみたいな記述があって、なぜ言葉が出てこなくて死ぬんだと思った記憶があります。失語症の原因や症状には色々あるようで、リハビリも大変みたいですね。
by えくりぷす (2018-11-11 13:53) 

プー太の父

2000記事超えおめでとうございました。
仕事に趣味に忙しいのにすごいことだと思います。
私なんかは週に一度の記事更新がいっぱいなのに・・・
山寺に行って来たんですか。日本の国にあんな
ところがあるなんて信じられない風景ですね。

by プー太の父 (2018-11-11 18:29) 

ぼんぼちぼちぼち

草の上でくつろぐ白猫 赤い首輪が効いてやすね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-11-11 18:43) 

森田惠子

えくりぷすさん>若い失語症の方々とも交流があるのですが、原因は事故が多いと思っていたら脳動静脈奇形の方が多かった。
長嶋監督は心臓にできた血栓が脳の近くで詰まって失語症と右片麻痺になりました。
脳血管障害が原因でなる病気で、色々な症状があるので理解が難しいです。
by 森田惠子 (2018-11-12 11:32) 

森田惠子

プー太の父さん>ありがとうございます!
山寺の存在も知らず、従兄甥のお陰で息切れしてきました(笑)
あんな山の中で修行していたんですね。
冬はどんなに寒くて大変なことだろうと思いました。
by 森田惠子 (2018-11-12 11:34) 

森田惠子

ぼんぼちぼちぼちさん>版画なのに、猫のふわふわ感まで表現されていてすごい!と思いました。
また機会があったら見たいと思っています。
by 森田惠子 (2018-11-12 11:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント