So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
庭の植物たち ブログトップ
前の20件 | -

ツルハナナスの花が咲く    [庭の植物たち]

茄子の花によく似た花が咲く「ツルハナナス」
漢字表記は「蔓花茄子」で名前にも茄子が入っているくらいですから、似ていて当然?
ご近所さんから枝を頂いて、挿し木をしたものが大きく育ちました。

896  ツルハナナス .jpg

蔓が伸びて、その先にできた「ツルハナナス」の蕾。
蔓性なので、大きめの鉢に三角錐ようのな枠を付けて育てています。

897  ツルハナナス .jpg

風に揺れながら開き始めました。
小さなかわいい花です。

898  ツルハナナス .jpg

最初は白い花でだんだん紫色になると解説にはありますが、実感はありません。
白い花と紫の花が咲くという印象。
観察が足りないか!

899  ツルハナナス .jpg

アップで撮ると、確かに茄子の花によく似ていますね。
茄子を育てたことはないけれど、確か、紫の花でめしべは黄色。

今日はポスターとフライヤーの校正をして投函しました。
公式サイトの上映情報とブログの更新もしました。公式サイトは息子が作ってくれていますが、今までもそうでしたが更新自体は自分でするので、その練習をしたのです。
これで不具合がないか、無事に更新できる環境が整っているか、確認作業を息子が休日にしてくれることになっています。

『小さな町の小さな映画館』 『旅する映写機』それぞれの公式サイトとFacebookに加えて、『まわる映写機 めぐる人生』の公式サイトとFacebookが加わります。若い人ならなんということもないのでしょうが、私には大変です[ふらふら]

明日からヨーガの夏季研修で比叡山の麓のお寺に出掛けます。
せっかく京都まで行くのですから、『まわる映写機 めぐる人生』の撮影などでお世話になった方々にご挨拶をしてこうようと考えています。
知らなかったのですが、京都は日本三大祭りの「祇園祭」の最中だそうです。
もちろん、お祭りよりお礼を優先します!
という訳で、数日、ブログの更新をお休みますので、ご了承ください。

nice!(40)  コメント(6) 

株分けしたキンギアナムのその後    [庭の植物たち]

同じラン科セッコク属の「キンギアナム」の株分けをしたのはちょうど2年前でした。
ブログの検索機能は便利ですね。
バルブから芽が出て根が出たので、挿し芽をして増やす試みをしています。

091  キンギアナム .jpg

今年の冬に咲いた「キンギアナム」の花です。
形は確かにラン。
小さな花で豪華さはありませんが、かわいいです。

894  キンギアナム .jpg

2年前の挿し芽をした株も、親株と同じくらいの大きさに成長しています。
ちょっと見ただけでは、どちらが親株か、子供株か、分かりませんね。
でも、育ての親の私にはしっかり区別が付きます[わーい(嬉しい顔)]
左が子供株です。

895  キンギアナム .jpg

「デンドロビウム」と同じように新芽が出ています。
次の冬には子供株も花を咲かせてくれるような気がしています。
楽しみ~!!!

今日はいつもの「ゆるりヨーガ」の日でした。
サークルの皆さんにも声掛けをして、次回タオルを持って来ていただけないか、お願いしました。
昔は、お年賀などで名入れのタオルをよく頂きましたね。カレンダーもどこに飾ろうか迷うくらいたくさん頂きました。
この頃、タオルも、カレンダーも、貰わなくなったねぇ~なんて話に発展しました。

夏バテぎみになって、夜もぐっすり寝れないので、いよいよ昨日からエアコンをつけ始めました。
電気代は節約したいけれど、体調管理も大切にしないと・・・。

チラシとポスターの校正をしています。
レイアウトなどデザインはお任せで、今回は文字校正のみで返そうと思っています。
明日、もう一度見直してから校正を投函しようと思っています。

パンフレットもほぼ形になってきていますが、完全原稿一括入稿と言われているので、自分で書いた原稿を再々チェックしています。
他の方の原稿の校正はすぐ気付くのに、自分の原稿となると見逃しが多くなる。
これは私だけでなく皆さん同じらしいので、自分の原稿だから読めてしまうのだろうと思っています。冷静に第三者の目で校正するって、案外難しいことなのだなぁ~と思っています。

「キンギアナム」の株分けの様子はこちらのブログ↓
成長が分かります。
https://harunoumi.blog.so-net.ne.jp/2016-07-02

nice!(30)  コメント(2) 

デンドロビウムを株分け    [庭の植物たち]

ラン科セッコク属デンドロビウム「エンゼルベビー・グリーン愛」という名らしい[わーい(嬉しい顔)]
少し緑掛かった白い花を咲かせる蘭。
購入した時すでにギュウギュウで、今年もそのまま花をたくさん咲かせてくれました。

095 デンドロビウム.jpg

「エンゼルベビー・グリーン愛」の花です。
今年の冬もたくさん花を咲かせてくれました!

887  デンドロビウム .jpg

花が終わって、あまりにもギュウギュウなので株分けしてみることにしました。
5月26日、鉢から出した状態です。

888  デンドロビウム .jpg

株分けしようとしても分けようがない[ふらふら]
ハサミを使って根を切って分断するという強硬策を実行しました。
黒く痩せている根を取り除きました。

889  デンドロビウム .jpg

中側では新芽が出ていました。
上手く育つか心配しましながら、二つの鉢に分けしました。

890  デンドロビウム .jpg

今日の「デンドロビウム」です。
無事に枯れずに2鉢が育っています。

891  デンドロビウム .jpg

小さく弱々しかった新芽も成長しています。

892  デンドロビウム .jpg

枯れた茎のように見える「バルブ」は、のちのち、このように新芽が出たり、花芽が付いたりするので切らない方が良いと思います。
「バルブ」はやせ細って完全にダメと思った時に切ることをお薦めします。
蘭の初心者ですが、冬は部屋の中に入れることを前提に少しずつ育てたいと思っています。

今日は市の健康診断を受けて、一緒にいつもの内科受診。
今日の時点で結果の出る、心電図、尿蛋白、肺がんレントゲンは異常なし。
血圧は120-70で変わらずでした。

朝食抜きで出掛けたので、健康診断が終わって近くのインドカレーのお店でランチ。
一番乗りでした!

午後から駅の近くの眼科を受診。
いつもは自転車で行くのですが、眼底検査の予定が入っていたのとあまりの暑さでバスに乗って駅に出ました。
眼圧は左右共に10で良好。(低い方)
眼底検査も変化なしでした。

一日で2ヶ所も通院するとそれだけで疲れますね。
眼科受診後、切符の手配をして、撮影用のSDカードを購入して帰宅したら夕方でした。
これから少し原稿作業をします。

nice!(28)  コメント(0) 

白? 混色? 桔梗の花    [庭の植物たち]

ピンクの「桔梗」を紹介しましたが、蕾を食べられてしまった2種類の「桔梗」の一つが花を咲かせ始めました。
白い花だと思ったのですが、裏側を見ると・・・。

666  桔梗 .jpg

白い「桔梗」が咲いたと思ったのです。
どう見ても白い花に見えます。

667  桔梗 .jpg

でも、何気なく裏側を見たら墨流しのように紫の部分があるのです。
よく見ないと分かりませんが、気になる方は画像をクリックして大きくして見てください。
もう少し紫が濃くなったら、以前お気に入りで育てていた混色の「桔梗」に近づくのですが・・・。

今日もパンフレットの原稿と格闘を続けています。
無事に年表と呼応する10人の方を紹介する文章を書き上げ、プリントアウトして校正しました。
年齢のせいか分かりませんが、液晶画面よりプリントアウトした紙の方が校正しやすい。冷静に見られるからでしょうか・・・。

私自身の考えていたレイアウトは一度白紙にしようという提案があったので、文字数を揃えることも気にせずに原稿を書きました。でも、ほぼ同じくらいの文字数になりました。
いただいた原稿の気が付いた点を確認したりして、だんだん完全原稿に近づいています。
もう少しですが、ここで慌てず[わーい(嬉しい顔)]騒がず[わーい(嬉しい顔)]きっちり素材を揃えようと思っています。

明日は市の健康診断を受けます。
一緒に受けるのは、大腸がん、肺がん、骨粗鬆症の検査です。
午後からは眼科受診の予定。
目薬がなくなってきました。検査があるかもしれないので徒歩で行くことに。瞳孔を開く検査があると自転車の運転は危ないので。

nice!(25)  コメント(0) 

ドラゴンの口?    [庭の植物たち]

各地で豪雨被害が出ています。
高知の安田川沿いに立つ「大心劇場」は大丈夫なのか? 心配でなりません。
撮影等でお世話になった方とご縁のある地・京都綾部市は? 舞鶴市は? 鳥取智頭町は?
被害が出ないことを祈っています。

684 メドーセージ.jpg

今日の関東は薄日の射す時間帯もありました。
雨が続いていたので、ちょっと家の周りを一回りして植物たちをチェック。
花の少なくなった我が家ですが、家の裏側で「メドーセージ」が元気に咲いていました。

685 メドーセージ.jpg

観察していたら、「ドラゴン」の口のように見えてきました。
母の残した「メドーセージ」の名前が最初分からず、誰かに訪ねたら、その方が「ドラゴンセージ」と教えてくれたことを思い出しました。
確かに「ドラゴン」の口のような形をしています。
あだ名のようなものなのでしょうか? 

886 メドーセージ.jpg

花が咲き落ちた後に残っている萼。
こちらは、巣から覗いている小鳥のくちばしのように見えますね。
咲き終わった花の茎を切り詰めました。
まだまだ蕾もたくさんあるので、咲き続けてくれるでしょう。

今日も朝から原稿書きと画像探し&整理。
だんだん物覚えが悪くなって必要な画像を捜すのに苦労したり、能力の低下を感じています。
待っていた直しの原稿も届いたので、今夜は気合を入れて完全原稿を目指そうと思います。

そう言えば筋力がなくなっているらしくペットボトルの蓋を開けるのに一苦労したり、洗濯物の入ったカゴを持って階段を上がる時に重いなぁ~と感じたりするようになりました。
これから、少しずつ少しずつできないことが増えてゆくのかもしれませんね。
それも受け入れて、味わいながら生きていこう!

nice!(28)  コメント(4) 

窓を開れば・・・    [庭の植物たち]

植物の話ではなく虫の話。
昔ながらの日本家屋に暮らしている私は、毎朝、雨戸を開けている。
そして、2日続けて、窓を開れば港は見えず虫が見えた!

655  コガネムシ .jpg

「コガネムシ」を発見!
2度も倒れてしまった「金のなる木」の根を食べてしまったのは「コガネムシ」の幼虫のようです。
ということは今年も被害が出る[がく~(落胆した顔)]

「コガネムシ」は害虫なの?
頼りにしている本「虫といっしょに庭づくり」を調べたら「コガネムシ」の記載はなく、困ったぞ[ふらふら]
まぁ、命あるもの。お好きな場所へお行きなさい!とそのままにしました。

653  カマキリ .jpg

そして翌日、窓を開けると、なにやら動くものが・・・。
「カマキリ」でした。
菊の葉の上にで発見した「カマキリ」と同じなら、2倍に成長していました。

654  カマキリ .jpg

いつものように、「カマキリ」が「何か用でもあるの?」と顔を向けてくる。
「いえいえ、どうぞ、ご自由に!」

暑い! 暑い! と言っても涼しくなりませんが、暑い! そして、早くも夏バテです。
元々暑さに弱いのに急に暑くなったのでからだが追い付いていけていない。
弱い腎臓が機能が低下しているらしく、からだは浮腫んでいるし、だるい! 
足裏マッサージをしたり、腎臓のツボを押したりしているけれど、いつもなら効果があるのにあまり変化がない。
その上、ワールドカップで寝不足! 
フランスとアルゼンチンの試合は目を離すことができず最後まで見てしまいました。

今日は送金や買い物をするために自転車で一回り。一年の半分が終わったので溜まった伝票の整理など事務仕事もしました。

水曜日にチラシとポスターの校正をするためデザイナーさんと会うことになったので、パンフレットも詰められるように準備をしなければ・・・と思っています。
夏バテしている場合じゃない!

nice!(31)  コメント(6) 

一日花のヤブカンゾウが咲く    [庭の植物たち]

梅雨明けした関東は昨日に引き続き猛暑!
暑いことで有名になりつつある関東ですが、本当に暑い!
でも、私は窓を開け放して、扇風機を付けて、エアコンなしの生活をしています。

648  ヤブカンゾウ .jpg

咲き始めたばかりの「ヤブカンゾウ」です。
今年はたくさん蕾ができました。
奥にたくさんの蕾が写っています。

650  ヤブカンゾウ .jpg

「ヤブカンゾウ」は一日花。
一日の命で、この花が咲き始めると朝一番で花殻摘みをするのが仕事になります。

649  ヤブカンゾウ .jpg

涼しげな「アガパンサス」の究極みたいな「ヤブカンゾウ」
日差しを浴びると更に暑苦しい[わーい(嬉しい顔)]
八重の花びらは鮮やかなオレンジ色をしています。

651  ヤブカンゾウ .jpg

我が家でオレンジ色の花はめずらしい!
家の角で、柵から顔を覗かせるように暫く咲き続けます。

今日もパンフレットの原稿書き。
文体とまでいかなくても書き手の方向は決めなければと思いつつ、定まらないまま書いています。デザイナーさんとの打ち合わせの日も決まりました。
土日は集中してがんばろう!

nice!(31)  コメント(2) 

アガパンサスが咲く    [庭の植物たち]

「アガパンサス」が咲き始めました。
「君子蘭」によく似た花ですが、色は涼しげな青紫。
今日のような湿度の高い日に眺めると、ちょっと救われる感じがします。

643  アガパンサス .jpg

蕾が膨らみ始めた頃の「アガパンサス」
大きな鉢なので庭の隅に置いていましたが、玄関脇に移動しました。

644  アガパンサス .jpg

少しずつ花がひらいてゆきます。
この頃の姿も涼しげで良いですね。

645  アガパンサス .jpg

一つ一つの花を見ると百合によく似ています。

646  アガパンサス .jpg

次々に咲いて、満開になってきました。
最初に咲いた花がしぼんでも、まだまだ花数が多いので、暫くは楽しめそうです。
今年は5つ花が咲きました。

今日もパンフレットの原稿書き。
まだ、しっかりとした書き手としての方向が定まっていない。でも、迷っているよりは12の紹介のような要約のような文章を書いてしまおうと思っています。

パンフレットの構成自体はほぼ決まってきました。とは言いながら、『旅する映写機』のパンフレット製作の時、最後の最後に周りの皆さんのアドバイスで大きく構成を変えた経験があります。
7月に入るとバタバタしそうな気配なので、とにかく原稿を書こう!
ワールドカップも気になる!

nice!(30)  コメント(8) 

黒龍の花が咲く    [庭の植物たち]

公園の下草などとしてよく植えられている「黒龍」
黒い葉が一年中茂っています。
変わり栄えしない「黒龍」ですが、この時期に花を咲かせます。

640  黒龍 .jpg

花を付けた「黒龍」です。
あっ、見たことある!という方が多いと思います。
黒いツヤツヤの葉が印象的ですね。
鉢で育ててはかわいそうな気がしているのですが・・・。

641  黒龍 .jpg

「黒龍」の花です。
小さいけれど可愛い花が咲きます。
庭が広ければ、ずっと並べて植えたいのですが、鉢にひつとだけ育てています。

642 ミヤマオダマキ.jpg

実生から育てて地植えした「ミヤマオダマキ」に種ができました。
ご近所さんから一つ頂いた「ミヤマオダマキ」は、鉢植え5鉢と地植え数か所に増えました。
その地植えした「ミヤマオダマキ」に種ができました。
後は自然に任せて、増えてゆくだろうと思っています。
お気に入りの花がどんどん増えると思うとワクワクします。

今日は「ゆるりヨーガ」の日でした。
電車が多少遅れても会場には遅れず着けるように30分以上余裕を持って出掛けているのですが、今日は車両の異音で点検があって、いつも乗る電車が運休になってしまいました。
13分遅れで次の電車に乗ったのですが、走り出して数駅で今度は気分が悪くなった方が出て救護することになり、初めて遅刻してしまいました。
参加してくださった皆さん>ゴメンナサイ! 
5分ほどの遅刻でしたが、たっぷりお喋りができて良かったかしら[わーい(嬉しい顔)]

nice!(28)  コメント(0) 

アジサイの花後の手入れ    [庭の植物たち]

きれいに咲いていた「アジサイ」たちも、いよいよ終わりですね。
今日は夏を思わせる猛暑と日射しになり、「アジサイ」も本格的にしおれてきたように感じました。

635  紅アジサイ.jpg

切り戻して一回り小さくなった「紅アジサイ」です。
花後の「アジサイ」は花から3つ目の葉のところで切るようにと、父から教えて貰いました。
それを忠実に守っています。
そして、伸び過ぎと思われる枝も切っています。

637 アジサイ .jpg

「西洋アジサイ」はまだ花の咲いているものもありますが、早くに咲いた花は枯れてきています。
枯れた花はいつまでも付けておかない方がよいそうです。
冬には一度全部の葉が枯れてなくなり、改めて芽が出てくるので、その時に芽を出さなかった枝を切るようにしています。

「西洋アジサイ」は成長すると木のように太くなります。
その時は、翌年の花は諦めて根元から大胆に切る方が良いそうです。

636 サボテン .jpg

ちょっと遅れて今日咲いた「サボテン」の花は4つ。
でも、まだ蕾も残っています。(右手前)
気が早い「サボテン」の花と最後の花では1ヶ月くらい間が空きそうです。
「孔雀サボテン」の蕾も膨らんでいて、また、一つ、今度は白い花が咲きそうです。

今日は、明日届けるデータのチェックとパンフレットの原稿作り。
パンフレットはだんだんイメージが固まりつつあるのですが、原稿が届くのを待っています。いざ原稿が届いたら・・・・という可能性もあります。
それは考えてもどうしようもないことなので、楽しみに原稿が届くのを待とうと思っています。

nice!(29)  コメント(2) 

虫といっしょに庭づくり18 新人登場!       [庭の植物たち]

「虫といっしょに庭づくり」を標榜しているけれど、なかなか難しいと感じています。
悩みながらも、小さな庭でも虫を排除せずに豊かな庭にできないか・・・と思っています。

630  虫 .jpg

名前の分からない新人の昆虫です。
「葉牡丹」の生き残っている葉に、じっとしているので撮ることができました。

631  虫 .jpg

こちらも名前が分からない昆虫ですが、よく見かけます。
アブラムシを食べに来たのだと思います。
きれいにアブラムシを食べてくれたら良いのに・・・。

632  ホタルガ .jpg

「アジサイ」の葉に止まっている「ホタルガ」です。
水遣りをするとヒラヒラと飛ぶので居ることは分かっていたのですが、なかなか撮ることができませんでした。

633  ホタルガ .jpg

今日はじっとしていてくれたので横からも撮ることができました。
だんだん虫の数は減っているように感じています。

634  カマキリ .jpg

菊の葉の上に「カマキリ」の赤ちゃんを発見!
「カマキリ」もいつもやってきてくれる昆虫です。
葉の大きさから小さいことが分かっていただけるでしょうか? 
でも大人と同じ形で(笑)慌てる気配もなく「なにか、ようがあるの?」と言わんばかりの態度!
「カマキリ」はどことなく人間的な気がするのは私だけでしょうか?

今日はヨーガの定例研修会に出掛けるか迷った末、仕事を優先することにしました。
だんだん体力がなくなってきて、連日出掛けるのが大変になってきました。
元気に動き回っている友人もいますが、私はもともとインドア派なので自分のペースを大切にゆっくりやってゆきたいと思います。

nice!(29)  コメント(2) 

ヒメワタスゲの種を発見!    [庭の植物たち]

小さな綿帽子をつける小さな「ヒメワタスゲ」
高さは10㎝くらいで、花後に白い綿状の実(?)ができます。

617  ヒメワタスゲ .jpg

最初は丸い小さな形だったものがだんだん広がるというか、長く伸びてきました。

618  ヒメワタスゲ .jpg

カールしていた糸が伸びるみたいな感じで、どんどん長くなりました。
おもしろい!

619  ヒメワタスゲ .jpg

そして、発見しました!
白い糸状のふわふわの中に小さな種ができていました。

この種が飛んで行ったり、他の植物にひっかかったりして運ばれるのですね。
実生から育ててみたいなぁ~なんて思っていたら、ある日ほとんど白い部分がなくなっていました。
風に運ばれてしまったようです。
どこかで芽を出すのかなぁ~。来年は実生にチャレンジしてみたい!

今日は上映用ブルーレイが完成したとスタジオから連絡を頂いたので受け取りに行ってきました。これでスタジオでの作業は完全終了です。
今回は英語版を作るので、そのためのデータも頂いて、バックアップもしていただきました。
本当にお世話になりました!
そして、来週は英語版の作業をしていただくスタジオへハードディスクを届けます。
まだ、国内の上映館も決まっていないのに、英語版を作るなんて無謀なことをして・・・と思いながら作業を進めています。上映の輪が広がりますように!

nice!(30)  コメント(4) 

君子蘭の植え替え    [庭の植物たち]

梅雨に入る前に植え替えをした「君子蘭」
昨年からの課題を、今年はやっとクリアできました!

614  君子蘭 .jpg

鉢の上に根が飛び出すようになったら植え替え時です。
昨年、植え替えようと思いつつできなかったので、今年こそは!と思っていました。

613  君子蘭 .jpg

4つある鉢の一つはこのように3株に分かれてギュウギュウ詰めの状態になっていたので、最初に植え替えをしました。
かわいそうに思いましたが1株のみ残して、他の株は処分しました。
もうこれ以上鉢を増やすわけにはいかなかったからです。

615  君子蘭 .jpg

根をほどいて、痛んでいる古い根を取り除いて、長く伸び過ぎている根も切りました。
それでもすごい根ですね。
今回は蘭用に売られていた土というか粒の大きい木とかも入っているものを使ってみました。

616  君子蘭 .jpg

毎年咲いていた「シンビジューム」が咲かなかったので、「シンビジューム」も植え替えました。
最近の「君子蘭」は葉を小さく改良して場所を取らないように工夫されているそうです。
葉の大きな我が家の「君子蘭」は、従兄が父に株分けをして、更にその子供を私が分けてもらって、今日まで続いています。

今日はいつもの「ゆるりヨーガ」の日。
あいにくの雨でしたが、全盲の方も移動支援を利用したりしてお二人とも参加。雨なのに久しぶりに参加してくださった方もおられました。嬉しい!

午後からはパンフレットの原稿作り。
思わぬ間違いを発見してしまったり・・・。学ぶということには切りがないものですね。

nice!(23)  コメント(4) 

サボテンの花が一斉に咲く    [庭の植物たち]

実家に戻ってすぐに「サボテン」の花が一斉に咲いた時のことが忘れられません。
今年も一斉に・・・と書きたいのですが、昨年辺りからばらばらに咲く花が出てきました。
誰に似たんだろう[わーい(嬉しい顔)]

608  サボテン .jpg

今日咲いた花は14個。
一時期に比べると随分少なくなりました。

611  サボテン .jpg

「サボテン」の花はやはり印象が違いますね。

610  サボテン .jpg

朝早くから開き始め午前中に満開になり、夕方にはしぼみ始めます。
1日も咲いていない命の短い花です。

612  サボテン .jpg

満開の時には奥に先が割れて花のように見えるメシベを見ることができます。
でも、香りはしないので虫も飛んできたりしません。

609  サボテン .jpg

こちらは2日前にフライングで咲いた「サボテン」の花。
せっかちさんは3つでした。

607  サボテン .jpg

右端の方にまだ蕾があるのが分かるでしょうか?
黒ぽい粒のように写っているのが蕾で、7~8個あります。
さて、のんびり屋の「サボテン」はいつ咲くのでしょう・・・。

今日は陶芸サークルに参加してロクロを引いてきました。
ロクロの中心に土を置くのに苦労してしまいました。片口とぐい呑みのセットに再チャレンジ中!
友人夫婦に頼まれて作った片口とぐい呑みのセットの釉薬が流れてしまって失敗に終わってしまいました。
釉薬の色合いが良いので自分で使っているのですが、流れ落ちた釉薬をグラインダーで削ったものを差し上げる訳にもいかず、年を越してもプレゼントできずにいます。
私に陶芸の作品を頼んでいる方は気を長くしてお待ちくださいね!

nice!(28)  コメント(4) 

桔梗が咲く    [庭の植物たち]

2階のベランダに置いていた「桔梗」が咲き始めたので、玄関脇に移動しました。
今まで置いていた「紅アジサイ」や「山アジサイ」は家の横の定位置に移動しました。

604  桔梗 .jpg

咲いたのはピンクの「桔梗」でした。
ピンクの「桔梗」なんてあったけ? と昨年の画像を検索してみたら、紫、白、ピンクが咲いていました。 なんといい加減な記憶でしょう[わーい(嬉しい顔)]

605  桔梗 .jpg

ピンクの「桔梗」はめずらしい気がするのですが、どうでしょうか?
今年植え替えをした「桔梗」はそのまま下に置いていたのですが、新芽を全部食べられてしまいました。脇芽が出てきていますが、こちらは花を咲かせるのでしょうか? 心配しています。

606  桔梗 .jpg

最初の花殻を摘んだら、蕾が次々にできています。
暫くの間、楽しめそうです。
そして、新芽を食べられてしまった紫と白の「桔梗」は咲くのでしょうか?

昨日は群馬で地震があって、大宮でも結構揺れてビックリしたのですが、今朝は大阪で大きな地震がありました。お近くにお住まいの方、大丈夫ですか?
亡くなられた方や怪我をされた方もいらっしゃるとのことですので、被害が大きくならないことを祈っています。
東日本大震災の後、日本列島全体が大きなエネルギーを溜めこんでいるような気がしてなりません。大きな地震が起きないことを祈るばかりです。

今日は手紙とハガキをたくさん書きました。
撮影させていただいたにも拘らず本編に入れることができなかった方々にお詫びと作品完成のお知らせを書きました。依頼の手紙を書くのも気が重いけれど、お詫びの手紙も気が重い! 昨日から続けての作業だったのですが、明日は投函できそうです。

nice!(23)  コメント(4) 

紫式部の花が咲く    [庭の植物たち]

紫色の美しい実が生る「紫式部」の花に気付く方は少ないかもしれません。
本当に小さな小さな薄紫の花が咲きます。

596  紫式部 .jpg

蕾の時の「紫式部」です。
この時に蕾に気付く方は少ないでしょう。
小さな小さな粒々の状態です。

597  紫式部 .jpg

暫くすると花が咲き始めますが、花に気付く方も少ないと思います。

598  紫式部 .jpg

小さな花なのでうまく撮ることができませんでしたが、「紫式部」の花です。

1032  紫式部 .jpg

昨年のものですが、「紫式部」の実です。
花に比べると実の存在感がすごいですね。
美しい紫の実を見ると「紫式部」という名にも納得できます。

今日はヨーガのお仲間のお誘いで高崎の「達磨寺」に出掛け、「ヴェーダーンタの教え」というスワミー・サッティヤローカーナンダ師の講話を聴いてきました。
スワミー・サッティヤローカーナンダ師は日本の方なので日本語を話すことができます。長い間、帰国されなかった期間があるとのことで日本語に自信がないと言われていましたが、やはり日本人同士、共通言語という有難さを実感する講話でした。

私は長い間ヨーガをしていていますが、最初はサークル活動で週に1回位は健康のために何か運動をした方が良いだろうということから始まりました。
諸々の条件からすぐにヨーガを学べた訳ではなくて、エアロビックスや太極拳を行っていた時もあって、ヨーガサークルの空き待ちをしていました。サークルに入ってからは他の運動より自分に合っていると感じ続けています。
そして、今日のような講話を聴く機会も増えてきたのです。今の私にはまだまだ消化しきれない部分も多いのですが、学ぶ機会を与えられることに感謝しています。

nice!(24)  コメント(4) 

再び混色の孔雀サボテンが咲く    [庭の植物たち]

一つ咲いただけでも嬉しい混色の「孔雀サボテン」なのですが、今年は二つ目が咲きました!
蕾が膨らんできて、今度はピンクの花が咲くなぁ~と思っていたのですが、白い部分もあるぞ! とワクワクしていました。

594  孔雀サボテン .jpg

見事に白とピンクが半々の花が咲きました。
美しい~!
オシベの色も途中で変わっています。

593  孔雀サボテン .jpg

本当にきれいです。
今日は寒いくらいに気温が下がって、午後からは雨が降り出したので、花が寒くないか心配になってしまいました(笑)

595 グースベリー.jpg

朝、雨が降り出す前に収穫した「グースベリー」です。
春に大きな枝が枯れてしまって、根から切りました。
その分収穫が少なくなるとは思っていたのですが、いつもはジャムが2瓶くらいできるのに今年は1瓶も怪しいかもしれません。
まだ、緑の実もあるので冷凍保存しておこうと思います。

今年は「ゆすら梅」も数えるほどしか生らず、「茱萸」も数えるほどで、実りの少ない年になりました。
たくさん生っているのは「ボケ」の実だけ。
「ボケ」の実は一つ二つしか生らないので食べたことがないけれど、果実酒になるらしい。

今日も紙媒体の原稿作りをしています。
今回はデザイナーさんにお任せして、あれこれ自分の考えを押し付けるのは止めようと思っています。なので、フライヤーに入れる原稿と写真を送ればよいのですが、それがなかなか決まらない。
抽斗から、あれこれ他の作品のフライヤーを出してきて眺めたりしているうちに時間が過ぎる!
一度送って形にしてもらった方が良いような気がしてきました。

nice!(29)  コメント(2) 

ネジバナが咲く    [庭の植物たち]

豪華な「孔雀サボテン」の花の次に紹介するのは小さな「ネジバナ」
雑草と思っている方もいるかもしれませんが、私は抜いたりせずに大切にしています。

591  ネジバナ .jpg

小さな花がネジネジと捻じれるように咲く「ネジバナ」
この名前には思わず笑顔になってしまう[わーい(嬉しい顔)]
種が飛ぶのか、あちこちで芽を出しています。

589  ネジバナ .jpg

2階のベランダで咲いた「ネジバナ」
万葉集に出てくる〇〇〇と父に教えらてのだけれど、どうしても思い出せない萱系(細い葉)の鉢で咲いています。

590  ネジバナ .jpg

こちらは菊の鉢で咲いている「ネジバナ」
「姫立金花」が終わって何もなくなった鉢でも芽を出して咲いています。
「ヒメワタスゲ」の鉢でも咲いています。

592  うずアジサイ.jpg

今日は午前中ほんの少し日が射しました。
午後からはどんより曇り空になってしまったけれど、朝撮った「ウズアジサイ」がきれいなのでご紹介します。「アジサイ」は終わりの花もあるけれど、まだまだこれからの花もあります。

今日は宣材の原稿作り。
公式サイト用の原稿もほしいと言われていて、それらをうまく統一したイメージにしたいのだけれど、それがうまくいかない・・・。
公式サイト用の原稿をアレンジして、ポスターとフライヤーに入れる原稿を製作中。少しずつ進めてゆくしかない・・・。

英語版のタイトルも翻訳をお願いしている会社から届いたけれど、英語力の全くない私は「どれがよいでしょう?」と問われても判断できず腕組みをしたまま固まっている[ふらふら] 困ったものだ!

nice!(26)  コメント(5) 

再び孔雀サボテンが咲く    [庭の植物たち]

冬の間、室内に入れるようにした「孔雀サボテン」が再び花を咲かせています。
寒さ対策をしてあげると確実に花の数が増えます。
ただ大きな鉢なのでスペースを取って大変なのは大変です。

585  孔雀サボテン .jpg

「孔雀サボテン」は回りが暗くなってきた頃にひらき始めます。
その時は何とも魅力的な香りがして、その香りで開花に気付きます。

586  孔雀サボテン .jpg

横から見ても美しい「孔雀サボテン」はゆっくりと開花して、翌日の昼ごろに満開状態になります。
このときにはもうほとんど香りはなくなっています。

587  孔雀サボテン .jpg

白い花が咲くか、ピンクの花が咲くかは、蕾の時の色で分かります。

588  孔雀サボテン .jpg

ピンクの花びらはよく見ると淵が白でグラデーションになっていて、とても美しい!
よく咲いてくれました!とお礼を言いたくなるような見事な花です。
夕方に向けてしぼみ始め、翌日の朝には完全にしぼんでいます。
花の命は1日半という感じです。

382  孔雀サボテン .jpg

今年は混色の花も咲いたので再度ご紹介します。(最初に咲いたのは4月下旬から5月上旬)

今日はいつもの「ゆるりヨーガ」の日で朝から出かけて、午後は歯科の定期検診3日目。
小さな虫歯が見つかって処置をしていただき終了となりました。

歯科へ向かう途中で真新しいスマートフォンを発見しました。そのままにしておくと車に轢かれてしまいそうだし、夕立にでもあったら壊れてしまうし・・・と思って拾って駅前の交番に届けました。
今頃はご本人の手元に戻っているでしょうか。

新作『まわる映写機 めぐる人生』に講演をされている大林宣彦監督の映像を使わせていただいていて報告も兼ねてDVDをお送りしていました。そして、その講演を原稿起ししてパンフレットに掲載したい旨をお伝えしていました。
DVDを見てくださった大林監督から「原稿を書きます」といご連絡を頂いて恐縮していたのですが、その原稿が届きました。いつも応援をしていただいて有難く思っています。
お褒めの言葉も頂戴して、撮影させていただいた方々に確認のためにDVDを送っただけなので、誰からも感想を頂いていなかったので、なんだか少しホッとしました。

nice!(26)  コメント(10) 

南天の花が咲く    [庭の植物たち]

実生で育てたり、挿し木をして増やしたり、人間が手を貸して育てる植物もあれば、小鳥が運んでくる植物もありますね。
小鳥が運んできて芽を出して、グングン成長する代表格は「南天」ではないでしょうか?

583 南天.jpg

「南天」の蕾です。
あちこちで芽を出している「南天」
成長して花を咲かせるようになりました。

584 南天 .jpg

赤い実の成る「南天」ですが、花は白。黄色のオシベがアクセントです。
成長するままに任せているのですが、「山茶花」の木とぶつかるようになってしまいました。
3本のうち花を咲かせたのは2本なので、1本は切る?なんて考えています。
せっかく芽を出したのに可哀想な気もしますが・・・。

581  アジサイ.jpg

広い庭ではなく、こんな風にゴチャゴチャで植物を育てています。
今、玄関脇に置いているのは「山アジサイ」「清澄沢」「紅アジサイ」で終わりに近づいています。
一緒に写っているのは「チェリーセージ」「ユキノシタ」「都忘れ」「河原撫子」の花。
写ってはいないけれど「スミダノハナビ」と「ネジバナ」も咲いています。

今日は朝一でスタジオへ出かけ、昨日夜遅くまでかかって作ってくれたブルーレイを受け取り発送をしました。
昨日は出掛けたついでに・・・と思っていましたが、投函したらどっと疲れを感じたので、そのまま自宅へ戻ることにしました。

戻ると別の宿題メールが届いていました。
そのメールはそのままにして、公式サイト用の原稿を少し作りました。ポスターやチラシに何を入れるか、それも考えなければなりません。
仕事の優先順位がハッキリ掴めないのは、私の中でイメージが整理できていない証拠ですね。

nice!(36)  コメント(6) 
前の20件 | - 庭の植物たち ブログトップ