So-net無料ブログ作成

お隣からやってきた「花大根」    [庭の植物たち]

お隣で見事に咲いている「花大根」
人が通れないほど咲いているのですが、その「花大根」の種が飛んできたようです。

517  花大根 .jpg

「花大根」かもしれないと抜かずに観察していて蕾ができて、やっぱり!と思いました。
蕾の色も美しいですね。
お隣からの嬉しいプレゼント!

519  花大根 .jpg

大きくはなりませんでしたが、花がしっかりわかるようになりました。
「真榊」の傍の日当たりの悪い場所で咲いています。

520  花大根 .jpg

小さいながらも「花大根」らしい姿になりました。

今朝早く、姪から連絡が入って姉が緊急手術を受けるというのでびっくり。感染症で入院していて、なぜ、手術を?と思いながら、病院へ。
姉は10年前に股関節の手術を受けているのですが、その部分に多量の膿が溜まっているというのです。股関節の痛みは訴えていて痛み止めは処方されていました。CTも撮っているのですが、再度数字が悪化したためCTを撮って多量の膿の存在が分かったというのです。

手術は無事に終わり、担当した整形外科医の説明を聞きました。
手術をがんばって乗り越えた姉に声をかけ、その後寝息を立てて寝始めたので、暫く見守ってから起さずに帰ってきました。麻酔が覚めたら痛みが出るのではないか心配です。

nice!(46)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 46

コメント 10

riverwalk

大根の花は白いですが、この花は綺麗な色をしています。
嬉しい来客ですね。
お姉さまの手術が無事終わって良かったです。
痛みが少ない事をお祈りしています。
by riverwalk (2019-04-20 20:10) 

プー太の父

お姉さんのこと心配ですね。
早く回復するようお祈りいたします。
今日は鎌倉を楽しんで、さっき川口リリアの
中華レストランで食事をして帰りました。
関東はどこへ行っても花がきれいで感激です。

by プー太の父 (2019-04-20 21:04) 

森田惠子

riverwalkさん>花大根の花はあちこちで見かけます。
電車の中からも見かけるので、都内でも繁殖しているようです。
紫色のきれいな色でかわいい花です。

姉の急な手術にはビックリしました。
手術は成功したものの、内臓的にはまだまだという感じなので、暫く心配が続きそうです。
by 森田惠子 (2019-04-20 21:34) 

森田惠子

プー太の父さん>姉のこと、お気遣いをありがとうございます!
早く元気になってほしいです。

体調は大丈夫ですか?
春の関東を楽しめたみたいで良かったです。
八重桜、ハナミズキ、ツツジも咲き始めましたね。
リリアの上階ですね!
by 森田惠子 (2019-04-20 21:37) 

wildboar

大根の白い花は知っていましたが、先般、花大根をmakkun様ブログで初めて知りました。
そして今日、再び。お庭にはいっばいのお花があるようですね。

お姉様の、ご快癒を祈り申し上げます。
by wildboar (2019-04-20 21:45) 

森田惠子

wildboarさん>大根の花に良く似ているらしいのですが、色が紫。
次々に咲く花にワクワクする時期なのに、今年は姉の入院で落ち着きません。
お心遣い、ありがとうございます。
早く姉に元気になってほしいです。
by 森田惠子 (2019-04-20 21:56) 

アニマルボイス

「花大根」
私が知っているムラサキハナナ(紫花菜)に似ているなあと思い、植物に詳しい知り合いに聞いてみたら、同じものでした。オオアラセイトウ、ショカツサイも同じで、なんだか怪人二十面相のような花ですね。
by アニマルボイス (2019-04-20 22:53) 

プー太の父

おはようございます
まだ昨日の鎌倉の余韻が残っていますが
ホテルで記事更新しました。ぜひご覧ください。
by プー太の父 (2019-04-21 06:50) 

森田惠子

アニマルボイスさん>花の名前は複数あることが多いですね。
今はネットで検索する方が多くなったと思いますが、以前は誰かが名前を訪ねて答えて広がっていったと思うので、地域差があるように感じています。
by 森田惠子 (2019-04-21 08:14) 

森田惠子

プー太の父さん>ホテルで、スマホで更新した記事を読みました!
すごいなぁ~!
鎌倉の旅、とても楽しかったみたいですね。
報告を待っています!
by 森田惠子 (2019-04-21 08:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント